ベルトが乱立する新日本プロレス

現在新日本プロレスブームが到来している

女性ファンも多いイケメンレスラー

派手なステージ

 

パフォーマンスも注目される

これが人気の要因である

 

新日本プロレスには絶対王者オカダ・カズチカ

オカダ・カズチカの試合は外れがない

これもまた、昔からのプロレスファンを納得させる

新旧のファンを新日本プロレスに引き寄せる要因でもある

オカダ・カズチカ 10 Years Anniversary

新日本プロレスには

IWGP IWGPインターコンチネンタル、IWGP USヘビー NEVER無差別級

などヘビー級のベルトが乱立する

 

一般的に妥当オカダ・カズチカ

誰しもが憧れるベルトである、IWGPヘビー級王座を狙う

これがわかりやすい。

しかし、このベルトの多さが、IWGPヘビー級の価値を下げてるようにも思える

 

実力は、ピカ一誰しもが認める絶対王者オカダ・カズチカ

しかし、人気は内藤哲也に軍配が上がっている

 

内藤は現在無冠であるにも関わらず、人気は落ちる事はない

 

内藤は、インターコンチネンタル王者の時

ベルトを粗末に扱い

オカダカズチカとのドーム決戦の時はベルトには興味がないとまで言った。



内藤哲也インターコンチネンタル王者の時のコメント

内藤「オレのインターコンチネンタル王座の扱いかたについて、昨日も今日もツイッターにてたくさんの反論メッセージをいただきましたよ。インターコンチネンタル王座、意外にもみなさまに愛されてるんだね。オレには理解できないけどさ、みなさまに愛されてるって。すばらしいことだと思いますよ。でもさ、肝心の選手たちからの反論が、ほぼほぼ聞こえてこないよ。ハッキリとオレの行動を批判したのは、獣神サンダー・ライガーだけじゃないの? てことは、要するにライガー以外の選手はオレの取った行動を賛同してくれるってことだよね。全然、ほかの選手から何の反論もない、次の挑戦者は全休。チャンピオンなのに、何の発言権もない。同じような理念を持ったベルトがまもなく誕生してしまう。もうさ、インターコンチネンタル王座の役目は終わったんじゃないの? インターコンチネンタル王座のかつての主は必要のないベルトを封印することが大好きだったよね。インターコンチネンタル王座も、もしかしたら封印したほうがいいのかもしれないな。まあ、みなさま、アスタマーニャ! また明日、お会いしましょう。アディオス!」

 

確かに、中邑真輔が作り上げてきた

インターコンチのベルトの存在は大きかった

しかし、内藤哲也にとって、IWGPコンチネンタルの意味はあるのか?

そう思ってしまう

ファンにとっても、打倒オカダカズチカを全員で目指す方が図式としてはわかりやすい

 

内藤哲也IWGP USトーナメント参加のコメント

藤哲也のコメント
「ブエノス・タルデス!(こんにちは/※場内、大歓声)。ハッキリ言って、このIWGPUSヘビー級王座には、まったく興味がありません。そして、なぜこのトーナメントにエントリーされているのか、まったく理解できません。しかし、エントリーされてしまっている以上は、優勝を目指しま・す・が、アメリカのお客様が期待しているとおり、リング上でこのベルトを思い切り放り投げたいと、思います。そして! ロサンゼルスのゴミ箱にこのベルトを捨てて、日本に帰りたいなと思います。我々、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを応援してくださるアメリカのお客様、また明日、お会いしましょう。アスタ・マニアーナ(また明日)、グラシアス!」

 

若手の登竜門として作られた

インターコンチネンタル

NEVER無差別

きつい言い方をすれば

今ではベテランの居場所になってるような気がしてならない・・

Sponsored Link



プロレスの凄み

プロレスには、タイトルでは語れないゾクゾクした戦いがある

 

長州力VS藤波辰爾のスイングするプロレス

ジャンボ鶴田VS天龍源一郎のジェラシー

新日本プロレスVS UWFの殺伐とした試合

 

