最強王者 オカダ・カズチカ

オカダ・カズチカVS内藤哲也の東京ドーム決戦が始まる。
2017年プロレス界の話題を独占した内藤哲也との戦いになる、オカダ・カズチカ。

人気の内藤哲也か?王者のプライドか?勢いの内藤哲也がIWGP奪取なるか・・

内藤哲也
画像出典元 スポーツナビ オカダ・カズチカVS内藤哲也決戦間近

2017年の福岡決戦では・・・試合後、オカダがベルトを持ってエプロンに。しかし、内藤は距離を取ってマイクを要求。そして、「ブエナスノ~チェ~ス、、フクオカ~! 福岡のお客さま、IWGPヘビー級選手権試合、チャンピオンにふさわしいのはオカダ・カズチカか、内藤哲也か。みなさま、どちらだと思いますか? (場内の反応を聞いて)オカダ、聞こえたか? オカダ、聞こえたかよ。福岡のお客さまの期待どおり、東京ドームで楽にしてやるぜ。つまり、2018年1月4日、東京ドーム大会まで、トランキーロ! あっ……」と叫ぼうとするが、オカダが背後から急襲。

オカダ・カズチカのジェラシーが爆発した瞬間であった。
オカダ・カズチカの行動を見ていると、王者と挑戦者の逆パターンだ
ケニーオメガとの年間ベストバウトは獲得したが、MVPは内藤哲也。

この焦りからのオカダ・カズチカ行動とも見られるが、実力的には内藤哲也は、オカダ・カズチカを超えたのか?

内藤哲也のカリスマ性

内藤哲也とオカダ・カズチカの現在置かれている状況は?

内藤哲也が人を引き付けるカリスマ性がある事は感じる。
プロレスは、強さも必要だが、人を引き付ける魅力が重要。

プロセスも大事な要素になる・・
ベビーフェイスからヒールに転向した内藤哲也。
会社に噛みつき、ファンにも噛みつきあらゆる手段を用いて変化した。

そして反則行為お構いなしでIWGPヘビー級王者となった。
俺だけが見える景色華麗なるモデルチェンジ内藤哲也新日本プロレス制圧

内藤哲也IWGP奪取
画像出典元スポーツナビ

カリスマ内藤哲也誕生

内藤哲也がカリスマに変わる
反則行為でIWGPヘビー級王者となるも、内藤哲也がとった行動はIWGPヘビー級王座への敬意。

「INVASION ATTACK 2016」東京・両国国技館大会では、6大タイトルマッチなどが行われ、超満員札止めとなる9078人を動員した。
メインイベントのIWGPヘビー級選手権試合では、「NEW JAPAN CUP」覇者の内藤哲也が王者オカダ・カズチカを破り王座初戴冠。実質4対1の状況でのダーティーな勝ち方であった

SANADAの乱入でIWGPヘビー級王者となった内藤哲也。
それだけオカダ・カズチカは強かった。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの成功の為には何が何でもIWGPヘビー級のベルトが必要だった。
あれだけ遠かった、IWGPヘビー級のベルトが内藤哲也の元にやって来た。

嬉しい素振りは見せない内藤哲也が印象的。
そこから内藤哲也は圧倒的な、発信力、発言行動に注目を浴びる。
しかし内藤哲也は、その後試合で反則行為を行う事をやめた。

IWGPヘビー級に誇りを持つ内藤哲也の行動。
結果防衛戦でオカダ・カズチカに敗戦。
だがロスインゴベルナブレス・デ・ハポンは成功の道へ。
nWo JAPANを超えるユニットへ育っていく。

制御不能内藤哲也のスピードは変わらず進む事になる。
内藤哲也が苦言 ベルト乱立とIWGPヘビー級の価値。

あわせて読みたい記事