ベイリー、サーシャ・バンクスと決別

WWE女子のベルトを2人で4本保持した、ベイリーとサーシャ・バンクス。
WWE女子でヒールを貫くベイリー。

SD女子王者のベイリーが、親友ごっこで手に入れたサーシャ・バンクス。

女王様シャーロット・フレアは、サーシャ・バンクスに苦言を呈する。サーシャ・バンクスは、ベイリーを利用するかのごとくWWE女子タッグ王者となった。

さてこの時点での思惑は?ベイリーがサーシャ・バンクスを使ってWWE女子タッグ王者を手に入れる?サーシャ・バンクスがWWE女子タッグ王者とシングル王者の2冠を手に入れる?

今となってはは分からない。サーシャ・バンクスが、アスカと、シエイナ・ベイズラーに絡んだ事がこの分裂の引き金になった。

サーシャ・バンクスは、強引にアスカからベルトを奪った。だがアスカはそれを許さず、再びベイリーとサーシャ・バンクスの前に立ちはだかる。

サマースラムでベイリーとサーシャ・バンクスの王座に連続挑戦したアスカ。
ベイリーは、サーシャ・バンクスを使いアスカからベルトを死守する。

しかしサーシャ・バンクスはアスカからRAW女子王座を奪還される結末となった。

サーシャ・バンクスにとっては虎の子のベルトとなった、WWE女子タッグ王座のベルト。シエイナ・ベイズラーとナイア・ジャックスにちょっかいを出してしまったためにシエイナ・ベイズラーとナイア・ジャックスのタッグチーム結成となった。

究極の合体チームを作り、WWE女子タッグ王座はシエイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスに奪われてしまう。

シエイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックス、WWE女子タッグ王者

ここで不穏な空気が流れるも、再度挑戦に傾く、ベイリー&サーシャ・バンクス。
再度挑戦したベイリー&サーシャ・バンクスは再び敗戦。
試合後ベイリーはサーシャ・バンクスに制裁、親友ごっこは終わりを告げる。

このままでは収まらないサーシャ・バンクス。
ストーリーは、ベイリーとサーシャ・バンクスの戦いに突入する。
遺恨清算?サーシャ・バンクス、元盟友ベイリーからSD女子王座を奪う

あわせて読みたい記事