オカダ・カズチカ2年余りの政権崩壊

 

オカダカズチカ
画像出典元 東スポWEB

オカダ・カズチカの2年に及ぶIWGPヘビー級王者の政権が終わった。

オカダ・カズチカのチャンピオンで残した功績は大きく。

 

棚橋弘至の持つ、防衛記録を更新した。

しかし、好試合を連発したにも関わらず、オカダ・カズチカより他のレスラーに

スポットがあたる矛盾もあった。

新日本プロレスの中でグルグル回る防衛戦で対戦相手もそこを尽き新鮮味がない選手権は続いていた。

オカダ・カズチカVS?と言う所では興味が薄れた感は否めない

 

オカダ・カズチカが完全王者になればなるほど、対戦相手に勝利を望むものが多くいたのは事実である。

 

ライバル不在のオカダ・カズチカ

 

オカダカズチカ世代のライバルたちは?

プロレスはアントニオ猪木が日本人対決を始めたのを切っ掛けに

注目度が高い試合になった。

 

元々は、日本人VS外国人が支流で日本人がガチンコで試合をするのは少なく

稀な試合であった。

その団体のエースは、老舗の全日本プロレスならNWAヘビー級に重きを置き

後発の新日本プロレスは、IWGPヘビー級王者の設立を目指した。



全日本プロレスは、豊富な外国人を要し、日本人VS外国人対決

外国人VS外国人、ザ・ファンクスVSザ・シーク&アブドーラ・ブッチャーなど

メインを飾った。

 

新日本プロレスは、アントニオ猪木をエースに藤波辰巳がドラゴンブームをジュニアヘビー

でおこした。ドラゴンスープレックスやドラゴンロケットなど

今では、得意技にしてる選手も多いドラゴンスープレックスは

藤波が開発したスープレックスである。

 

当時はジャーマンスープレックスが基本で、フルネルソンからジャーマン式にフォールを取る

技は、衝撃を与えた。

飛龍原爆固めである。

 

藤波辰巳飛龍原爆固め
画像出典元 新日本プロレス

藤波辰巳がヘビー級に転向すると

そこに、長州力が帰国、アントニオ猪木、藤波辰巳、長州力が組み外国人と対決した試合

入場が長州力が先頭で入場する事に咬みついた。

 

格下の順番で入場するプロレスで、長州が藤波の前を歩く事に不満を爆発させた

試合中に藤波といがみ合う長州力と藤波辰巳

藤波、俺はお前のかませ犬じゃない

これを切っ掛けに、藤波VS長州の抗争が勃発した。

 

強烈なライバル関係になった。藤波辰巳と長州力

全日本プロレスでは、ジャンボ鶴田VS天龍源一郎

世代が変わると、全日本プロレスは三沢光晴、川田利明、田上明、小橋建太を筆頭に

日本人対決が人気を博し

新日本プロレスでは、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、佐々木健介、馳浩などの同世代のタレントが揃った。

 

どの世代も絶対王者は存在せず、緊迫した勝敗にファンは歓喜した。

新日本プロレスも第三世代から、棚橋弘至、中邑真輔が共闘世代抗争を展開

オカダ・カズチカがこの中邑真輔、棚橋弘至の世代の戦いに参加し

政権を樹立していった。

 

中邑真輔とはユニットが同じなため戦う機会が少なかったが、G1などで

中邑真輔と戦いにオカダ・カズチカは敗戦している。

 

オカダカズチカが若くして、新日本プロレスのトップになった。

新日本プロレスのでは同世代にEVILがいる。

同世代のEVILは、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンでも日に日に存在感を増してきている。

 

内藤哲也がクリス・ジェリコに敗戦した時、真っ先に救出に出て行ったのが、EVILであった。

クリス・ジェリコへのインターコンチネンタルのベルトの挑戦も表明したEVIL

昨年唯一オカダ・カズチカにフォール勝ちしたのもEVILである。

 

ロッポンギ3KのYOHが一つ下となるが

同世代と比べて

オカダ・カズチカの早熟したプロレス

完成度スキルがずば抜けてるのがわかる。

年齢がオカダ・カズチカより

一つ上EVILも今からプロレスラーとして完成していくだろう

EVILの進化は新日本プロレスが発展していく上では欠かせない物である。

 

他団体では、全日本プロレス3冠ヘビー級チャンピオン宮原健斗

プロレスリング・ノアでGHCチャンピオンだった。中島勝彦などが活躍している。

 

この世代が、交わることでオカダ・カズチカ世代の新のスーパースタが生まれるだろう

しかし、オカダ・カズチカが今回の敗戦で得るものは大きく

また、絶対王者として返り咲くのは時間の問題であろう。

 

今回の敗戦後、オカダ・カズチカのコメントはなく、5対5イリミネーションで棚橋に敗れ「無言」

を貫いている。

ケニー・オメガが新チャンピオンになった事で

オカダ・カズチカにチャレンジし負けた選手にもまたスポットが浴びる事になる

 

ケニー・オメガVS棚橋弘至

ケニー・オメガVS内藤哲也

ケニー・オメガVSEVILなど

新鮮味のあるIWGPヘビー級選手権が予想される。




内藤哲也クリス・ジェリコに早期リベンジはしない

 

クリス・ジェリコにインターコンチネンタルのベルトを奪われた内藤哲也だが

リマッチは希望せず、リベンジは先送りにすると宣言した。

 

EVILの挑戦が濃厚なIWGPインターコンチネンタル選手権の動向を見守るようだ

内藤哲也のIWGPへの拘りは強く

インターコンチネンタル不要論を唱える内藤哲也はIWGPヘビー級こそ価値あるベルトと言う。

 

しかし、クリス・ジェリコに敗れた事は不甲斐ないと言う内藤哲也

 

内藤は「一番恥ずべきはビッグネームとはいえ、年間数試合しかやっていない選手に負けてしまったということ。しかも今年48歳の、ピークを過ぎた相手に…」と悔しさをあらわにした。ジェリコは参戦が限定されている上、早くも敵討ちにはEVIL(31)が名乗りを上げている。

 

クリス・ジェリコのリベンジはひとまずEVILにまかせるようだ。

しかし現実新日本プロレスの、IWGPヘビー級とインターコンチネンタルのベルトは

ケニー・オメガ・クリス・ジェリコの外国人の手に渡った。

 

これを機に、新日本プロレスのどの選手が立ち上がるか興味深い物である。

Sponsored Link