前田明という個性をもったレスラー

プロレス界において前田日明の存在は大きかった
もし前田がUWFではなく

プロレス界でプロレスをしていたなら

夢の対決が、数多く実現していたかもしれない

VS鶴田
VS三沢など

猪木の命令を受けてUWFに行ったと言われる前田日明

前田日明
画像出典元新日本プロレス

 

 

 

前田日明が、そのままプロレスを続けていたらと思うと

新日本のクーデターにより

猪木より命を受け、UWFにいった前田明

当時は、長州、藤波、前田がニューリーダーと呼ばれていた時代

 

その中でも蹴りやスープレックスを放つ前田日明は異彩だが魅力的なレスラーで

ファンを魅了していた

 

多くの人は、前田日明は最強では?と思っていたのでは

その前田日明が、新日本プロレスのクーデターに巻きこまれ

UWFの世界へ突入する

 

そのUWFはのちのPRIDEなどに変化する事になる

 




新日本プロレスクーデター

当時の新日本プロレスは、視聴率20%を超す

人気団体

 

長州力、タイガー・マスクなどが人気を博していた

タイガー・マスクの試合で始まり

長州VS藤波

メインは猪木と黄金カードがならんでいた

 

しかし、アントニオ猪木が、新日本の利益を自分の会社につぎ込んでいると言う

猪木が起こした事業失敗の負債を新日本の利益から補っていると言う

噂が広がり、フロントも交えて、クーデターが起きる

 

結果タイガー・マスク、藤波辰巳(辰爾)、長州力などが反発した

猪木は社長を退任側近の、新間久も謹慎となる

しかし、テレビ局側が猪木が退陣するとテレビ放送打ち切りを宣言したため

クーデターは失敗に終わる

 

そこで、アントニオ猪木は新たな資金源が必要となり

フジテレビと契約するため

 

新団体、UWFを作る構想をして

後で行くと言い、前田日明などを新団体UWFに送り込んだ

 

沢山の暴露本が出ているが、真相は定かではない

しかし、UWF旗揚げの時に、猪木側近の新間氏がいた事

 

新日本の選手が多数試合に出ると言う噂が立ったのは事実である

しかし、旗揚げ戦には、猪木などは当然参加せず、前田日明の師匠藤原喜明と高田伸彦が参加したのみ

新日本はプロレスを長州率いる維新軍と抗争を展開

 

前田日明のUWFはなんだ?と思わせた

前田日明の作ったUWF旗揚げ戦で見た光景は・・

 

スパーリングのような関節技を取り合う試合が展開された

この事が後にUWF伝説を作っていく事となる。

 

新日本を退団した、タイガー・マスクがUWFへ参戦

スーパー・タイガーとなった時、そのコンセプトは明確になった。

 

山崎一夫、鈴木みのる、桜庭和志、木戸修などが参戦

今まで脚光を浴びる事がなかった。木戸修がUWFで輝く事になる。

 

UWFの試合とは?

UWFは、投げ、関節など主体でプロレスが使う飛び技、ロープに飛ぶなどを一切封印した

技を受ける美学があるプロレスの要素を封印

 

隙あらばKO、隙あらば関節でギブアップを狙うガチンコとも言われる要素を含んだ

試合を展開

UFW信者とも言うべき存在を作った。

UFW信者はプロレスを馬鹿にして、対立を深めていく事になる。

 

ファンを含め2つの流れがプロレス界で起き始めていた。

UWF最強説を唱えるもの

 

プロレスをこよなく愛するもの

その2つの流れは交わることなく流れていき

時間の経過と共にまた一つになる時が来る

 

UFW新日本プロレス上陸

しかし絶大な人気を誇ったUWFであったが、テレビ放送のなかったUWFの資金は底をついてしまう。

模索した結果UWFは、新日本プロレスと業務提携を結び

前田日明達は、再び新日本プロレスへ舞い戻る事になる。

 

ブレーク高田延彦

IWGP2階級制覇高田延彦・2階級王座を目指すオスプレイ

UFW分裂

UWFも3派にわかれた、前田明率いるリングス

高田伸彦率いる、UWFインター

藤原喜明率いる、藤原組「パンクラス」

特筆すべきは、すべて猪木の弟子である

この、プロレスと、UWFが交わる試合が

伝説の、武藤敬司VS高田伸彦の試合である

結果、高田は、プロレスのオーソドックスの技
四の字でギブアップ負け

 

 

総合格闘技の流れに、名言が生まれた試合は

中邑真輔の総合格闘技試合に勝利したインタビューで

プロレスは強いんだよだ



 

新日本プロレスを2度追放された前田日明・新挌闘王と呼ばれるまで

あわせて読みたい記事