プロレスの時間無制限で完全決着

新日本プロレスのオカダ・カズチカVSケニー・オメガが時間無制限3本勝負となった。
IWGPヘビー級選手権V12を達成棚橋弘至を撃破IWGPヘビー級王座連続防衛を達成したオカダ・カズチカ。

防衛回数の中に、ケニー・オメガとの引き分けがある事を納得しないオカダ・カズチカがケニー・オメガをリングに呼び込み決着戦を要求した。

時間無制限で勝負を決めようと提案した。
ケニー・オメガは、カズチカもっと面白い試合をしようと逆に提案。時間無制限、3本勝負を提案。
これを面白いと快諾した、オカダ・カズチカ これによってIWGPヘビー級選手権が史上初の、時間無制限3本勝負となった。
プロレスの3本勝負は、ジャイアント馬場やアントニオ猪木時代に行われていた手法だが、その中には反則で1本などが多く時間無制限となれば、ましてやオカダ・カズチカとケニー・オメガの試合となれば死闘は免れない。
命を削る試合となる。

IWGPヘビー級選手権時間無制限3本勝負。

IWGPヘビー級選手権の3本勝負はどのような試合展開になるか予想が全くつかない。
オカダ・カズチカVSケニー・オメガはIWGPヘビー級選手権で幾度となく戦っているが
稀にみる激戦で、オカダ・カズチカもケニー・オメガも体を酷使した試合を行っている。

オカダ・カズチカ、ケニー・オメガ両雄とも、どのような試合展開に持ち込むのか
ファンもどのような試合内容になるのか、予想が付かない面白さがある。

スタミナ重視か、最初からトップスピードでいくのか
両雄とも、スピード、パワー、スタミナで新日本プロレス1.2を争う強者である。
歴史的な試合になるか、まれにみる凡戦になるか予想はつかない。

オカダ・カズチカVSケニー・オメガが、IWGPヘビー級選手権無制限3本勝負を打ち出した。
このあたりの風潮として、オカダ・カズチカがIWGPヘビー級連続防衛に飽き飽きしていたファンはケニー・オメガ寄りの方向。
オカダ・カズチカ支持よりケニー・オメガ支持が多かった。
結果オカダ・カズチカはベルトを失うが、史上まれにみる激戦となった。

IWGPヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカ VS ケニーオメガ 時間無制限3本勝負結果は?

あわせて読みたい記事