屈辱的な敗北オカダ・カズチカ

レッスルキングダム13in東京でオカダ・カズチカVSジェイ・ホワイトの試合が行われた。

海外から帰国後メインを務めていたオカダ・カズチカにとっては

ベルトもなし、タイトルマッチもなし、まさに屈辱的なレッスルキングダム13となる。

オカダ・カズチカ屈辱的な敗北
画像出典元
NJPW

CHAOSを裏切ったジェイ・ホワイトと外道を制裁すべく数多くの前哨戦を繰り広げてきたが全敗

棚橋弘至と夢の共闘をしたが勝利に結びつける事が出来ずにいた。

しかしオカダ・カズチカファンはオカダ・カズチカの強さを知っており

オカダ・カズチカがジェイ・ホワイトに負けるはずかないと信じた。

 

 

オカダ・カズチカは帰国後棚橋弘至やAJスタイルズと抗を展開

内藤哲也やケニー・オメガと激闘IWGPヘビー級ベルトを腰に巻き長期政権を築き上げた。

完全王者、絶対王者と呼ばれオカダ・カズチカに勝てるレスラーがいるのかとまで言われた。

 

ケニー・オメガから無制限3本勝負でIWGPヘビー級のベルトを失った後のオカダ・カズチカ下降線は異常に速いスピードで巻き起こる事になる。

オカダ・カズチカIWGPヘビー級のベルトを失った後に起きた悲劇

 

IWGPヘビー級のベルトを失った後外道とコンビ解消

G1クライマックスでジェイ・ホワイトに敗退

G1クライマックスで優勝した棚橋弘至と対戦敗退

その試合後ジェイ・ホワイトに急襲され外道にも裏切りを受ける

 

前哨戦で勝てなくてもオカダ・カズチカはジェイ・ホワイトと外道に勝つことは

当然の結果と誰しもが思った。

 

Sponsored Link




オカダ・カズチカVSジェイ・ホワイト

 

オカダ・カズチカは若手のジェイ・ホワイトを完膚なきまでに叩きのめしIWGPヘビー級戦線復活の狼煙を上げなければならない。

試合は一進一退で進みオカダ・カズチカのフィニッシュホールド

レインメーカーまで進みフィニッシュでオカダ・カズチカ勝利と思われた。

レインメーカーポーズを決め、仕留めにかかった。 しかし、好事魔多し。長年その動きを間近で見続けた外道からアドバイスを受けたジェイにレインメーカーをするりとかわされ、スリーパーの姿勢から背後に投げ飛ばす荒技を食らう。 これで試合を五分に戻されると、最後はレインメーカーをまたもかわされ、そのスピードが乗ったままのブレードランナーを被弾。そのまま3カウントを聞いた。 試合時間14分18秒で、赤っ恥とも言える完敗を喫したオカダは試合後、ノーコメント。一方、ジェイは上機嫌で「俺はこれだけ短い時間でオカダに勝ったんだ。それを覚えておけ。オカダの時代は終わった。これからは俺の時代だ」と新時代の到来を高々と宣言。勢いそのまま、IWGPヘビー級王座次期挑戦者に名乗りを上げた。

試合結果

×オカダ・カズチカVS〇ジェイ・ホワイト

14分18秒

 

わずか14分と言う短さでオカダ・カズチカが敗戦

オカダ・カズチカになにが起こったのだろう。

ケニー・オメガと時間無制限の勝負を展開してきたオカダ・カズチカ

短時間での屈辱的な敗北となった。

 

リング外からジェイ・ホワイトに支持をだす外道

この敗北はジェイ・ホワイトのみならず外道にも敗北した事になる。

 

外道がオカダ・カズチカを裏切ったときに

オカダ・カズチカは終わった

これからは、スイッチブレードの時代だと叫んだ

 

オカダ・カズチカはを若くしてIWGPヘビー級チャンピオンに伸し上げた

フィクサー外道

IWGPヘビー級のベルトを巻き躍進していったオカダ・カズチカ

外道の次なるターゲットはIWGPヘビー級のベルト以外には考えられない。

 

G1クライマックス反則ながらオカダ・カズチカに勝利したジェイ・ホワイト

この時点でジェイ・ホワイトのオカダ・カズチカへの反逆に火が付いた。

オカダ・カズチカにとって外道を失った事はとてつもなく大きなものだったのかもしれない。

 

しかし、オカダ・カズチカも若き日棚橋弘至に挑み勝利し成長した

棚橋弘至はオカダ・カズチカ負けたが、再び立ち上がりオカダ・カズチカを撃破した

 

オカダ・カズチカもまだ若く、新日本プロレスを背負っていくレスラーである

オカダ・カズチカがこのまま終わるわけはなく

 

新たなストーリーを作り出すしかない

ニュージャパンカップやG1クライマックスとオカダ・カズチカの2019年の逆襲に期待したい。

Sponsored Link