G1クライマックス30SANADA準優勝

G1クライマックス30Bブロック代表となったSANADA

しかし優勝決定戦戦までいく道のりは厳しく

3連敗から怒涛の連勝で優勝決定戦まですすんだ

 

優勝候補と言われながら苦しんだ、G1クライマックス30

矢野通、YOSHI-HASHI、後藤洋央紀のCHAOS勢に3連敗

しかし同門のロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也に勝利すると、連勝街道に入った

 

内藤哲也と試合は圧巻で追い込まれたSANADAは、内藤哲也に返し技で内藤哲也の必殺技

ディステーノを繰り出した、能力の高さを証明する試合であった。

 

飯伏幸太もSANADAを自分と同じ匂いがするとSANADAを評価した。

普段は試合後コメントを残さない、寡黙な雰囲気を出すSANADA

昨年オカダ・カズチカとニュージャパンカップ決勝でオカダ・カズチカからライバルと認められた。

オカダ・カズチカと同じ歳のSANADA

 

オカダ・カズチカと共に新日本プロレスのエース争いを演じると目されていた。

 

時代は棚橋弘至からオカダ・カズチカへ移ったと思われたが、オカダ・カズチカの上の世代

内藤哲也や飯伏幸太が現在新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタルあ王者

G1クライマックス30覇者となった。

 

内藤哲也と飯伏幸太は同じ年齢で、飯伏幸太はG1クライマックス30優勝後、ジェイ・ホワイトから挑戦を迫られ

大阪エディオンアリーナでの対決が決まった。

 

内藤哲也もIWGPヘビー級&インターコンチネンタル防衛戦の相手がEVILとなった。

 

飯伏幸太は、次の目標をIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者と決めたが

内藤哲也からベルトを奪いたいと内藤哲也にエールともとれるコメントを残した。

各選手が動く中SANADAだけはまだ、次の目標が明確になっていない。

G1クライマックス30最終戦、次なる戦い本隊、CHAOS、鈴木軍、バレット・クラブ、ジ・エンパイア

G1クライマックス30最終戦、次なる戦い本隊、CHAOS、鈴木軍、バレット・クラブ、ジ・エンパイア

 

キング・オブ・ダークネスEVIL、ウィル・オスプレイの次はSANADAか?

SANADAのロスインゴベルナブレス・デ・ハポン脱退それは考えにくいが、新日本プロレスで大きなうねりが来ている事は間違いない、新日本プロレスの入門テストを落ちたSANADAは、全日本プロレスで武藤敬司から鍛え上げられ

時期全日本プロレスのエース候補とまで言われていた

同時期に新日本プロレスへ入団した内藤哲也も時期新日本プロレスエース候補であった。

そのSANADAが新日本プロレスロスインゴベルナブレス・デ・ハポン加入

内藤哲也はIWGPヘビー級王者まで上り詰めた。



ともにユニットで戦った、EVILはロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを脱退

自ら頂点を目指すためにバレット・クラブ入りを果たした。

 

同じくCHAOSのウィル・オスプレイは、恩義のあるオカダ・カズチカを裏切り

新ユニットジ・エンパイヤーをグレート-O-カーンと立ち上げ頂点を目指す。

2020年に起こったユニット再編成の波は、歴史的に見ても不思議ではない

 

若手が実績のあるレスラーのもとで大きく成長した次には戦いが待っている

今後SANADAが頂点を目指すとき、どのような形になるのか?

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのまま内藤哲也、鷹木信悟と共存するのか?

 

はたまた、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを出て頂点を目指すのか

SANADAにはそんな時期が到来しているのかもしれない。

今後のSANADAの動きに注目が集まる。



あわせて読みたい記事