ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤のゴール

内藤哲也が、目標であるドームメインを達成した。

IWGPヘビー級王座を獲得する事は出来なかった

中学生の時の夢を果たした男の今後はー。

新日本プロレスの毎年恒例「イッテンヨン」、1月4日の東京ドーム大会は昨年を大きく上回る3万4995人の観客を集め、数々の激闘が繰り広げられた。その中で人一倍思い入れを持ってリングに上がったのは、IWGPヘビー級王座に挑戦した内藤哲也だっただろう。

 

内藤哲也
画像出典元スポーツナビ

 

Sponsored Link


ドームで勝利したしたオカダカズチカは強い

IWGPチャンピオンこそがプロレス界を引っ張ると自負している

オカダ・カズチカ

IWGPヘビー級王座にはこだわらない、内藤哲也

しかし、プロレスはチャンピオンにならなければ真の評価を受けないのは

プロレス界の歴史を見ても当然のことである

しかし内藤はチャンピオンにならなくても

2年連続でプロレス大賞MVPを受賞している

オカダカズチカのジレンマもまたそこにあるのであろう

内藤哲也MVP 画像出典元東スポ

オカダは最強ロードを走る

Sponsored Link



オカダカズチカ最強ロード

 

映像新日本プロレスリング

 

中学生の時の夢を果たした男の今後は

内藤哲也は、今回敗戦より

自分の夢を叶えた事

その事が最優先で

誰にも馬鹿にされる事はないと

言い放った。

しかし、ファンは内藤のチャンピオン姿を見たかったに違いない。

 

内藤は35歳にして、中学3年生からの夢だった東京ドームの大トリのリングに立った。運命をかけたデスティーノをオカダに見舞ったが、レインメーカーで逆転を許し、IWGPのベルトを腰に巻くことはできなかった。オカダのマイクアピールを立ち止まって聞いた後、フラフラともつれる足取りで、会見場のブルペンまでたどりついた。

 「オレは負けてなんかいないよ、勝つまで何度でもやってやるよ…とか言うレスラーいるけど、オレはそういうの嫌いだ。今日は3カウント聞いたのは事実なんでね。勝った者がすべて正しいんでしょ。非常に悔しいです」と皮肉をこめたコメントを吐いた。

 

内藤哲也の次のストーリーとはなにか?

新しい夢が見えてきましたよ。レスラー内藤哲也としての夢が見えてきましたよ。また次の機会に

 

EVILとSANADAがチャンピオンにまさにデスティーノとなるか

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが躍進を続ける

その中で、キング・オブ・ダークネス”EVIL & SANADAもタイトルに絡んできている

IWGPタッグ王座第79代キング・オブ・ダークネス”EVIL & SANADA

 

NEVER 無差別級王座第13代“キング・オブ・ダークネス”EVILが実力者柴田を破って

獲得している

柴田勝頼VSEVIL
画像出典元新日本プロレス

シングルでも、タッグでもチャンピオンを獲得してる

EVIL

次のIWGPヘビー級王座挑戦が決まっている

SANADA

画像出典元スポーツナビ

 

 

実力を付けてきた2人のパレハ達

EVILとSANADAがIWGPチャンピオンになると

今の内藤哲也が率いるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのバランスが崩れる

プロレス界の歴史は、レボリューション、下克上などの繰り返しである

最強ユニットnWoジャパンでですら

武藤敬司と蝶野正洋の権力争いで崩壊した

nWoジャパン崩壊黒の戦争

 

EVILがオカダの持つIWGPヘビー級王座にチャレンジし

ドーム決戦をかけての戦いをしたとき

内藤は、EVILにも頑張ってほしいがオカダが勝つと発言

それを聞いたEVILは激怒した。

 

両国大会では内藤が石井、EVILがオカダとの決戦を控えており、この2試合の結果次第では来年の年間最大興行で2人のIWGP戦が実現する。内藤は「大会を迎えるにあたり、両国、そしてその先の東京ドームに向けて決起集会というかね」と怪しげな会合の趣旨を説明。さらに「皆様の予想は(ドームでの内藤の相手は)オカダでしょ? 俺も『オカダかな?』とは思っているけど、理想はEVILですよ。俺であり、お客様の予想を覆してほしい。それくらいの可能性は持っていると思っていますよ」とパレハ(相棒)にエールを送った。 ところが、だ。内藤が話す間にローストビーフ丼をたいらげた“暗黒の王”は「東京ドームでは王者EVIL、挑戦者内藤のシチュエーションになることだけは忘れるな。内藤、他人のことよりお前こそ石井相手に取りこぼすんじゃねえぞ」と言い放ち、ひと足先に退席。「ちょっとEVIL、ト、トランキ…」と呼び止めた内藤の言葉も無視して店から去っていった。

 

 

 

EVIL(左)は内藤の制止を振り切って退席した
画像出典元東スポ

 

プロレス界下克上

プロレス界は、下克上がいつ起きてもおかしくはない

現在新日本プロレスはプロレスブームを牽引してる

とういか1人勝ちである

全日本プロレス、プロレスリングノアが元気なころは

チャンピオン同士の戦い

総合格闘技との戦いなど

 

団体の対抗戦など、チャンピオンが重視された。

 

いまでは、チャンピオンベルトを取らなくてもいいいと

言う内藤だがそこもまた時代の背景なのか・・

EVILとSANADAがチャンピオンになった時

またレボリューションが起こるのかもしれない・・

内藤の舵取りにも注目が集まる

 

Sponsored Link


 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン新パレハ