G1クライマックス29Aブロック終盤

新日本プロレスG1クライマック29もいよいよ大詰め
Aブロックでは2連敗から連勝を伸ばす飯伏幸太
無敗で快進撃を続けてきたオカダ・カズチカはSANADに敗れ
1敗オカダ・カズチカ2敗飯伏幸太。

ドラマチックな展開はAブロック最終戦オカダ・カズチカVS飯伏幸太で決まるのか?
しかしその前に飯伏幸太は難敵ザックセイバーjrと対戦。

オカダ・カズチはSANADの相棒EVILとの対戦を控える。

飯伏幸太VSザックセイバーjr

飯伏幸太はザックセイバーjrの関節に苦戦。はっきり言って苦手な相手ザックセイバーjr。
特にNEW JAPAN CUPでは優勝候補と言われた飯伏幸太を破り、そのまま優勝したザックセイバーjr。
今勢いのあるザックセイバーjrとの対戦。

オカダ・カズチカとの決戦に持ち込みたい飯伏幸太ここで負けるわけにはいかない
試合は飯伏幸太がカミゴェでザックセイバーjrを仕留めた。

カミゴェ
画像出典元
NJPW

ザックはヒザに強烈なストンピング。そして胸板にキックを叩き込み、飯伏の左ヒザ、そして胸板を何発も蹴りつける。
飯伏は立ち上がって蹴り足をつかむと、ザックの胸板に強烈な掌底。そしてニーパットを外し、たぎりのポーズからボマイェ。だが、ザックはかわすと丸め込むを連発するが、飯伏はなんとか返す。
ここから打撃の応酬となり、飯伏がハイキックでダウンを奪う。そして、今度こそボマイェを決めるが、カバーはカウント2。
ならばと飯伏はついにカミゴェを炸裂。この一撃で3カウントを奪い、6勝目をスコアした。

強気なザックセイバーjrも自力で立ち上がれない状況

飯伏幸太のカミゴェが強烈に決まった。
飯伏幸太は天を一本指でさすオカダ・カズチカ越えに王手。

オカダ・カズチカVSEVIL

G1クライマックス開幕前からG1モードに入ったEVIL
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンと一定の距離をおき相棒SANADAにもライバル心むき出しで戦いに備えた。
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン崩壊?EVILグータッチ拒否の意味は?
当然優勝を狙ったG1クライマックスで現在首の皮一枚残った状態

オカダ・カズチカに勝てばまだ決勝のチャンスが残っているEVIL
今回のG1クライマックスではSANADがオカダ・カズチカからピンフォール勝ちを奪ったが
EVILはすでにオカダ・カズチカからピンフォール勝ちを奪った事がある。

オカダ・カズチカもEVILに勝利し飯伏幸太との決戦に備えたい所
30分勝負のG1クライマックス。

オカダ・カズチカとEVILの戦いは27分で決着。オカダ・カズチカがレインメーカーで勝利。

オカダ・カズチカVS
画像出典元
NJPW

EVILは頭突きで一撃。続けてラリアットでなぎ倒す。オカダがキックアウトするとトドメのEVILへ。だが、オカダは立ち上がりざまにローリングのラリアット。それでも倒れないEVILにショットガンドロップキックで追撃だ。
そして突っ込んできたEVILを捕まえるとローリングレインメーカーで一撃。最後は正調のレインメーカーでなぎ倒し、EVILから3カウントを奪取。勝ち点を14とし、Aブロック単独首位の座を死守した。敗れたEVILは4敗目を喫し、決勝戦進出の可能性が消滅したのだった。

オカダ・カズチカ、SANADA、EVILの同世代の戦いは
今後の新日本プロレスのトップ争いに変わっていくであろう。
正義はどちら?大阪城大会オカダ・カズチカVSキングオブ・ダークネスEVILスペシャルシングルマッチ
オカダ・カズチカはEVILをホントに強かったと評価。EVILは無言で控室に。

オカダ・カズチカの3冠
IWGPヘビー級チャンピオン、NEW JAPAN CUP制覇、G1クライマックス優勝までもう少しとなった。
快挙達成が見えてきた。
オカダ・カズチカと飯伏幸太の直接対決でAブロックは決まる。
G1クライマックス29ヒストリー

あわせて読みたい記事