内藤哲也、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠解体

IWGPヘビー級のベルトとインターコンチネンタルのベルトは統一されたのか?

そう思わざる得ない最近のIWGPヘビー級タイトルマッチ

オカダ・カズチカもIWGPヘビー級のベルトがかわいそうと言うも

 

自ら解体には動かない、オカダ・カズチカがIWGPヘビー級のベルトを内藤哲也から防衛していたなら

インターコンチネンタルは封印もしくは返上していたであろう。

インターコンチネンタル王者内藤哲也が、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカを破り

 

2つのベルトを保持する事になった

内藤哲也は、2019年インターコンチネンタル王座を保持したままIWGPヘビー級王座に挑戦すると

ファンに夢を与えた

 

しかし、インターコンチネンタル王座は飯伏幸太、ジェイ・ホワイトと内藤哲也の腰を離れて行った。
あれだけ嫌っていた?インターコンチネンタル王座

IWGPヘビー級王座以外は封印だとも言った内藤哲也であったが

 

インターコンチネンタル王座を利用して、IWGPヘビー級王者へ再び

インターコンチネンタルベルトを最大限に利用

ファンを巻き込んでいった。

 

G1クライマックス覇者飯伏幸太もその2冠に興味を示し

IWGPヘビー級王者とインターコンチネンタル王者の戦いが実現する事になった。

結果無冠の内藤哲也が勝利

 

最大のドラマを生んだ。

しかし内藤哲也が望んだ戦いが別の方向に動き出す。

レッスルキングダム試合後乱入したKENTA

 

新日本プロレスフロントは事もあろうにKENTAとの防衛戦を2冠戦とした。

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者内藤哲也、理不尽なKENTAとの防衛戦

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者内藤哲也、理不尽なKENTAとの防衛戦

内藤哲也は当初から、インターコンチネンタルとIWGPヘビー級王者はそれぞれに防衛をすると明言していた。

KENTAに勝利した、内藤哲也は全国のロスインゴベルナブレス・デ・ハポンファンにベルトを巻いた姿を

自らの姿をお披露目するそんなプランは新型コロナウィルス感染拡大で消えていった。

 

愛弟子高橋ヒロムとIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者VSIWGPジュニアヘビー級王者

対決も流れた。

 

自粛解除後行われた新日本プロレス再開の試合は、内藤哲也の保持するIWGPヘビー級とインターコンチネンタル王座挑戦をかけた

 

ニュージャパンカップ2020

王者の内藤哲也は当然、ニュージャパンカップには出場せず

優勝者を待つ事になる。

 

そこで優勝者したのはロスインゴベルナブレス・デ・ハポン同門キング・オブ・ダークネスEVIL

しかしキング・オブ・ダークネスEVILは内藤哲也を裏切り

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを脱退、バレット・クラブ入りを果たす。

 

悪の限りを尽くし、内藤哲也からベルトを奪っていった。

 

キング・オブ・ダークネスEVIL、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者となる。

キング・オブ・ダークネスEVIL、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者となる。

キング・オブ・ダークネスEVILは、同門であった高橋ヒロムと防衛戦を行った

TimeBomb2で追い込まれたEVILはデック東郷を呼び込み試合に介入

弱った高橋ヒロムにEVILをさく裂、再び防衛を果たす。

 

試合後高橋ヒロムを痛めつける、そこに内藤哲也が登場

EVILにレンタル期間は終了ベルトは返してもらうと宣言

 

内藤哲也が思い描いたIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠が思わぬ方向に行き

2つの約束をした。

 

再びベルトを巻き全国のロスインゴベルナブレス・デ・ハポンにお披露目

そしてIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠セットではなく

 

それぞれ防衛をする形に戻る

それが内藤哲也の2冠解体宣言である。



2冠王者誕生がキング・オブ・ダークネスEVILをロスインゴベルナブレス・デ・ハポン脱退へ導く

 

内藤哲也がIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠王者となったレッスルキングダム14in

東京ドーム1,5

もし内藤哲也が2冠王座にならなければ、EVILがロスインゴベルナブレス・デ・ハポンから抜ける事はなかったであろう。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン時代から、EVILは個人と、ユニットは別のスタンスを取っていたが

まさかロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切るとは、いまロスインゴベルナブレス・デ・ハポンは新日本プロレス史上最大のユニットnWoジャパンを凌ぐ人気を得ている

 

各自がベルトを保持する個人闘争も充実していたはずである

しかし内藤哲也とEVILでスタートしたロスインゴベルナブレス・デ・ハポンは、内藤哲也のユニットと変化内藤哲也は絶大な支持を受け、IWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠まで手にした

 

その内藤哲也に牙を向くのが最大の自己主張となったEVIL

しかし本気となった内藤哲也、制御不能と言われた内藤哲也を呼び戻す事に

試合がなかった新日本プロレス、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン特集が組まれ

 

高橋ヒロムが開設したYouTubeで仲睦まじい姿を見せたロスインゴベルナブレス・デ・ハポン

だがEVILが戦いのくさびを打ち込んだ。

本気になった内藤哲也を再び撃破出来るかがキング・オブ・ダークネスEVIの最大の課題

長期政権、バレット・クラブでの立ち位置も内藤哲也との試合で大きく左右する事になる。

 

内藤哲也が敗戦した場合は、おそらくオカダ・カズチカが本腰を入れるのではそう予想される

EVILにとっては油断ならない新日本プロレス包囲網が始まる

 

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを出たEVILが答えを出す

神宮球場決戦



あわせて読みたい記事