内藤哲也、愛弟子高橋ヒロムと対戦実現か?

内藤哲也VS高橋ヒロム
画像出典元
NJPW

IWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠王者となった内藤哲也

IWGPジュニアヘビー級のベルトを奪い返した高橋ヒロム

 

内藤哲也は、ジェイ・ホワイト、オカダ・カズチカを撃破悲願の2冠達成を果たした

2019年年初から2冠を目指すと発信

 

しかし戦績は振るわず、NJCやG1クライマックス29も制覇に至らず

IWGPヘビー級は遠かった。

保持してインターコンチネンタルのベルトも、ジェイ・ホワイトに奪われ

とうとう無冠まで落ちこんだ。

 

しかしG1クライマックス29で優勝した飯伏幸太が再び2冠に火をつけ

それにジェイ・ホワイトも乗っかて来た

 

オカダ・カズチカもそこに折れるように2冠戦は実現を帯びてきた

IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ、G1クライマックス29覇者飯伏幸太

インターコンチネンタル王者ジェイ・ホワイト

 

無冠の内藤哲也は、ギリギリジェイ・ホワイトのインターコンチネンタル挑戦で生き残った

しかし結果は無冠の内藤哲也が勝者となる

その内藤哲也が奇跡的に首の負傷から復帰

最強のウィル・オスプレイから勝利

IWGPジュニアヘビー級王者となった愛弟子高橋ヒロムとの対戦を試算

 

2019年IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカとIWGPジュニアヘビー級ウィル・オスプレイの対戦を引き合いに、愛弟子高橋ヒロムとの対戦を口にした。

悲願2度目のIWGPヘビー級王者&インターコンチネンタル2冠達成の快挙

衝撃の展開KENTAがバレット・クラブ入り柴田勝頼を裏切る



内藤哲也引退の危機だった

2019年EVIL&SANADAの飛躍は目立ったが内藤哲也の失速は否めなかった

内藤哲也は、体調不良その原因が右目

 

判明したのは9月に受けた大学病院での検査。「右目上斜筋麻痺」と診断された。目を内下方に引っ張る筋肉(上斜筋)の動きの悪化により複視(物が二重に見える)を起こすもので、外傷ダメージの蓄積で発症する可能性などが考えられるという。ともあれ選手生命の危機には変わりない。「両目下直筋下斜筋麻痺」が回復せず引退したミラノコレクションA.T.(43)のような身近な先輩もおり「目がダメになると引退はあり得るんだという意識はあって正直、焦りはすっごいありました」。

ワールドタッグリーグ中に手術、そしてレッスルキングダムで2冠を達成

2019年体調不良を乗り切った内藤哲也

2020年遺恨が出来たKENTA戦をクリアして愛弟子高橋ヒロムとの夢の対決実現は?

 

お互い引退の危機を乗り超えて夢の対決実現へ・・

KENTAとの防衛戦が控える内藤哲也

 

内藤哲也はKENTAの戦いは善の内藤哲也VS悪のKENTA

新日本プロレスニュージャパンカップ不参加のヒールKENTAにKENTAロス

 

 

一方愛弟子高橋ヒロムは?

首の骨折から奇跡的な復活を遂げた高橋ヒロム

最強のジュニアヘビー級戦士ウィル・オスプレイからIWGPジュニアヘビー級を奪還

 

夢である、ジュニアヘビー級でIWGPヘビー級に挑戦する夢にひた走る事になる。

高橋ヒロムが復帰してからのロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの勢いは凄まじい

 

内藤哲也がIWGPヘビー級&インターコンチネンタル

EVIL&鷹木信吾&BUSHIが、NEVER無差別級6人タッグ

 

そして鷹木信吾の後藤洋央紀の保持するNEVER無差別シングル挑戦

高橋ヒロムのIWGPジュニアヘビー級と多くのベルトを保持するロスインゴベルナブレス・デ・ハポン

 

内藤哲也から対戦の言葉を聞くと興奮する高橋ヒロム

2018年の「旗揚げ記念日」大会では当時のIWGPヘビー王者オカダ・カズチカと同ジュニア王者ウィル・オスプレイが対戦。それまでも同大会ではヘビー級王者VSジュニア王者のドリームカードが組まれてきた。今年は3月3日に東京・大田区総合体育館で開催される同大会で、2人とも王者のままなら内藤とヒロムの初対決が実現する可能性も十分ある。

高橋ヒロムもロスインゴベルナブレス・デ・ハポンに加入したのは

内藤哲也やEVILと対戦したいそれが理由ときっぱり言い切った

 

夢の対決実現なるか?

