石井智弘お前の東京ドームメインは終わってるんだよ

G1クライマック27でケニー・オメガとの激戦の末優勝した内藤哲也。
会場との一体感でG1クライマックスを終えた。

東京ドーム大会でIWGPヘビー級王座挑戦の権利得た内藤哲也。
だが、G1クライマックスリーグ戦で不覚をとった選手がいる。
石井智弘。

G1クライマック 27
画像出典元
NJPW

内藤哲也が目指すものは、東京ドーム大会のメイン。
内藤哲也は、リベンジを果たすために石井智弘との対戦を決める。
東京ドーム大会の切符をかけた戦い。
石井智弘が勝利すればその権利は石井智弘の物となる、権利証の移動。

石井智弘が内藤哲也の前に立ちはだかる。石井智弘と言う男はどの相手でも好勝負を展開。

そしてG1クライマック27優勝者だろうがIWGPヘビー級王者だろうが倒してしまう事がある。
天龍と長州の教えをリングに叩き込み。無骨なまでもその信念を貫く石井智弘。
G1クライマック27で優勝した、内藤哲也だがリーグ戦で石井智弘に敗戦。

東京ドーム大会メインの権利証防衛戦の相手に石井智弘を指名した。
敗戦したら東京ドーム大会のメインは消える内藤哲也。まさに背水の陣で挑む。

石井智弘
画像出典元東スポ

内藤哲也の夢は、IWGPヘビー級王者と東京ドーム大会のメインで試合をする事。

内藤哲也、G1クライマックス27権利証防衛
画像出典元 NJPW

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンで内藤哲也は夢を掴む位置までたどり着いた。
IWGPヘビー級王者にもなった。
悲願達成まであとわずかのところまで来た内藤哲也。
石井智弘には関係ない、内藤哲也を潰すまで。

壮絶な試合の結果内藤哲也は、石井智弘から勝利を奪うディステーノ。
運命を引き当てた。
これで誰にも文句言われずに東京ドーム大会のメインへ。

内藤哲也は東京ドーム大会のメインの舞台に立つ
内藤哲也が大ブレークしたG1クライマックス27。

2021年の石井智弘も今と変わらない姿勢でプロレスラーを続けている。

あわせて読みたい記事