IWGPヘビー級王座石井智弘

石井智弘とケニー・オメガのIWGPヘビー級王座戦の前哨戦がヒートアップ

CHAOSのメンバーを引き連れ連日ケニー・オメガと前哨戦を行う石井智弘

 

https://www.instagram.com/p/BndrVpjBJNi/?utm_source=ig_web_button_share_sheet
和製名勝負製造機として新日本プロレストップで活躍する石井智弘

プロレスに革命をもたらした長州力とミスタープロレス天龍源一郎を師匠に持つ石井智弘

必殺技は、ラリアット・パワーボム・垂直落下式ブレーンバスターである。

 

常に踏み込み技を繰り出し石井智弘は、見るものをプロレスの世界に引き込む

わずか170センチの身長、プロレスラーとしては恵まれているとは言えない石井智弘

史上初の「身長170センチのIWGP王者」誕生の野望を明かした。2度目の挑戦でプロレス界最高峰の王座を目指すが、胸に秘めるのは、デビューから周囲に言われ続けてきた“あの言葉”への反証だ。

IWGPヘビー級王座を手にしたケニー・オメガの発言が気に入らない。

G1クライマックを制覇した棚橋弘至に目が行く王者ケニー・オメガ

その前に、G1クライマックで負けた俺を倒してみろと堂々のIWGPヘビー級王座挑戦をアピールした。

石井智弘垂直落下ブレンバスター
画像出典元 新日本プロレス

ケニー・オメガも石井智弘には挑戦する資格があると、挑戦者として認めた。

一歩も引かない石井智弘のファイトスタイルは、全てのレスラーを石井ワールドに引き込む

その世界に引き込まれ、IWGPヘビー級チャンピオンのケニー・オメガですら敗戦した。

 

しかし、ケニー・オメガは今回も石井智弘ワールドで対戦すると宣言した。

誰もが認めるIWGPヘビー級王座を取る

師匠長州力や天龍源一郎が掴んだチャンピオンベルトIWGPヘビー級王座

IWGPヘビー級王は新日本プロレスの頂点の証である。

 

Sponsored Link



恵まれた体格、スター性ファンが認めるものが王者へと導かれる。

歴代のチャンピオンを見ても一目瞭然である

 

その中に雑草と言われた真壁刀義がいた。

IWGPヘビー級王座獲得は難しいと言われた真壁刀義はまさに雑草であった。

ヒールからのし上がり、実力を開花させた。

第三世代の終焉の時、棚橋弘至と中邑真輔の時代が来た。

 

ファンも棚橋弘至と中邑真輔に期待をかけていた

そこに割り込んだのが真壁刀義であった。中邑真輔を撃破し見事にファンの期待を裏切り

IWGPヘビー級チャンピオンとなり新日本プロレスのトップに君臨した。

 

ケニー・オメガVS石井智弘のIWGPヘビー級戦は石井智弘の善戦は期待するも

ケニー・オメガの勝利を疑わないファンも多い

しかし、プロレス面白さは番狂わせの試合である。

誰もが認めるベルトを手にすることで、証明したいことがある。「今まで言ったことがないんだけど、IWGPに関しては一個、野望みたいなものがあって。『史上初の170センチのIWGP王者』。デビューしてから二十何年間『石井にあと10センチ身長があれば』って、何百回、何千回と言われてきたから」 レスラーとして小兵の部類に入る石井は、それを補って余りある無骨な全力ファイトで今の地位を築いた。だがデビュー当初は先輩たちから「お前みたいな小さいのが、なに真っ向からやってるんだ」「勝てるわけないだろ」と叱責され、ファンからも身長を嘆かれるのが日常茶飯事だった。「コンプレックス? そうだろうね。俺の時代はこの身長だと95%(業界に)入れない時代だったから。転がり込んだ、拾ってもらった感覚」 そんな迷いを吹っ切ってくれたのが師匠・長州力(66)の言葉だ。リキプロ時代の05年に「お前はもうヘビー級でやれ」と認められたのだ。だからこそ、かつて師匠も巻いたベルトの奪取は、この上ない恩返しになる。 31年に及ぶ同王座の歴史の中で最も身長が低い王者は第5代王者のサルマン・ハシミコフと見られるが(180センチ説と178センチ説がある)、石井がその名を刻めば新たな1ページが誕生する。「史上初の170センチのIWGP王者」誕生は、反骨心と信念が詰まった誓いなのだ。

 

石井智弘が長州力の必殺技力ラリアット

天龍源一郎のパワーボム

そして石井智弘の必殺技垂直落下式ブレーンバスターでIWGPヘビー級チャンピオンを狙う。

 

Sponsored Link


あわせて読みたい記事