WWEの最高執行責任者(COO)トリプルHが日本戦略を進める理由は?

世界最大級のプロレス団体WWEのCOOであるトリプルHがWWEの日本公演で中邑真輔と組み

試合を行った。

 

日本での試合はこれで最後と明言したトリプルH

トリプルHは、日本で試合をするためだけに来日したのか?

WWEのトリプルH
画像出典元
WWE
東スポWEB

中邑真輔の事をアメージングと称賛

2018年の丸藤正道のデビュー20周年記念大会では当時WWE所属のヒデオ・イタミ事KENTAを

【丸藤正道デビュー20周年記念大会】『飛翔』に貸し出す異例の大盤振る舞いをして丸藤正道に感謝された。

それだけWWEで権力があるという事になる。

 

現在新日本プロレスも世界戦略を明言、新日本プロレスからAEWへ移籍したケニー・オメガやCody、ヤングバックス達も打倒WWEを掲げている。

 

日本のプロレスのレベルは高い、多くの有能な選手が新日本プロレスやそれ以外の団体にも存在する

小規模な団体や地方では知られていない選手が多くいると言う事である。

その日本人選手たちがWWEなどの団体に憧れ移籍しているのも事実。

 

現在の日本のプロレスはブームと言うより新日本プロレスブームである。

プロレスブームではないと感じる。

 

女子プロレスの流れは、人気の宝城カイリ事カイリ・セインや

天空の逸女紫雷イオなど新しい場所を探してWWEへ移籍している

有能な選手がスターになるべく海外へ移籍するそれは、プロレスだけではなくどのスポーツでも同じ

その流れは、プロレスでも行われている。

 

新日本プロレスからAWEの副社長となったケニー・オメガ

日本の団体に所属していた事もありアジャなどAEW旗揚げ戦へ参加

今後多くの日本人選手がAEWへながれる可能性もある。

 

最近のWWEでは、日本人スーパースターが数多く出ており

スマックダウンライブの中邑真輔やアスカ、カイリ・セインなどその代表であろう。

 

WWEには傘下団体NXTがあるがそこで活躍する日本人選手も多い

紫雷イオやKUSHIDA

この2人は男女で同時NXTチャンピオンとなる可能性もある。

 

紫雷イオは、NXT女子チャンピオンシエイナー・ベイズラーと抗争中

※関連 紫雷イオが悪に・・・

 

KUSHIDAも新日本プロレスからNXTへ現在無敗で快進撃、スピード出世?とも言われ

NXT王座へのチャレンジも近いと言われる。

 

新日本プロレスではオカダ・カズチカを先頭に世界戦略を進める

実際マジソン・スクエア・ガーデンで大成功を収めた新日本プロレス

 

WWEのスーパースター、モスクリーなどがWWEから新日本プロレスG1クライマックに参戦

 

関連・・新日本プロレス世界戦略はマジソン・スクエア・ガーデンから・・・・

 

AEWも旗揚げオープニングマッチで大手ケーブルTV局TNT毎週放送が正式決定 ネット配信も整備

この成功を得て、世界最大級プロレス団体WWEのトリプルHが黙っているわけもなく

本格的な日本戦略に入ったと考えられる。

 




トリプルH日本版NXT設立か?

日本とアメリカWWEのプロレスの違いは

日本はスポーツライクで強さがメイン

 

WWEでは、強さもだがエンターテインメント性が重要視され

トリプルHが最も重要視している事は

私はパフォーマンスよりもカリスマ性を重視する。他の選手と違う何かを持っていないと生き残れないから。そういう意味で中邑はずばぬけていた。彼はカリスマの塊だ。そして他のスポーツ選手も含めて積極的にスカウトしたい。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也がWWEへスカウトされていたと告白していたが、頷ける。

元々日本はは、ジャイアント馬場やアントニオ猪木の伝統的なプロレスだった

強さイコールチャンピオンとなる。

 

引き継いだ、ジャンボ鶴田や藤波辰爾、長州力、天龍源一郎

三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明、橋本信也、武藤敬司、蝶野正洋などは

 

ジャイアント馬場やアントニオ猪木イズムを継承

しかし、棚橋弘至が一気にこの流れを変えた

いや徐々に浸透させ今のスポーツライクとエンターテインメント性を加えたプロレスに変化したのが

現在のプロレスと言う事になる。

 

日本でWWEの全てを真似するとそれは、日本人向けではないように感じるが

今の日本のプロレスでも発信が重要視されるのは内藤哲也の支持を見ていたらよくわかる

 

ファンが受け入れやすいのは、発信と、強さが揃ったレスラーである。

WWEでは2軍と言われるNXTの存在が大きい

 

ここで鍛えられたレスラーが1軍のスマックダウンライブやロウに昇格する

NXTのチャンピオンだけではなく、カリスマ性も必要と言う事である。

 

中邑真輔もNXTのチャンピオンとなりそのカリスマ性を発揮スマックダウンライブへ昇格

華名事アスカは無敗でロウからスマックダウンライブへ昇格スマックダウン女子王者まで上り詰めた。

 

ロイヤル・ランブルで女帝アスカVSベッキー・リンチ
画像出典元)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

カイリ・セインもNXTのチャンピオンとなり、NXTイヤーエンド・アワード2冠

スマックダウンに昇格

現在、アスカとカブキ・ウォリアーズを結成

女帝アスカ&海賊娘カイリ・セインでタッグ王座を目指している。

 

このWWEで重要なNXTは現在NXTと英国のNXTUKが存在ここで光った存在が

スーパースターなりスマックダウンやロウで戦う

 

このNXTの日本版が設立か?

今回の日本来日でトリプルHは日本人プロレスラーの視察を明言まず接触は・・・

シングル2冠王として君臨する日本女子プロ界のエース候補Sareee獲得へ

との見出しに驚きを隠せない。

世界最大のプロレス団体、米WWEが女子プロレス「ディアナ」に所属するSareee(23)の獲得調査に乗り出したことが3日、分かった。最高執行責任者(COO)のトリプルH(49)がラブコールを送っており、これを受けてWWEのスカウト陣が動きだした。現在、シングル2冠王として君臨する日本女子プロ界のエース候補が、世界の舞台に挑戦する可能性が出てきた。

 

「ディアナ」に所属するSareee
画像出典元
ディアナ
Sareee
SareeeがWWEへ?

日本ではまだメジャーとは言えないレスラーなどがWWEへ移籍する可能性がある
もしくはNXTの日本版の重要な選手になる可能性もある。

 

今後のWWEの動きに注目が集まるシーンでもある。


あわせて読みたい記事