最強王座オカダカズチカ出陣

オカダカズチカVS内藤哲也の決戦が始まる

2017年プロレス界の話題を独占した内藤哲也との戦いになる、オカダカズチカ

名実とも王座防衛か・・

 

勢いの内藤哲也がIWGP奪取なるか・・

内藤哲也
画像出典元 スポーツナビ オカダ・カズチカVS内藤哲也決戦間近

 

2017年の福岡決戦では・・・

試合後、オカダがベルトを持ってエプロンに。しかし、内藤は距離を取ってマイクを要求。そして、「ブエナスノ~チェ~ス、、フクオカ~! 福岡のお客さま、IWGPヘビー級選手権試合、チャンピオンにふさわしいのはオカダ・カズチカか、内藤哲也か。みなさま、どちらだと思いますか? (場内の反応を聞いて)オカダ、聞こえたか? オカダ、聞こえたかよ。福岡のお客さまの期待どおり、東京ドームで楽にしてやるぜ。つまり、2018年1月4日、東京ドーム大会まで、トランキーロ! あっ……」と叫ぼうとするが、オカダが背後から急襲。

 

オカダの行動を見ていると、王者と挑戦者の逆パターンだ

ケニーオメガとの年間ベストバウトは獲得したが、MVPは内藤に栄冠があがった。

 

この焦りからの行動とも見られるが、戦えばオカダに分がある
オカダの力を持ってすれば

焦ることはないはず。

 

内藤哲也のカリスマ性

内藤とオカダカズチカの現在の違いは

人を引き付けるカリスマ性がある事は感じる

プロレスは、強さも必要だが、人を引き付ける魅力

プロセスも大事な要素になる・・

ベビーフェイスからヒールに転向した内藤は

会社に噛みつき、ファンにも噛みつき

あらゆる手段を用いて

オカダカズチカからIWGPヘビー級王座をもぎ取った

 

 

 

 

内藤哲也IWGP奪取
画像出典元スポーツナビ

しかし勝ち方は反則まがいの獲得

Sponsored Link




真田乱入も観客は大歓声で新王者を支持

「INVASION ATTACK 2016」東京・両国国技館大会では、6大タイトルマッチなどが行われ、超満員札止めとなる9078人を動員した。

メインイベントのIWGPヘビー級選手権試合では、「NEW JAPAN CUP」覇者の内藤哲也が王者オカダ・カズチカを破り王座初戴冠。実質4対1の状況でのダーティーな勝ち方であった

 

このような、乱入ダーティな試合で勝ったにも関わらず

ファンは内藤を指示した。

 

この背景にはオカダの強さマンネリ化も1つの要素ではないかと感じる

昔のプロレスファンは、内部抗争も見ながら

他団体の誰と誰が戦ったら、どんな試合になるのかと夢を膨らませる事が多かった

 

ジャイアント馬場VSアントニオ猪木

ジャンボ鶴田VS前田明

ジャンボ鶴田VS藤波辰爾

天龍源一郎VS前田明

などあげたら切りがない程満載であった

団体が数多くある中で、強者が数多くいた

今は、新日本プロレスの1団体勝で

多くの団体はあるが、人気強さとも1強いと言える

オカダカズチカの天下である

 

 

オカダカズチカの牙城は高く、勝てる選手が見つからないのも事実

オカダカズチカがかなり高いレベルにあるのは間違いないが

中邑真輔のWWEに移籍

棚橋弘至のIWGPコンチネンタル王者のIWGP戦線離脱も理由ではないか

 

Sponsored Link



2016年内藤哲也決戦を振り返る

2017年はオカダと内藤のシングル戦は実現していない

G1でも実現していないまま、2018年ドーム決戦になる

 

 

ヒール転向、IWGP奪取してわずかの期間で王座から陥落した内藤哲也

王座を取り戻したオカダ・カズチカ

 

オカダカズチカIWGP王座
画像出典元 スポーツナビ

この時の戦いをこう振り返るオカダ

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを結成以来、“制御不能”な言動で新日本マットをかき回し続ける内藤に、大阪のファンはブーイングと歓声で迎え入れる。LIJのセコンド3人を引き連れて入場した内藤だが、会場の「帰れ」コールとオカダのアピールに、素直に3人を退場させ、1対1での戦いに応じる。

 

王座に挑戦した試合とは真逆の行動に出た

このまま戦えば、内藤人気に火を付ける事はなかった

バレットクラブのような試合展開で、王座を取った内藤は

バレットクラブの2番煎じのまま終わっただろう

オカダは強い乱入などダーティな試合でしか
オカダからベルトは取れないと

そうファンは感じたままに終わったに違いない

 

しかし、内藤哲也は真っ向勝負の試合を展開した。

 

20分を超え、互いに疲労のピークに達する中、互いに笑顔を見せながらエルボーを打ち合うが、オカダがヒザから崩れ落ちた直後に、意地のドロップキック3連発。ツームストンとデスティーノの応酬から、オカダのレインメーカーがついに炸裂するが勝負は決まらず

 

あせったよと真っ向勝負の内藤に敬意

 

レインメーカー3連発で内藤を撃破したオカダカズチカ

この勝負で、覇権はオカダカズチカにもどる予定だった

しかし、まだカリスマ性が不完全だった内藤がここから進化を見せて行く

オカダカズチカに予想できただろうか?

IWGPコンチネンタルを奪取した内藤哲也

ベルトを投げつけ、ベルトを蹴りボロボロにして

 

話題を独占していった

ある意味、中邑真輔が試合で価値を上げっていったベルトだが

内藤は、別の方向で注目され

多くのファンが、内藤の行動に注目していった

 

一方オカダカズチカは、レベルの高い防衛を繰り返し

オカダ最強の地固めをしていく

制御不能と言われる内藤

棚橋弘至にIWGPコンチネンタル王座を奪われた内藤

 

ここで内藤のパフォーマンスも終了と思わせたその後

なんとG1クライマックスで優勝してしまう

実力でもファンを認めさせた。

 

そうなると、ファンは内藤を認めざる得ない状態

2連敗中の石井智弘にもリベンジを果たし

2018年の東京ドーム決戦にたどり着いた

内藤は、2014年IWGP挑戦したがファン投票の結果

IWGPコンチネンタルの戦い

 

中邑真輔VS棚橋弘至の試合がメインに選ばれている

この不遇を乗り越えて夢の舞台に立つ、内藤哲也を迎え撃つオカダカズチカ

オカダが勝てば最強王座の証明

内藤が勝てば内藤の革命が完成する

「僕はIWGP(ヘビー級)がほしいわけではない。ドームのメインに立ってみたい、それにはIWGPに絡まないといけない。だから挑戦するわけで。一番の目的はベルトではなくドームのメインですね」。

どちらが勝っても負けても今後の展開が期待できる一戦となった。

Sponsored Link


関連お勧め記事