 

夢の対決実現には、内藤哲也はKENTAとの防衛戦

高橋ヒロムは運命の相手ドラゴン・リーと防衛戦が控える。

 

高橋ヒロム防衛戦の結果

宿敵ドラゴン・リーとの対戦は激しい激闘であった。

内藤哲也VS高橋ヒロムと夢の対決実現、高橋ヒロムはの狙いはプロレス大賞MVP

首の骨折の原因となったドラゴン・リーと戦い

 

内藤哲也2冠防衛KENTAを撃破

内藤哲也IWGPヘビー級&インターコンチネンタル防衛

オカダ・カズチカVS内藤哲也決戦間近

内藤哲也は試合後KENTAを評価した、新日本プロレスの選手は危機感を持った方がいいとKENTAを絶賛した。

 




内藤哲也VS高橋ヒロム対戦決定

 

お互いに防衛を果たした内藤哲也と高橋ヒロム旗上げ記念興行での対戦が決定した。

 

旗揚げ記念大会で恒例のIWGPヘビー級王者vs IWGPジュニアヘビー級王者のスペシャルシングルマッチが決定。

IWGPヘビー級王者内藤哲也、IWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロム対決が決定

内藤哲也の愛弟子高橋ヒロム

 

高橋広夢時代、内藤哲也がマンツーマンで指導

落ちこぼれであった高橋ヒロムをここまで育てた。

 

高橋ヒロムも内藤哲也が見捨てなかったから今の自分がいるとコメント

奇想天外な高橋ヒロムを世に送り出したのは内藤哲也という事である。

リング上で彼も言ってましたが、練習生時代の高橋広夢をマンツーマンで練習をみてたのはボクですからね。ハッキリ言ってボクがいなければ、新日本プロレスに高橋ヒロムっていうレスラーは存在してないと思いますよ(ニヤリ)。それぐらい練習生時代の高橋広夢はハッキリ言って落ちぶれてましたね。まぁ、その選手がデビューし、いまや日に日に存在感を増すと。素晴らしいですね。

高橋ヒロムIWGPジュニアヘビー級防衛戦因縁のドラゴン・リーと対戦

内藤哲也VS高橋ヒロムと夢の対決実現、高橋ヒロムはの狙いはプロレス大賞MVP

 

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン結成前に高橋ヒロムとした約束

海外に旅立つ高橋ヒロムに内藤哲也は、帰ってきたら俺とシングルマッチをやろうと約束。

 

その時の内藤哲也は、現状を打破できずにもがき苦しんでいた。

棚橋弘至時代にストップをかけるべく、新日本プロレスのトップに立つべく・・

 

高橋ヒロムにエールを送るとともに、自分にもプレッシャーをかけたという

オカダ・カズチカの出現で大きく新日本プロレスは動き出す。

 

内藤哲也も中邑真輔の退団を機にロスインゴベルナブレス・デ・ハポン結成した。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン結成からIWGPヘビー級王座獲得

オカダ・カズチカVS内藤哲也決戦間近

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン結成、あれ程遠かったIWGPヘビー級のベルトは内藤哲也

の元へやってきた。

いまや新日本プロレスのトップとなった内藤哲也

 

内藤哲也は今やらないと、2年後3年後はないと言い切る

おたがいチャンピオン同士ですし、ここまでの期待感っていうのを一年前や二年前じゃ生み出せなかったかもしれないので。
いや、三年後、四年後、もっと期待感を生み出せるかもしれない。でも、その未来への保障はないですからね。やっぱ、いま現在の高橋ヒロムを感じたいですね。そういう意味では、ベストなタイミングかもしれないですね。



IWGPヘビー級のベルトはかけるのか?

注目はIWGPヘビー級のベルトをかけた戦いになるのかだが・・

内藤哲也はこうコメント

高橋ヒロムが2本のベルトを欲しいと言うなら、タイトルマッチでもいいとコメント

 

高橋ヒロムは会見場に現れ、もし内藤哲也に勝利した場合はドームメインでのIWGPヘビー級挑戦の権利書が欲しいとうそぶいた。

 

これが現実となる可能性は薄いが、高橋ヒロムの夢にジュニアヘビー級のままIWGPヘビー級王者にドームメインで挑戦

そんな高橋ヒロムの夢を口にした一幕でもあった。

内藤哲也はこの高橋ヒロムの言葉に・

「内藤に勝ったら次のビッグマッチでタイトルに挑戦させろ」とかそれぐらいの大きい勝利にはなるでしょうね、彼がボクに勝ったら。

高橋ヒロムの狙いは、プロレス大賞MVP

高橋ヒロムは、大胆にもプロレス大賞MVPを狙う

年末に表彰されるプロレス大賞

 

近年ヘビー級戦士ばかり受賞されるプロレス大賞MVP

2019年オカダ・カズチカ

2018年棚橋弘至

2016年、2017年内藤哲也

 

ジュニアヘビー級戦士がMVPになったのは?

1982年初代タイガー・マスク依頼実に38年ジュニアヘビー級戦士が受賞した事はない。

あの獣神サンダー・ライガーすら受賞歴はない。

 

高橋ヒロムは、内藤哲也に勝利したらその可能性も見えてくると言う。

内藤哲也は、高橋ヒロムが勝利したらベルトを高橋ヒロムに渡すつもりとも口にした。

 

ノンタイトルでの試合にはなるが、高橋ヒロムはこう言う

口約束で終わらせないでもらいたいですね」と完璧に真に受けると「3冠を取ったらMVPも確実でしょう。俺は常に狙ってますんで」と言い切った。

内藤哲也に勝利する事でMVPも見えてくる。

無観客トークイベント

内藤哲也VS高橋ヒロムの対決は無観客トークイベントに変更となった

新型コロナウィルスが蔓延する中、プロレスイベントに影響がでた形となった。

あわせて読みたい記事