プロレスリング・ノアN-1 VICTORY2020

2019年に続き、N-1 VICTORYが開催

昨年は、当時GHCヘビー級王者清宮海斗が欠場で波紋を呼んだ

今年はGHCヘビー級王者潮崎豪も参加で、真のプロレスリング・ノア最強を決める戦いとなった

 

昨年度優勝は金剛の拳王

今年は、潮崎豪、丸藤正道、清宮海斗、中嶋勝彦、杉浦貴、拳王と優勝者が誰になるのかわからない状態

 

中嶋勝彦、丸藤正道撃破



N-1 VICTORY Bブロック公式戦で中嶋勝彦と丸藤正道の公式戦が行われた

中嶋勝彦は潮崎豪を裏切り、金剛入りを果たした

Aブロックで潮崎豪が勝ち上がれば、中嶋勝彦とのAXIZとの遺恨清算のバトルになるはず

中嶋勝彦は方舟の天才丸藤正道に攻め込まれながら

最後は、バーティカルスパイク、ダイヤモンドボムで丸藤正道を粉砕

一進一退の攻防を繰り広げた中嶋だが、左腕に攻撃を集中され悶絶。場外での鉄柵に打ち付けられるなどした後、リング中央でパーフェクト・キーロックに捕獲され追い込まれた。しかし何とか耐えしのぐと、ポールシフトを切り返してバーティカルスパイクでマットに突き刺すことに成功。これで動きを止めると顔面蹴りからダイヤモンドボムとえげつない攻撃でつないで3カウントを奪った。

この結果、中嶋勝彦8点、杉浦貴7点、拳王6点、丸藤正道5点で

Bブロック代表は中嶋勝彦に決まった。

 

Aブロックで代表は清宮海斗

再び清宮海斗時代を取り戻すためには、N-1 VICTORYでの優勝が課題となる清宮海斗

もはやお家騒動の、潮崎豪や中嶋勝彦と拳王に構ってる暇などない

AブロックでGHCヘビー級王者の潮崎豪と対戦した清宮海斗は、那須川天心から学んだバックスピンキックを叩き込み

エメラルド・フロウジョン、タイガースープレックスで清宮海斗から勝利を奪い

Aブロック代表となった

 

N-1 VICTORY優勝決定戦は清宮海斗VS中嶋勝彦となった。

 

あわせて読みたい記事