同期のオカダ・カズチカと裕二郎

裕二郎がオカダ・カズチカに突っかかり違和感があった

オカダ・カズチカも裕二郎の奮起を願った挑発をした

 

新日本プロレスのリングでは、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのお家騒動が展開

ベルトをめぐってロスインゴベルナブレス・デ・ハポンとバレット・クラブの戦いに注目が集まる中

 

オカダ・カズチカは静観ベルトとは無縁の戦いを展開している。

ニュージャパンカップの準優勝者のオカダ・カズチカがベルトに関心を示さず

裕二郎との戦いに挑む理由は?

裕二郎はオカダ・カズチカに自分の所まで引きずり落とす発言に違和感を指名した

2004年デビュー組にオカダ・カズチカ、飯伏幸太、鷹木信吾などがいるその存在は新日本プロレスの核として戦う
3人そこに裕二郎も同期デビュー組としている

実力はありながら、進化しない裕二郎に引きずり下ろすではなく上がって来いと
オカダ・カズチカらしい最もなコメントを残した

 

裕二郎はここで奮起できるかが大きな課題

爪痕を残して次につなげるか大きな分かれ道にきた裕二郎

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのお家騒動に興味なしオカダ・カズチカ




 

オカダ・カズチカはロスインゴベルナブレス・デ・ハポンとバレット・クラブの騒動に対して

興味がないと発言

そして今の2冠王者のベルトにも興味がないと発言

 

たしかしなんの為の2冠王者なのかは意味が解らない状態になりつつある

今の防衛戦ならIWGPヘビー級だけでもよいのでは?

 

統一するわけでもなく、個別で防衛戦を行う訳でもない2冠戦

意義が半減する。

オカダ・カズチカは価値が半減したとも言う

 

価値のなくなった2冠王者の持つIWGPヘビー級王座のベルトは

再びオカダ・カズチカ自身が価値を上げると宣言

しかし今はロスインゴベルナブレス・デ・ハポンお家騒動には興味がなく

 

その騒動が収まった頃にオカダ・カズチカがIWGPヘビー級を奪いに行く筋書きであろう

もともとIWGP至上主義のオカダは、ICとの「2冠」の流れ自体にも否定的なスタンス。「2冠の時点で(ベルトの)価値が半分になっちゃった感じはありましたし、だからって2冠になった内藤(哲也)さんが何かを見せられたのかっていったら、見せることができずに負けちゃって。なんか…違うかな。だから正直、興味なくなっちゃって」と語る。

 

ファン投票で決まった2冠戦は、再びファンに2冠は必要か?問うべき時が来たのかもしれない

新日本プロレスはIWGPヘビー級王者が最高峰で、インターコンチネンタル王者はまた別の路線で戦うのが似合っているそんなファンも多い。



 

オカダ・カズチカ、裕二郎をコブラクラッチで葬る

オカダ・カズチカと裕二郎の真っ向勝負を期待したが

途中で外道が試合に介入

しかし旋回式ツームストンパイルドライバーからコブラクラッチで勝利

 

噛みつきなどで再三コブラクラッチをかわしてきた裕二郎だが

意地の変形コブラクラッチでオカダ・カズチカの勝利も久しぶりの裕二郎の本気の試合を見た。

あわせて読みたい記事