IWGPタッグ王座挑戦

2018年1月現在

IWGP王座オカダカズチカ、現在9回の防衛達成

もはや敵なしの存在の、オカダ・カズチカがタッグ王座に挑戦

 

日本人タッグスペシャリストになるかと思われた

真壁刀義&本間朋晃がを本間朋晃の怪我によりタッグ戦線から離脱してから

 

外国人チームに主導権を握られてた

IWGPタッグ王座

矢野通&石井智宏

天山広吉&小島聡

などが獲得したが、やはり石井はシングルとしての戦いが光る

天山広吉&小島聡は、名タッグであるが往年の輝きはもはやない

 

 

本間朋晃
画像出典元東スポ

タッグ王座に注目が集まらないのも

日本人タッグのスペシャリストがいま存在しないのが現状

 

EVIL&SANADAタッグ王座奪取

 

IWGPタッグ選手権は、昨年暮れの「ワールドタッグリーグ」を制したEVIL(30)、SANADA(29)組が、ランス・アーチャー(40)、デイビーボーイ・スミスJr.(32)組を下して王座奪取に成功した。 試合は開始早々に猛攻を仕掛けた王者組が有利に試合を進めた。挑戦者組は攻撃に耐えつつ、反撃のチャンスをうかがう苦しい展開が続く。しかしEVILが一瞬の隙を突いて王者組を分断すると、SANADAが一気に攻めてラウンディングボディープレスでスミスを仕留めた。

 

EVILはこのベルトを俺とSANADAが手にしたからには、シングルのIWGP同等の価値まで引き上げると宣言

いま勢いにのるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのEVILとSANADAが王座で期待は高まるだろう

 

勢いにのるSANADAはIWGPヘビー級王座に挑戦をアピールした




オカダカズチカの反応

オカダカズチカもすぐ様反応を見せた

IWGPヘビー級王座挑戦の代わりに

タッグ王座挑戦をアピールした。

IWGPタッグ王座奪取のEVIL組が新日マット支配宣言

に反応した事は意義がある

 

新日本プロレスのタッグ戦線を盛り上げるためにも

オカダカズチカの参戦はファンの興味を注いだ

結果は

寡黙なSANADA、逆レインメーカーでオカダ挑発

新日本プロレスは6日に後楽園大会を行い、IWGPタッグ選手権でEVIL、SANADA組がオカダ、後藤組を破って初防衛を果たした。

10日の大阪大会でIWGPヘビー級王者オカダに挑むSANADAが相手の得意技レインメーカーを発動。おきて破りの一撃から最後はEVILが後藤を得意技EVILで沈めた。寡黙すぎる男SANADAは試合後にマイクを握り、「大阪で俺がそのベルトを取ってやるよ。せいぜい大阪までいろいろな雨を降らせろよ」とレアな声を響かせオカダを挑発した。

 

これで、内藤哲也の後のSANADA戦に俄然注目が集まる

頂上決戦の後の試合に挑むSANADA

戦う意味を持たせたオカダカズチカ

タッグをマッチを経て

シングル王座の意味を持たせたオカダカズチカは

やはりチャンピオンである




関連お勧め記事