G1クライマックス30優勝決定戦

G1クライマックス30優勝決定戦、Aブロック代表飯伏幸太
Bブロック代表SANADAとなった。
飯伏幸太は3年連続決勝の快挙で連覇を狙う。

SANADAは、矢野通、YOSHI-HASHI、後藤洋央紀に3連敗。万事休すと思われた。
内藤哲也に勝利すると、覚醒の6連勝で決勝の舞台へ。

飯伏幸太は。本当の神になると飯伏幸太節を全開。あきらめない心で最終戦で逆転の決勝の舞台へ。
SANADAは勝ち点で不利な状態から、内藤哲也が敗戦。SANADAが勝て決勝の舞台へ。
EVIL戦でスーパー逆転劇を見せた。

SANADAはG1の歴史に、SANADAの名を残してやると堂々の優勝宣言。
流れは、SANADAなのか?覚醒したSANADAに期待は高まる。

ドラマチックな展開を最終戦で見せたSANADA。
だが飯伏幸太もSANADAも満身創痍な状態。


飯伏幸太はタイチと160発の蹴り合戦で勝利。そのダメージは大きく、翌日起き上がれない状態と言う。
G1クライマックス30優勝は飯伏幸太かSANADAか?

決勝に上がったのは、オカダ・カズチカでも内藤哲也でも棚橋弘至でもなく
飯伏幸太とSANADA。

G1クライマックス30優勝決定戦

いよいよ優勝決定戦。飯伏幸太とSANADA登場。
戦いはどうなるのか?

まずはレジェンド蝶野正洋登場。

飯伏幸太とSANADAが登場。会場は手拍子で応援が始まる。
時間無制限の決勝では引き分けはない過酷な戦いとなる。

正攻法で進む試合。この試合に悪はいない。
5分まで静かな戦いが流れる。関節技の試合から打撃戦。次第にスピードが増す試合展開に蝶野正洋は絶賛する。

SANADAはエルボー、飯伏幸太はキックで応戦。
飯伏幸太の痛めてる足を攻めだすSANADA。
蝶野正洋の必殺技STFを仕掛ける飯伏幸太
主導権はどちらに動くのか?

G1クライマックス30優勝決定戦
画像出典元
NJPW

SANADAも飯伏幸太もトップスピードで技を繰り出し
いよいよ終盤にはいる。
試合は騙し合い・・・・
閃きの技の連続、似た者同士のSANADAと飯伏幸太

SANADAがスカルエンドに入る
ボマイェ、カミゴェ、ラウンディング・ボディ・プレス
試合の結末は?
飯伏幸太がカミゴェで連覇達成

飯伏幸太
画像出典元
NJPW

3年連続決勝
3人目のG1クライマックス連覇達成
飯伏幸太の名をG1クライマックスに残した。


新日本プロレス G1クライマックス30出場選手・結果は?

あわせて読みたい記事