昭和・平成と駆け抜けた往年のレスラーたちの前に前田日明登場

武藤敬司がプロデュースするプロレスリングマスターズ

藤波辰爾、長州力のアントニオ猪木の直下の世代から
武藤敬司、蝶野正洋の闘魂三銃士
小島聡、天山広吉の第三世代

新日本プロレスからUWFに移籍そしてリングス、藤原組と袂を分けた
前田日明と藤原喜明
なんともバラエティーあふれる顔ぶれである

この選手たちをリングでみると時代を思い出すファンも多いはずだ。
まず藤波辰爾と長州力はポストアントニオ猪木を争い対立
打倒アントニオ猪木はお互いの目標であったが

長州力は維新軍~ジャパンプロレスを作り全日本プロレスへ移籍再び新日本プロレスへ帰っていた。
前田日明は、アントニオ猪木の指示とも言われたUWFの旗揚げに参加
当初はプロレス団体であったが、間接、蹴り、投げを中心としたUWFブームを作った。

前田日明はUWFから新日本プロレスに帰りUWFと新日本プロレスで抗争を展開した。
前田日明のファイトスタイルは新日本プロレスレスラーから敬遠され
そこで藤波辰爾が前田日明と一騎打ちを行い藤波辰爾と前田日明はお互いを認めあう事になる。

昭和、平成、令和と現役を続ける藤波辰爾、前田日明が語る長州力と前田日明は藤波辰爾の作品だった。

その後長州力がサソリ固めを仕掛けている背後から長州力の顔面を蹴り

新日本プロレスを解雇となる。

前田日明の強さはアントニオ猪木も対戦をさけた節がありアントニオ猪木を超えた新格闘王とも呼ばれた。
新格闘王前田日明誕生

その、長州力と前田日明が同じリングに上がった。

藤波辰爾、長州力、獣神サンダー・ライガー組と対戦した藤原喜明、長井満也、冨宅飛駈組のセコンドとして前田氏は、テーマ曲「キャプチュード」に乗って入場。コーナーサイドのイスにどっかりと腰を下ろした。 藤原組長から「来い!」と手招きされるなどしたが、試合には介入せず。試合後、藤波らに促され、リングインすると「ご来場ありがとうございます」とあいさつした。そんな前田氏に長州は不意のラリアート…のフェイントからの握手で歓声を浴びた。

前田日明はプロレスリングマスターズに登場
画像出典元
プロレスリングマスターズ

今後前田日明はが試合をすることがあるのか注目であるが今のところ前田日明にその気はないようだ。
前田日明、長州力、藤波辰爾とリングに揃うだけであの時代背景がよみがえる。

nWoジャパンからTEAM2000とBATT

nWoジャパンがプロレスのムーブメントを作った
その中心にいた武藤敬司、蝶野正洋
nWoジャパンが分裂して出来たのがTEAM2000である。

天才武藤敬司VS蝶野正洋黒の戦争

蝶野正洋は武藤敬司率いるnWoと対抗するためTEAM2000を作った。
武藤敬司はnWoジャパンが解体後BATTを作った経緯がある。

その中のメンバーにはどちらのユニットにも属していたレスラーもいる。
そこで起こった展開は?

プロレスリングマスターズ武藤敬司
画像出典元
プロレスリングマスターズ
東スポWEB

先に介入したのは蝶野で、太陽ケアにシャイニング・ケンカキックをズバリ。負けじと武藤もリングインして、蝶野らTEAM2000の5人をドラゴンスクリューで投げ飛ばし、小島にシャイニング弾を放った。 これで試合は一気にBATTの流れに…なるかと思われたが、最後の最後にドン・フライがBATTを裏切り。イス攻撃のサポートを受けた小島が豪快なラリアートをケアに決めてTEAM2000が勝利した。

新日本プロレスもジェイ・ホワイトが新チャンピオン

プロレスリング・ノアも清宮海斗が新チャンピオン若き王者が誕生している。
新時代のプロレスをケニー・オメガが提唱したアスリート系のプロレスも人気だ
その中で長州力や前田日明が集まるリングがあるというのもまた面白い。

棚橋弘至もオカダ・カズチカも内藤哲也もいないリング
天才武藤敬司のプロデュースするプロレスリングマスターズの次回にも期待したい。

あわせて読みたい記事