ケニー・オメガ来日10年

ケニー・オメガ
画像出典元 東スポWEB

ケニー・オメガが、DDTに来日にし日本マット参戦10年目に突入

今では、新日本プロレスでもっとも愛される

外国人レスラーと言っても過言ではない

人気・実力とも申し分ないケニー・オメガ

 

先日行われた、オカダ・カズチカVS棚橋弘至で

V12の防衛記録を塗り替えたオカダ・カズチカにリングで指名を受け

挑戦を表明したケニー・オメガ

オカダ・カズチカVS棚橋弘至・連続防衛記録V12オカダ・カズチカ

ケニーはIWGP単独最多のV12を達成した絶対王者・オカダの指名を受け、大阪城決戦での挑戦が決定。昨年の同大会では60分フルタイムドローに終わっている。王者が要求した「時間無制限」にケニーが「3本勝負」を追加提案したことで、IWGP史上初の特別ルール採用が決定した

 

ケニー・オメガが時間切れドローを嫌って

完全決着を付けたいなら、時間無制限で十分である。

しかし、ケニー・オメガの要求は、3本勝負である

 

3本勝負はある意味未知の世界でもある戦い

トップ選手が、完全決着の元に、3本勝負を選んだ経過は少ない。

前回、IWGPヘビー級王座に挑戦したケニー・オメガは、60分時間切れドローとなっている

ケニー・オメガの狙いは、完全決着だけにはとどまらず。

新日本プロレスで伝説的な試合を作る事が目標である。




伝説を作る戦い

新日本プロレスには、数多くの伝説の試合が存在するが

それに匹敵する試合を作るのが目的である。

すでにオカダ・カズチカは、あの若さで

IWGPヘビー級王座防衛記録V12を達成した伝説のレスラーとなろうとしている

 

完全王者オカダ・カズチカを完膚なきまでに倒すのは困難だが

ケニー・オメガの、技術・体力・強さなら

オカダ・カズチカと対等、もしやオカダ・カズチカを上回るかもと期待してしまう。

 

飯伏幸太もバックアップ体勢に入る飯伏幸太とゴールデンラヴァーズを再結成した

ケニー・オメガ&飯伏幸太

ケニー・オメガは、オカダ・カズチカのIWGPヘビー級王座戦に

飯伏幸太にセコンドを要求。
ゴールデンラヴァーズでIWGPヘビー級王座奪取を目論む作戦である。

 

バレットクラブで内紛中のケニー・オメガだが、Codyを黙らせるには

IWGPヘビー級王座になる事が1番である。

 

オカダ・カズチカが勝利するかケニー・オメガが勝利するか

伝説の試合になるのは間違いないだろう。

オカダ・カズチカVSケニー・オメガ無尽蔵のスタミナ戦

 

IWGP戦の時間無制限は08年2月の中邑真輔対カート・アングル(いずれも現WWE)戦以来10年4か月ぶり、3本勝負は同王座史上初の試みとなる。ケニーは「IWGPには伝統的な部分が強く、俺も新日本プロレスの45年の歴史を尊敬している。でも今の時代のファンに新しい経験も見てもらいたい。伝説をつくりたい。みんなが進化をしないとね」と、歴史的一戦に腕をぶした。

Sponsored Link




新日本プロレス伝説的な戦い

 

新日本プロレスは伝説的な戦いが数多く存在する

過激なプロレス、キングオフプロレスにおもきをおく新日本プロレス。

アントニオ猪木が行った異種格闘技

猪木VSモハメド・アリ線から始まり

 

印象深い試合は多い。

アントニオ猪木VSウィリー・ウイリアムスウイリアムス

前田日明VSアンドレザジャイアント

アントニオ猪木VSマサ・斉藤

武藤敬司VS高田伸彦など

 

ファンの心に残る1戦はそれぞれ違うものがある。

しかし、プロレスも進化し

新しい戦士が数多くの記憶に残る試合を行っている。

 

その中で歴史的にを語られる試合は少ない。

IWGPヘビー級王座戦で歴史上、無制限3本勝負は存在しない

 

オカダ・カズチカVSケニー・オメガは伝説的な試合になるであろう。

Sponsored Link



あわせて読みたい記事