ユニットとして飛躍したロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

2018年ユニットとして大成功したロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

内藤哲也がヒールに転向し結成したロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 

EVIL、BUSHIと増殖していくロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

正統派からヒールに転向した内藤哲也は制御不能と呼ばれ次第にファンの指示は大きくなる。

オカダ・カズチカとIWGPヘビー級タイトルマッチにこぎつけた内藤哲也

本隊の時にどうしても届かなかったIWGPヘビー級のベルト

 

制御不能を振りかざし、SANADAを投入して

オカダ・カズチカからベルトを強奪して見せた。

IWGPヘビー級のベルトを巻くことでさらにロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのヒール内藤哲也としての格が上がる。

 

タイム・ボム高橋ヒロム参戦でIWGPジュニアヘビー級戦線も殴り込みIWGPジュニアヘビー級のベルトを奪う。

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン結成破竹の勢いで話題を独占

内藤哲也は2016年2017年と2年連続MVPを獲得

しかし、このころまでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは内藤哲也の色が強く

内藤哲也のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンであった。

 

高橋ヒロムもスーパージュニア制覇

その勢いでIWGPジュニアのベルトもウィル・オスプレイから奪う

 

高橋ヒロムが怪我のためベルトを返上したが

その穴を埋めるかのように新パレハ鷹木信吾が参戦した。

 

新パレハX誰なのか?ファンを楽しませた内藤哲也のプロデュース力は凄い物がある。

 

Sponsored Link
 




2018年ある意味内藤哲也は失速した。

クリス・ジェリコにIWGPインターコンチネンタルを奪われ

そのまま帰国され新日本プロレスに定期的な参戦となったためリベンジ出来ず

 

内藤哲也は2017年G1クライマックスを制覇

レッスルキングダ12のメインを務め内藤哲也の夢を実現させた。

 

しかし連覇をかけ3年連続MVPを狙うがケニー・オメガや飯伏幸太に阻止されてしまう。

 

内藤哲也の2018年はこれで終わりなのかと思わせた時

クリス・ジェリコVSEVILの試合後クリス・ジェリコに挑戦を表明レッスルキングダ13でインターコンチネンタルのベルトの挑戦権を獲得

 

EVIL&SANADAもタッグリーグで優勝

レッスルキングダム13でIWGPヘビー級タッグの挑戦が決まった。

 

BUSHI&鷹木信吾もIWGPジュニアタッグ選手権試合を獲得

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンベルト総取り
画像出典元
インスタグラム

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバー全員がレッスルキングダム13でタイトルマッチを獲得した。

Sponsored Link


レッスルキングダム13でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンタイトル総取り

棚橋弘至とケニー・オメガのイデオロギー闘争

オカダ・カズチカのジェイ・ホワイト遺恨闘争

話題が多いレッスルキングダム13

 

しかし、内藤哲也も負けてはいなかった

世界的スーパースタークリス・ジェリコに舌戦で負けずクリス・ジェリコを怒らせ乱闘となる。

クリス・ジェリコVS内藤哲也
画像出典元
デイリースポーツ
NJPW

同王座戦を内藤の引退試合にすると挑発されたことを受け「その意気込みは素晴らしいですが…あなたが大好きなハエ(ジェリコが内藤の比喩に使用した)のように、俺はしぶといぜ」とニヤリ。「あのマヌケなメークはやめてくださいよ。だってこの試合が、あなたのラストマッチになるんだからね」と逆予告を繰り出した。

 

クリス・ジェリコからベルトを奪われた内藤哲也

2018年6月待ちに待ったリベンジ戦であった。

反則裁定なしのノーDQマッチ

クリス・ジェリコVS内藤哲也
画像出典元
NJPW
東スポWEB

壮絶な試合は内藤哲也のデスティーノの決着

クリス・ジェリコからピンフォール勝ちを奪って見せた。

その結果ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

内藤哲也、EVIL、SANADA、BUSHI、鷹木信吾はベルトを取り

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンベルトを総取りして見せた。

 

EVIL&SANADA

IWGPヘビー級ベルトを獲得

 

BUSHI&鷹木信吾

IWGPジュニアタッグベルト獲得

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンベルト総取り
画像出典元
NJPW
インスタグラム

内藤哲也からユニットロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとして実力を見せた

新日本プロレスとしてはnWoジャパン以来のユニットの人気を得たロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

その人気は個人の実力も裏付けされた結果となった。

 

IWGPジュニアヘビーのベルトを返上した高橋ヒロムであったが

IWGPジュニアヘビー級のベルトはKUSHIDAから石森太二移動した。

石森太二は高橋ヒロムに逆エールを送った

石森太二

王座を奪取した石森は「ベルトさんは俺のところに来たぞ。一番悔しいのはおそらくアイツだろうな。これからは俺が王者だから、この新日本のベルトの価値を高めてリボーンしてやるよ」と豪語。昨年の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」優勝決定戦で戦い、現在は長期欠場の高橋ヒロムへの意識をにじませた。

 

 

レッスルキングダム13タイトル移動

ケニーvs棚橋のイデオロギー闘争は逸材に凱歌!
内藤は怨敵ジェリコにリベンジ達成!
危険な一騎討ちはジェイがオカダを葬る!
石森はKUSHIDAを撃破しIWGPジュニア初戴冠!
オスプレイは飯伏との超絶バトルを制しNEVER奪取!
8大タイトルマッチはすべて王座が移動!

あわせて読みたい記事