WWE女帝アスカ登場

スマックダウンの女帝アスカがWWEのリングから遠ざかって1約カ月半

怪我?退団?など様々なうわさが流れた。

 

その間カイリ・セインはNXT女子王座を獲得

凱旋した大阪公演では、1軍のRAWメンバーを引き連れて堂々の登場を果たした。

カイリ・セインはNXT女子王座
画像出典元 WWE大阪

 

Sponsored Link



WWEでは、女子のみのPPV大会エボリューションが開催決定

現在メイヤングクラッシックトーナメントも開催

日本からは、WWE入りを果たした、紫雷イオ

日本の団体から、里村明芽衣子と松本浩代が参戦

 

着々とエボリューション大会に向け準備を進めるWWE

RAW女子は新王者ロンダ・ラウジー誕生して話題を独占

対してスマックダウンエースアスカの欠場で心配された。

WWEで240戦以上無敗を続け、1月28日には女子初のロイヤルランブルマッチで優勝したアスカ

RAWからスマックダウンに移籍

 

そのアスカが1カ月半ぶりに登場した。

WWEアスカ
画像出典元 WWE

盟友ナオミ(30)と小娘集団アイコニックスのペイトン・ロイス(25)がシングル戦で激突したが、実力差は歴然でナオミがあっさりと回転エビ固めで3カウントを奪った。相棒ビリー・ケイ(28)がキーキー声を上げながら乱入し、ロイスと2人でナオミをコーナーポストに叩きつけ、さらにはダブルのヒザ攻撃で沈めた。 そこへアスカが颯爽と登場。ジャーマンスープレックスでロイスを投げ飛ばすと、ビリーもバックスピンキック、スライディングニーで蹴散らしてナオミを救った。

 

Sponsored Link




紫雷イオ「世界一になる」

画像出典元 東スポ
画像出典元 東スポWEB紫雷イオ

 

スターダム退団しWWEに移籍した紫雷イオ

日本女子プロレスラーのスーパースターの移籍

現在紫雷イオは、里村明芽衣子らが参戦しているメイヤングクラッシックトーナメント優勝を目指している。

 

女子だけで開催されるエボリューションでメイヤングクラッシックトーナメントの決勝が行われる。

第一回メイヤングクラッシックトーナメントでは、宝城カイリ事カイリ・セインが優勝している事から

日本人V2を目指す紫雷イオら3選手。

 

日本女子のレベルと高さをアピールする絶好のチャンスが紫雷イオらに託された。

紫雷イオは日本のスーパースターから世界のスーパースターを目指す。

標的の中にはトリプルテイズでユニットを組んだ女帝アスカの存在もある。

紫雷は「このリングで私が世界でベストであることを見せたい。私は日本でトップ、次のターゲットは世界一になること。サーシャ、シャーロット、アスカと戦いたい。紫雷イオ・スタイルを見せて女子プロレスを変える」と意気込んでいる

 

しかし現在のアスカと紫雷イオはの差は歴然である。

女帝と呼ばれるアスカは数多くの修羅場を潜り抜けWWE1軍のスマックダウンのエース的存在

方や逸女紫雷イオはNXT女子の新人レスラーである。

 

まずトーナメントを制し、カイリ・セインの持つNXT女子王座を目指す。

NXT女子王座は1軍RAWやスマックダウン昇格の基準となるのは明確である。

 

女帝アスカも黒のロックスター中邑真輔もその道を通ってきている。

世界一を目指す逸女紫雷イオの活躍はメイヤングクラッシックトーナメントから始まる。

 

Sponsored Link



あわせて読みたい記事