ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也の失速

人気者ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也

しかし内心はどうだろうか?

 

NEW JAPAN CUP  1回戦飯伏幸太に敗戦

マジソン・スクエア・ガーデンでまた飯伏幸太に敗戦ベルトを奪われた。

内藤哲也の野望は、NEW JAPAN CUP  優勝

 

インターコンチネンタルをのベルトを持ったまま、オカダ・カズチカに挑戦

IWGPヘビー級2冠が目的があった。

 

しかしその路線とは大きく離れてしまった内藤哲也

2年連続MVPを受賞した内藤哲也であったが

 

平成最後の年はクリスジェリコに振り回されベルトは奪い返したのは年明けであった。

しかしそのベルトも今は内藤哲也の腰にはない。

いきなり内藤哲也は失速となった。

 

上半期失速した内藤哲也はどう動く。

 

スポンサーリンク




SANADAとEVILの躍進

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは内藤哲也が牽引してきたのは事実である。

今でも見るからにチームワークは抜群のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 

しかしユニットはいずれ崩壊の道をたどるのは歴史的にみても避ける事は出来ない。

現在SANADAがオカダ・カズチカの保持するIWGPヘビー級のベルトへの挑戦が決まっている。

EVILもまた石井智弘との抗争を展開存在感を表している。

 

SANADAもEVILもオカダ・カズチカと同世代となり

SANADAがIWGPヘビー級王者になると

EVILもまたトップ取りに走る可能性もあり、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン分裂のきっかけにもなりかねない。

新日本プロレスも大きな変革の波が見え隠れする。

 

前回の様にオカダ・カズチカの長期政権になるのか、目まぐるしく王者が入れ替わるのか

SANADAのタイトルマッチの結果次第で大きく勢力図は変わる。

 

内藤哲也は飯伏幸太と3回目の対戦

飯伏幸太に立て続けに敗れた内藤哲也は浮上の相手を再び飯伏幸太に決めた

飯伏幸太に挑戦表明すると、飯伏幸太は内藤哲也の挑戦を受諾

 

異例の3戦目になったが

どんたくシリーズでの試合は決まらなかった。

 

業を煮やした飯伏幸太は、内藤哲也にいつやります?

 

内藤哲也の返答は明日でもやるか?

それは現実的ではないと内藤哲也・・と自問自答

福岡の皆様を満足させられる試合を、そして結果をお届けしますよ。それよりさ、対戦カードが変更されるのかされないのか、今日、モバイルサイト、何回も何回もチェックしとくから。新日本プロレスの皆様、社員の皆様、社長さん、早急に判断して下さい。じゃあ明日、今日と同じ6人タッグマッチか、それともインターコンチネンタル王座戦か知りませんが、またここ、福岡国際センターでお会いしましょう。アディオス」

内藤哲也らしいコメントも爆発した。

飯伏幸太との対戦はまさに崖っぷちとなる内藤哲也

福岡なのか?6月のメインとなるのか見ものでもある。

スポンサーリンク



あわせて読みたい記事