バレットクラブ内紛

プロレスには、裏切り、共闘、分裂

など様々な、展開が生まれる

昨日の敵は、今日の友など予想もつかない展開が生まれてくるものだ

 

革命、レボリューションの元に、天下を取りに行くレスラー

バレットクラブの元に集結した

強者がまた内部分裂を起こした

初代リーダー

プリンスデビット

AJスタイルズ

ケニーオメガと受け継がれてきた

 

バレットクラブリーダーから派生グループ

しかし、AJスタイルズの時は、チーム全体の動きが活発であったが

ケニーオメガがリーダーとなってからは

ジ・エリートなる、バレットクラブ内から枝分かれした

 

派生したケニー・オメガとヤングバックスの3人が、バレットクラブ内にさらに
小さなグループ「ジ・エリート」を作った。

こうなると、面白くないのは初期メンバーのバッドラック・ファレとタマ・トンガ

という事になる

ケニーオメガがリーダーとなってからは

ケニーオメガのためのバレットクラブだった。

 

 

 

今回の内部分裂は

起こるべきして起きたという事になる

ケニーオメガ&飯伏幸太
画像出典元 東スポ

 

飯伏幸太&ケニーオメガ合体

実力、スター性、意外性などプロレスラーとしては

十二分に魅力にある、飯伏幸太だが

今一歩抜け切れていない印象があった

しかし、今回のケニーオメガとバレットクラブの内紛により

またとないチャンスが到来した

勝手の最強パートナーが飯伏幸太の元に戻ってきた

そのパートナーが最強外国人ケニーオメガとなれば

期待が膨らむ



 

画像出典元東スポ

 

新日本プロレス28日の札幌大会でIWGP・USヘビー級王者ケニー・オメガ(34)が、ジェイ・ホワイト(25)に敗れて王座から陥落した。試合後のリング上でバレットクラブ(BC)の内紛が勃発したが、何とかつての盟友・飯伏幸太(35)が登場してケニーを救出。ついに「ゴールデン☆ラヴァーズ(GL)」の絆が復活した。

飯伏は1月の札幌大会でバレットクラブ内で孤立したケニーを救出。ついにDDT時代からプロレス界にその名をとどろかせた名チーム・GL復活

 

ケニーオメガと飯伏幸太のインタビューを聞いていると

お互いの事を意識した

コメントがある

飯伏幸太が新日本プロレスに帰ってきたときには

決勝はイブシと対戦する

 

飯伏の背中を追い続けてきたカナダ人レスラーは、今や世界一のベストバウトマシンと呼ばれる存在になった。世界最大のプロレス団体WWEからのオファーも何度もあったが、飯伏との再会を信じて断り続けた。

 

バレットクラブのが分裂した今

また飯伏幸太とのタッグ結成は間違いない

 

このチームが新日本プロレスに与える影響は・・

考えただけでもワクワクが止まらない

Sponsored Link


関連お勧め記事