武藤敬司VS高田伸彦

前田明VS長州力

ジャンボ鶴田VS三沢光晴

三沢光晴VS川田利明

 

歴史上プロレスの凄みを感じてきた試合が数多くあり、ファンを魅了した。

その延長線上にタイトルマッチがあり

タイトルマッチ以上の試合が多く存在した。

 

Sponsored Link



全日本プロレス3冠王者にみる

全日本プロレスは新日本プロレス

2台巨頭と言われたプロレスの団体である

亡きジャイアント馬場が設立し

現在では、ジャイアント馬場の弟子

秋山準が社長を務める

 

秋山は、戦略家でもあり

全日本プロレスが昔の輝きを取り戻す可能性を感じさせる

今では、新日本プロレスに大きく溝を空けられた形だが

新日本プロレスも秋山が全日本プロレスの社長となれば

うかうかとはしてはいられない

時代が来るかもしれない。

 

馬場イズム

ジャイアント馬場は、ファンの喜ぶことを良く敏感に察し

試合などに反映してきた

全日本プロレスが保持するタイトル

PWFヘビー級、インターナショナルヘビー級、UNヘビー級

どれも歴史あるベルトである

 

しかし、ファンは誰が強いのか?と疑問を感じていた

当時のチャンピオン

インターナショナルヘビー級

ブルーザーブロディ

画像出典元全日本プロレス

 

PWFヘビー級&UNヘビー級チャンピオン

天龍源一郎

ブルーザーブロディVS天龍源一郎で統一戦が行われた

 

しかし、両者リングアウトで決着つかず

後味の悪い結果となった。

 

Sponsored Link


ジャンボ鶴田VSスタンハンセン

時は流れ、ジャンボ鶴田がインターナショナルヘビー級王者

スタンハンセンが、PWFヘビー級、UNヘビー級王者

この2人による統一戦が行われた。

 

怪物の片鱗を見せ始めたジャンボ鶴田

不沈艦スタンハンセン

どちらが勝っても、統一王者に相応しい

 

しかし、またしても、両者リングアウト

ファンの、ストレスはもうピークを迎え

暴動寸前まで

 

ジャイアント馬場は、リングアウト、反則負けなどリング外の勝負の決め方を

全日本プロレスから排除した。

 

現在のプロレスファンは信じられないかもしれないが

数万円のチケットを買いタイトルマッチも見に行っても

リングアウトでの決着は日常茶飯事のようにあった。

 

しかし、馬場の改革により

全日本プロレスにジャンボ鶴田という3冠統一王者が誕生した

怪物ジャンボ鶴田誕生

 

この馬場のプロレス改革が現在

反則負け、リングアウト負けが日本では少ない要因ともなり

プロレスの質を上げている

 

新日本プロレスもアントニオ猪木が最強の男を決めるために

作った、IWGPも今では乱立するベルトに埋もれてるような気がしてならない。

 

プロレス界に「レジェンドブーム」が到来

昔からのプロレスファンには懐かしい面々が

リングに上がっている

武藤敬司プロデュースする「プロレスリングマスターズ

 

 

蝶野正洋VS武藤敬司
画像出典元東スポ

武藤はメインの8人タッグ戦で蝶野率いる「TEAM2000」と対戦。おきて破りのSTFを決めて大奮闘すると、これに触発されたのが永遠のライバル蝶野だ。この日はセコンドにもかかわらずリングインし、ケンカキックを叩き込む。負けじと武藤も閃光魔術弾で対抗して、会場のボルテージは最高潮に。最後はTEAM2000の勝利で幕を閉じ、1639人超満員札止め(主催者発表)の観衆は往年の攻防に酔いしれた。

 

nWoジャパン

維新軍

TEAM2000

平成維新軍

昭和のプロレスファンには懐かしい

しかし、今のプロレスと比較しても引けを取らない

蝶野正洋、武藤敬司の存在感に脱帽である。

しかし、プロレスは現在進行形である

最強の王者は誰かまたゾクゾクする戦いをファンは期待する。

関連お勧め記事