復活の高橋ヒロム&BUSH IIWGPジュニアタッグリーグ戦開幕

波乱の続いた、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン

高橋ヒロムはIWGPジュニアヘビー級王者から陥落

神宮球場決戦キング・オブ・ダークネスEVIL誤算?内藤哲也に敗戦

神宮球場決戦キング・オブ・ダークネスEVIL誤算?内藤哲也に敗戦

 

BUSHIもNEVER無差別6人タッグから陥落した。

全ては、EVILのロスインゴベルナブレス・デ・ハポン脱退劇から始まった事態

内藤哲也とEVILの抗争に巻き込まれた形の高橋ヒロム

 

肩の負傷欠場となり、復帰した戦いでも苦戦を強いられ

IWGPジュニアヘビー級のベルトを、バレット・クラブ石森太二に奪われてしまった

 

一方でBUSHIは、EVIL&鷹木信悟&BUSHIで保持していた、NEVER無差別6人タッグ王座を

EVILのロスインゴベルナブレス・デ・ハポン脱退で返上

王座決定戦のトーナメントで、SANADA&鷹木信悟&BUSHIで望んだトーナメントで石井智弘&後藤洋央紀&YOSHI-HASHI組に王座を持っていかれ
お互いに無冠となった。

ROPPONNGI3K、SHO&YHOの保持していたIWGPジュニアタッグ王座をSHOが負傷

長期欠場となり、満を持して、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン高橋ヒロム&BUSHIで出陣

 

内藤哲也がEVILからIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座を取り戻したが

高橋ヒロム&BUSHIの戦いは今からである。

 

ベルトを取るのはロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのプライドとなる。


4チーム総当たりで開催するIWGPジュニアタッグリーグ戦

出場チーム・田口隆祐&マスター・ワト(本隊)・高橋ヒロム&BUSHI(L・I・J)・エル・デスペラード&金丸義信(鈴木軍)・石森太二&外道(BULLET CLUB)

まずは1位通過を目指す高橋ヒロム&BUSHI組

 

初戦はバレット・クラブ石森太二組と対戦、因縁の石森太二に勝利したい高橋ヒロム&BUSHI組

初戦高橋ヒロム&BUSHI組快勝

石森太二に追い込まれる場面もあったが

高橋ヒロム&BUSHI組が外道からピンフォール勝ち

1勝を上げた。

BUSHIはかわして延髄斬り。さらに石森にバッククラッカー、そして外道にコードブレイカー。さらにBUSHIはMXを狙うも、かわした外道はサミング。そして、ポップアップ式の急所蹴りから外道クラッチを決めるが、ヒロムがカウント3ギリギリでカット。
 石森はヒロムをショットガンドロップキックで場外に落とし、コーナーからラ・ケブラーダ。しかし、ヒロムは受け止め、そのままフロアに叩きつける。
 ヒロムはすばやくリングに戻ると外道にトラースキック。そして、BUSHIと連携のジャーマン。続いてヒロムとBUSHIは合体フェイスバスターを決めて3カウントを奪取。ヒロム&BUSHIが白星スタートに成功した。

 

あわせて読みたい記事