G1クライマックス30内藤哲也全勝を狙う

G1クライマックス30は、まだ序盤だが2冠王者の内藤哲也が3連勝

初戦の棚橋弘至、2戦目ザックセイバーjr、3戦目の後藤洋央紀を破って

連勝街道をばく進中である、

 

内藤哲也はG1クライマックス30が始まるとき、自らの課題として全勝優勝をあげた

2冠王者として負けは許されない

タイムラグのように進む、AブロックとBブロック

 

初戦の棚橋弘至戦では、棚橋弘至の意気込みを感じた戦い

満身創痍の棚橋弘至は、逆に古傷がある、内藤哲也の膝を攻めた、ハイフライ・フローも出した

全てを受け切って棚橋弘至に勝利して見せた

試合後、観客席や画面のファンに伝わったのは、2冠王者内藤哲也強しである

 

ザックセイバーjr戦では、ここがG1クライマックス30の山と言ったように、ザックセイバーjrは内藤哲也を変幻自在に攻めた。

しかし時間切れ寸前、決めたのは内藤哲也のディステーノ

G1クライマックスBブロック北海きたえーる内藤哲也VSザックセイバーjr

G1クライマックスBブロック北海きたえーる内藤哲也VSザックセイバーjr

山と語るザックセイバーjr戦を勝利で収めた内藤哲也

後藤洋央紀に発破をかける事も忘れなかった、ザックセイバーjr戦の試合後

後藤洋央紀を格下扱いの発言

 

悔しかったら勝ってみろと内藤哲也は言った、ここで燃えない後藤洋央紀ではない

後藤洋央紀戦も激戦、内藤哲也を追い込むもやはりディステーノで内藤哲也の勝利

窮地に陥っても、旋回式、コリエンド式ディステーノなどで自らのペースに決め技は、成長式ディステーノ

相手が踏ん張って、ゆっくり後頭部から落ちていく様が見られる。

 

このG1クライマックス30序盤の内藤哲也は最強と言わざる得ない

EVILの反乱から、ベルトを失ったが神宮球場大会でベルトを取り戻した内藤哲也

 

オカダ・カズチカの不調が目立つ中、内藤哲也は新日本プロレスの頂点へ向かう

内藤哲也がベルトを奪っても、オカダ・カズチカが最強では?

その認識が崩れそうである。

長丁場のG1クライマックスで全勝は厳しい課題だが、新日本プロレスを牽引しているのは内藤哲也で間違いない

棚橋弘至や中邑真輔を追いかける内藤哲也やオカダ・カズチカに先を越された、内藤哲也から真の新日本プロレス最強の称号はG1クライマックス30全勝優勝にかかってきた。



 

内藤哲也の全勝が阻止された相手はロスインゴベルナブレス・デ・ハポン同門SANADA

G1クライマックス30Bブロック 内藤哲也の全勝阻止したのは・・

G1クライマックス30Bブロック 新潟・アオーレ長岡大会、注目のKENTAとEVIL対決

あわせて読みたい記事