内藤哲也、神宮球場決戦優位に進める

パレハに裏切られた、内藤哲也

もうその次元は過ぎた、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也の調子が上がってきた

 

ニュージャパンカップ2020が始まって、内藤哲也は王者のまま参加せず

試合数は少ない

興行再開から、次第に調子を上げていく、他の選手たち

 

ニュージャパンカップで真剣勝負で、凌ぎを削る中王者は蚊帳の外であった

ニュージャパンカップ優勝した、EVILは内藤哲也を裏切り

 

バレット・クラブに寝返った、新パレハとデック東郷を、試合に乱入させ

試合を優位に進めた。

 

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也は、ベルトも奪われ

連戦連敗、EVILに内藤哲也はもう後がないとまで言われた

 

逆手に取った内藤哲也は、EVILに口撃を始める

俺が正義と言ってるが、ダークネス?じゃないのEVIL

 

EVILは、俺が勝ったものが正義だと、舌戦

試合、デック東郷の巧みな試合回しで、EVILの反則が反則でなくなる

 

 

IWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロムもデック東郷の凄さを認めた発言

高橋ヒロム、神宮球場Wヘッダー?デック東郷と第0試合

高橋ヒロム、神宮球場Wヘッダー?デック東郷と第0試合

高橋ヒロムと石森太二のIWGPジュニアヘビー級戦の前哨戦に高橋ヒロムが復活してから

内藤哲也と高橋ヒロムが次第に試合を優位に進め始めてきた。

 

ここにきてロスインゴベルナブレス・デ・ハポン勢がバレット・クラブを制圧してきた。



デック東郷に連勝の内藤哲也

当初デック東郷に翻弄されていた、内藤哲也と高橋ヒロム

SANADAが、この抗争に加わると勢いは変わった

 

当初デック東郷は、EVILのサポートに回る発言をしてきたが

バレット・クラブの外国人メンバーが揃わない中

最前線で戦う事に、最前線で戦ってきたロスインゴベルナブレス・デ・ハポンとバレット・クラブ

EVIL、石森太二と比べたら実力的には落ちてしまうデック東郷

 

 

このままデック東郷に狙いを定めて逆解体を狙うか

神宮球場決戦で、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也が次第に優位に展開を進めている

 

キング・オブ・ダークネスEVILとしては、この政権は手放すわけには行かない

ベルトを奪われた瞬間その地位は一気に下がる事になる

EVILもまた神宮球場決戦では、崖っぷちなのかもしれない。

EVILのコメント

EVIL「オイ、内藤、今日勝ったからといって、お前の立場が変わったわけじゃねえからな。お前はまだ崖っぷちだ。神宮という谷底に突き落としてやるからな。覚えとけ、この野郎!」
石森「『大丈夫、大丈夫』って言ってるけど、肩のテーピング取れないね、ヒロムく~ん。無利して、ちょっと強がってるんじゃないの? あと、妄想話、面白かったよ。そこで、俺も少し妄想してみたよ。神宮、まず第0試合。ヒロムvsディック東郷で、ヒロムが戦闘不能になるだろ。そしたら俺のタイトルマッチは、あのネコの人形みたいなヤツとやるのか? なあ? 昔、なんかそんなヤツ見たような気もするけど、まあいいや。神宮、楽しみしてるよ、ヒロムくん」



;

あわせて読みたい記事