ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也鈴木軍タイチにKO負け

新日本プロレスの至宝IWGPヘビー級ベルトはケニー・オメガから棚橋弘至へ

IWGPインターコンチネンタルのベルトは、クリス・ジェリコから内藤哲也へと日本人が取り返した。

チャンピオンになった、棚橋弘至はジェイ・ホワイトからターゲットにされた

IWGPインターコンチネンタル王者のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也は

鈴木軍タイチから襲撃をうける事になる。

 

クリス・ジェリコからピンフォール勝ちを奪った内藤哲也は、あろうことにベルトでクリス・ジェリコを殴打しディスティーノで勝利した。

クリス・ジェリコVS内藤哲也
画像出典元
NJPW
東スポWEB

ベルトを奪った内藤哲也は、翌日ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンVS鈴木軍

タイチは内藤哲也がクリス・ジェリコからピンフォールを奪った形を演出して見せた。

ラフ殺法で優位に進める鈴木軍、レフリーの目を盗んで、ベルトで内藤哲也の顔面を殴打必殺技、ブラックメフィストを決めて内藤哲也からピンフォール勝ちを奪って見せた。

内藤哲也が鈴木軍タイチからピンフォール負け
画像出典元
NJPW
デイリースポーツ

リングに横たわる、内藤哲也にタイチはIWGPインターコンチネンタルベルトを必要ないと言う内藤哲也に対して

お前いつもこのベルトはいらねえとか言っといてよ、1回でもコントロールしたことあんのか。テメエは口だけなんだよ。そんなにいらねえんだったら、このベルト、オレによこせよ」と、内藤をこき下ろしながら挑戦を要求した。

内藤哲也VSタイチのインターコンチネンタル選手権が濃厚となってきた。

 

Sponsored Link




新日本プロレスのトップの証

4年振りにIWGPヘビー級王者に返り咲いた棚橋弘至

プロレス暗黒時代から新日本プロレスに新しいファンを呼び込み新日本プロレスをプロレスを再生させた立役者である。

昭和のレスラーと違い現在のレスラーは入場パフォーマンスもコスチューム、体型すら

洗練されている。

 

ケニー・オメガとイデオロギー闘争と銘打ちIWGPヘビー級選手権を行った棚橋弘至

ケニー・オメガの技を悉く受けたが、フィニッシュの片翼の天使だけは変則のスリングブレードや、逆フランケンシュタイナーなどを繰り出し回避

ハイフライフローでケニー・オメガに勝利した。

棚橋弘至のプロレスを見た時昭和の香りすら感じさせた

 

ケニー・オメガの新しいプロレス、スピード、パワー、ジュニアヘビー顔負けの飛び技などを全て受け切った。

レスラーの強さは受け身のウマさ強さが見てるファンを熱狂に導く

やられてもやられても立ち上がり、渾身の必殺技で勝利へ導く。

 

全日本プロレスのジャンボ鶴田や三沢光晴が受け身の天才と呼ばれ試合を熱狂に導いた。

この受け身の美学がプロレスラーの凄みでもある。

再びトップに立った棚橋弘至は、いきなりジェイ・ホワイトからターゲットにされた

 

棚橋弘至は、チャンピオンになったらまた狙われるとコメントしたが、今年はIWGPヘビー級のベルトをもって倍働きますともいった。

 

オカダ・カズチカも内藤哲也も追う立場から、追われる立場に変わった来たと言う事であろう。

棚橋弘至が長くにわたり新日本プロレスでトップを走り数多くの修羅場をくぐり抜けてきた。

オカダ・カズチカもジェイ・ホワイトに敗戦したが必ず復活するであろう。

内藤哲也もロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンで新日本プロレスのトップにたどり着いた。

正念場はこれからで内藤哲也をターゲットに動き出すレスらはーこれから増えるであろう。

ターゲットにされながら再び頂点のIWGPヘビー級王者にたどり着くのはオカダ・カズチカか内藤哲也になるのか注目される新日本プロレスのトップ戦線である。

Sponsored Link



あわせて読みたい記事