ゴールデン☆エース崩壊か?飯伏幸太動くか?

棚橋弘至の調子が上がらず、飯伏幸太が不信感をつのらせている

レッスルキングダム以降から、タッグを組んだ棚橋弘至と飯伏幸太

 

その勢いは、IWGPタッグ王座まで上り詰めた

新型コロナウィルス感染拡大で新日本プロレス興行が中断する寸前

 

タイチとザックセイバーJrから襲撃を受けた、棚橋弘至と飯伏幸太

興行再開と同時に、抗争が始まった棚橋弘至と飯伏幸太のゴールデン☆エースとタイチ&ザックセイバーjr

 

しかし、結果はあっさりシングルでも、タッグでも精彩を欠く棚橋弘至がピックアップされた

タイチから散々コケにされる棚橋弘至

 

その棚橋弘至の姿を飯伏幸太は、棚橋さんもっと上げてくださいと・・

ゴールデン☆エースコンビ解消か?コンビ解消か?調子の上がらないエース棚橋弘至に愛想を尽かした飯伏幸太

ゴールデン☆エースコンビ解消か?コンビ解消か?調子の上がらないエース棚橋弘至に愛想を尽かした飯伏幸太

そのそも飯伏幸太は、2019年G1クライマックスを制覇した

旬の選手である、レッスルキングダムでオカダ・カズチカに敗戦

IWGP&インターコンチネンタル2冠に届かなかったが

 

次の行動を起こして良い選手

オカダ・カズチカは、KOPWを打ち出し、新たな新日本プロレスを築こうとしている

 

内藤哲也、EVILも抗争にロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを脱退したキング・オブ・ダークネスEVIL

新たな戦いのステージにライバルは向かっている

 

焦る飯伏幸太は、棚橋弘至を見捨て行動を起こすか注目である




棚橋弘至、待ったなしの戦い

棚橋弘至自身も、旬な飯伏幸太を引き留めとく訳には行かないと、自身の不甲斐なさを

自虐する

 

タイチは棚橋弘至の不甲斐なさを

鈴木軍のトレイン攻撃から逃れ、ザックにショルダータックル、タイチにフライングフォーアーム、金丸にカウンターボディスラムで報復。
ここでタッチを受けた棚橋は、ショートレンジドロップキックで金丸に追撃。そして、青コーナーへ向かってフライングボディアタックを繰り出すが、タイチ&ザックに捕まってしまう。
これを合図に場外乱闘となり、タイチが飯伏を暴行。そして、「あいつ(棚橋)と別れる決心ついたか??」などといった言葉を浴びせる。

棚橋弘至にとっては、NEVER無差別6人タッグトーナメントで、タイチ&ザックセイバーjrに一矢報うしかその存在を表す事は出来ない状態になった

 

IWGPヘビー級戦線どころか、メインの戦いからも遠くなる棚橋弘至にファンは嘆き場面も

今まで苦難を乗り越えてきた、100年に一人の逸材棚橋弘至の膝はもはや限界か?

 

NEVER無差別6人タッグトーナメントで勝利するしかなくなった棚橋弘至

NEVER無差別6人タッグトーナメントでタイチ組に敗戦すると

 

ゴールデン☆エース崩壊で解散となるのが予想される。

今後も継続するかは飯伏幸太の判断となる。

ゴールデン☆エース解散もある。



崖っぷちの棚橋弘至、タイチにピンフォール勝ち

タイチ&ザックセイバーjrに崖っぷちに、追い詰められたエース棚橋弘至

飯伏幸太を執拗に勧誘する、タイチ

 

棚橋弘至との決別を促す

ゴールデン☆エース解散
画像出典元
NJPW

棚橋弘至を小馬鹿にする、タイチ

まともに棚橋弘至と戦うことを拒否、飯伏幸太に揺動をかける

棚橋弘至を、リングに落とすと

 

場外で痛めつけら、またも膝を集中攻撃され動きが止まる

再び同じ展開になる

ここでまたもやタイチ&ザックが棚橋を押さえつけ、飯伏に向かって「もういいだろ、こいつは!?」「とどめを刺せ」などと激しい言葉を浴びせる。
これで飯伏がリングに入り、タイチ&ザックを棚橋から引き離す。そして、棚橋の両腕を掴むが、その手を放してタイチとザックにエルボーを食らわせる。

試合は、終盤棚橋弘至が攻めに責められる

もはや万事休すか・・そこで飯伏幸太がタイチにハイキックその隙に棚橋弘至が丸め込んだ

3カウント

 

辛くも棚橋弘至組が勝利となったが棚橋弘至は泣きじゃくり

飯伏幸太にお前が、神と呼んだ棚橋弘至もういない

しかし上を目指すと

 

飯伏幸太も、まだ終わっていないこれからと

棚橋弘至は飯伏幸太に俺に変わって神になれと言うと

 

飯伏幸太も神になりますよと答えた

飯伏幸太の答えは、棚橋弘至とのコンビ続行

 

オカダ・カズチカ提唱した、KPOW2020のタイトルは、飯伏幸太の得意とする

特殊な試合形式も含まれ。初代王者は飯伏幸太に相応しいと感じるが

 

飯伏幸太はまだ出場の宣言はしていない

タイチ&ザックセイバーjrは、これからも棚橋弘至を付け狙うと予想されるが

棚橋弘至の膝は万全になる事は難しく

 

エース棚橋弘至がどう戦うのか?

棚橋弘至復活のハイフライ・フロー

飯伏幸太と棚橋弘至の絆が復活

再び、ゴールデン☆エースの標的は、タイチ&ザックセイバーjrの保持する

IWGPヘビー級タッグ王座向かう

 

棚橋弘至を責め立て、分裂を狙った、タイチ&ザックセイバーjrの作戦は失敗

それより棚橋弘至を生き返らせたタイチ&ザックセイバーjrの誤算

棚橋弘至ハイフライ・フロー
画像出典元
NJPW

棚橋はニュートラルコーナー最上段へのぼり、乱入したザックをボディアタック式ハイフライフローでなぎ倒す。
すると、天山が串刺しラリアット、ワトが変型サイドバスターで金丸に追撃。さらに、ワトがトルニージョでデスペラードを分断すると、棚橋が今度こそハイフライフローで金丸を仕留めた。

飯伏幸太は、棚橋弘至の復活を後押し

タイチ&ザックセイバーjrも棚橋弘至と飯伏幸太のIWGPタッグ挑戦を認める発言

再びIWGPタッグに挑戦が濃厚な、ゴールデン☆エース

あわせて読みたい記事