大阪城ホール内藤哲也VSKENTAが始まる

ついに注目の決着日がやってきた。内藤哲也とKENTA

レッスルキングダムで乱入強引とも言える内藤哲也のIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座の挑戦を手に入れたKENTA

 

しかしその後のKENTAは凄かった、アンチを圧倒的に増やし注目をかっさらう

会場満員は間違いないであろう。

 

新日本プロレスも2冠戦にしたのは、観客動員も見越した戦略と言われる

内藤哲也は、新日本プロレスこれでいいのか?と疑問を投げかけたが

 

すでに決定事項内藤哲也は清く受けた。

前初戦では舌戦を繰り返した内藤哲也とKENTA

 

まさにエンターテインメント抜群の対決となった。

内藤哲也VSKENTA舌戦

2冠戦の結果は?舌戦が続くKENTAと内藤哲也IWGPヘビー級のベルト奪取後の仰天プランは?あいつの帰りを待とうかな・・あいつとは?

 

KENTAは正攻法で行く気はさらさらない、ベルトを取ったほうが強いと言わんばかりだ

しゃがむにベルトを奪いに来るのは見えている

バレット・クラブ総動員なのか?

 

このプランに内藤哲也はどう動く?

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン勢は動くのか?

内藤哲也はKENTAを思いっきりおいしくして料理となるのか?

内藤哲也IWGPヘビー級初栄冠はロスインゴベルナブレス・デ・ハポン総動員

内藤哲也を襲ったKENTAの行動の是非は1年後に結果が問われる

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠調印式

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠の調印式が公開で行われた

KENTAは、明日新日本プロレスの図式が変わると予言した

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル
画像出典元
NJPW
IWGPヘビー級&インターコンチネンタル戦調印式

さらに内藤哲也のグッズをいじる余裕も見せた

「ところでお前ら、内藤の(新グッズの)ボクサーパンツ買ったか? 本人はあれ、はいてるの?」と挑発。

2冠王者の内藤哲也も、KENTAを行動力、SNSの発信、バックステージのコメントを称えた

しかしKENTA後の先の展開も見据える

 

KENTA戦を防衛、弟分の高橋ヒロムが、IWGPジュニアヘビー級防衛を成功した暁には

高橋ヒロムを挑戦者に?

 



IWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座戦

大阪城ホールはソールドアウトを発表内藤哲也はIWGPヘビー級王座初防衛戦

インターコンチネンタルは、2度目の防衛戦となる。

 

KENTAはベルトを2本奪う事になれば、新日本プロレスの歴史を覆してしまう。

 

 

入場からバレット・クラブを引き連れ入場するKENTA

なにがなんでも、ベルトを奪うそんな執念すらみえるKENTA

大阪城ホール決戦KENTA
画像出典元
NJPW
大阪城ホール
大阪城ホール内藤哲也VSKENTA

試合中盤は、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンVSバレット・クラブ

入り乱れた。

試合は30分を超す激闘の末内藤哲也がディステーノのKENTAを沈めた。

 

内藤哲也は、大流血の末KENTAに勝利した。

内藤は、フェイント式延髄斬り、ジャンピングエルボーアタック。そして、デスティーノを狙うが、KENTAが脱出し、ローリングラリアットを浴びせる。
続いてKENTAはgo 2 sleepの体勢に入るが、内藤が変型デスティーノに切り返す。するとKENTAは、内藤をコーナーの金具へ叩きつけ、スクールボーイで丸め込む。
これで頭部から内藤は大流血してしまい、KENTAが掌底連打で追い討ち。そして、ブサイクへの膝蹴りに繋ぐが、内藤がリバースフランケンシュタイナーで逆襲。
さらに内藤はバレンティアでKENTAに追撃し、最後はデスティーノでとどめを刺した。

内藤哲也ディステーノ
画像出典元
NJPW
新日本プロレス
内藤哲也血染めのディステーノ

 

レッスルキングダムでオカダ・カズチカからIWGPヘビー級王座を奪った内藤哲也は強かった

新日本プロレス最強オカダ・カズチカの壁を乗り超えIWGPヘビー級王者となった

初防衛戦

KENTAも多くの話題を振りまいたが、IWGPヘビー級王座には届かなかった。

 

しかしKENTAの行動は刺激を与えた。

これぞプロレスと言う面白みを見せた。

 

久々に殺伐とした、空気をもたらせたKENTAの行動が、大阪城ホールを満席にした。

どこからでもチャンスがあればそこに潜り込む。

世界で体感したものを持ち合わせているKENTA

 

内藤哲也も、ドームで襲撃された事をあからさまに認める事は出来ないであろうが、今回の挑戦者はKENTA以外はなかったとコメントしたのが全ての評価であろう。

 

内藤哲也の時期挑戦相手は・・・高橋ヒロムが濃厚

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン対決実現か?

 

高橋ヒロムの夢が叶う。

内藤哲也VS高橋ヒロムIWGPヘビー級&インターコンチネンタル VS IWGPジュニアヘビー級夢の対決実現か?

あわせて読みたい記事