IWGPインターコンチネンタル王者・鈴木みのるに挑戦

 

新日本プロレス、真壁刀義が、インターコンチネンタルに挑戦

棚橋弘至を関節地獄の上レフリーストップで勝利した、鈴木みのるに挑戦

古いプロレスファンは

ブルーザーブロディのテーマソングを懐かしく感じ

真壁刀義の入場を楽しむ方も多いはず

もうすっかり、暴走キングコングが定着した

真壁選手

 

ファイトスタイルも真向勝負で

負ける気がしないと思ってるファンも多いはずだ

雑草と言われた真壁の姿を想像する方は今は少ないはずだ

 

ヒールで活躍した真壁選手も今では

新日本プロレス本隊の顔でもある

中邑真輔からIWGPを奪取するまで

大会準優勝の壁を破れず、数多くの選手と抗争を来る返し

這い上がってきた、そんな真壁刀義選手のファンも多いはずだ

 

棚橋弘至が敗れたいま、鈴木選手にリベンジを期待する

新日本プロレスファン

 

 

 

真壁刀義
画像出典元デイリー

真壁は田口隆祐、KUSHIDA、マイケル・エルガンと組み、鈴木、TAKAみちのく、タイチ、飯塚高史組と対戦。奇襲から延々と場外乱闘を続けるなど鈴木と激しくやり合い、最後は自らTAKAをキングコングニードロップで仕留めた。

そして、マイクを持つと「鈴木さんよ、いい加減インターコンチに挑戦させろや、腰抜け!」と改めて要求。これまで首を縦に振らなかった鈴木は鬼の形相となりながら、「このゴリラ野郎が!お前はまだ現実を分かってねえみたいだな。貴様とこの大阪のクソどもに俺の気持ちを伝えてやる。真壁、オレと戦え」と挑戦受諾を宣言し、若手レスラーに暴行して去って行った。

 




関節地獄鈴木みのる

 

鈴木みのる選手と言えば

関節・スリーパー・ゴッチ式パイルドライバーと

相手選手をいたぶる技が多い

飛んだり、跳ねたりするレスラーを一発で仕留める技

 

IWGPコンチネンタル王者、棚橋弘至を関節地獄で

レフリーストップに追いやった。

 

若手のころ新日本プロレスを飛び出し

藤原組所属で藤原喜明に鍛え上げらた選手

藤原組解雇後UWF流れも持つパンクラスを、船木誠勝と立ち上げた。

当然関節の名手である事は間違いない

関節、リングワーク、反則、決め技あらゆる手段を用いて

新日本プロレスのタイトルを総なめにすると言う

鈴木軍

プロレスの神カール・ゴッチ直伝の技の数々を繰り出す鈴木みのる選手

49歳ながらまさに、戦う選手としては厄介極まりない相手である

 

その鈴木みのる選手に真壁刀義が挑戦する

まさにかみ合わないファイトスタイルは

刺激的な展開が期待できる




 

 

新日本プロレスの真壁刀義(45)が5日、IWGPインターコンチネンタル王者・鈴木みのる(49)からのベルト強奪を予告した。 前王者・棚橋弘至(41)が、1月の札幌大会でみのるに右ヒザを破壊されて欠場中。鈴木軍に奪われたIC王座奪還に名乗り出たのが真壁だ。この日の後楽園大会の6人タッグ戦で鈴木軍相手に勝利を決めると「鈴木みのる…いや鈴木“みのらず”さんよ。IC、挑戦させろや」とアピールした。

関連お勧め記事