ベッキー・リンチ アスカへのコンプレックス

因縁の2人が対決
ロウ「RAW」女子王者ベッキー・リンチVSWWE女子タッグ王者アスカ
前哨戦から、ベッキー・リンチを圧倒してきたアスカ。

アスカ、大阪弁でバーカバーカを連発、お前は俺には勝たれへんのや・・
毒霧で何度も苦汁をなめさせられた王者ベッキー・リンチ

SD&RWA2冠王者となったベッキー・リンチだがアスカには苦手意識がある。
ベッキーリンチは、アスカに対してこうコメント
確実にアスカに対してコンプレックスが存在する。

ザ・マン対アスカの大一番にすべきなんじゃないの。あたしを倒したアスカに必ずリベンジしてやるよ」と堂々たる態度で宣戦布告した。

このリベンジは、2019年のロイヤルランブルの敗戦の事であろう。
当時SD女子王者「スマックダウン」のアスカにベッキー・リンチが挑戦。

アスカは、シャーロット・フレアとベキー・リンチとSD女子のベルトを3WAYマッチで争い
に敗戦した。

速報WWEアスカ、スマックダウン女子王座獲得

改めて、シングルで挑んだ、アスカ戦でも敗戦。

2019年のロイヤルランブルの敗戦

WWEロイヤル・ランブル女帝アスカVSベッキー・リンチ結果。

しかしベッキーリンチは、その日の女子ロイヤルランブル戦(オーバー・ザ・トップ・ルール)に出場
優勝から、SD&RAW2冠王者となった。

WWEベッキー・リンチ
画像出典元
(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

まさに快挙を達成したザ・マンベッキー・リンチ※その後SD王者は失う

アスカとの接点は遠くなる。
リベンジの機会を失ったベッキー・リンチ。
アスカはSDへ昇格したカイリ・セインとタッグを結新設されたWWE女子タッグ獲得のために動く。

アスカとカイリ・セインは圧倒的な強さでタッグ王者を獲得

※カブキ・ウォリアーズとなったアスカ&カイリ・セイン

カブキ・ウォリアーズ
画像出典元
(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ベッキー・リンチとアスカは両者とも2019年ロウ所属となった。
再びアスカとベッキー・リンチは交わう事になる。

なんとアスカ&カイリ・セインのカブキ・ウォリアーズが保持する
WWE女子タッグのベルトにベッキー・リンチと女王様シャーロット・フレアが組んで挑戦してきた
カブキ・ウォリアーズは見事な連携でベルトを死守。

これを機にカブキ・ウォリアーズとなったアスカは毒霧を使い始めた
ミスト攻撃である。

世界で活躍した日本人レスラーザ・グレート・カブキ
ザ・グレートムタが使っていたミスト攻撃「毒霧噴射」

奥の手を手に入れたアスカは最強となった。
遺恨が出来た2人のシングルマッチは必然であった。

ベッキー・リンチは前哨戦で何度もミスト「毒霧噴射」攻撃を受けてしまう。

WWEアスカミスト攻撃
画像出典元
(C)-2020-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.

前哨戦は度重なる毒霧噴射でアスカが圧倒。先週のロウ大会では、相棒のカイリ・セイン(31=宝城カイリ)がシングル戦で敗れると、アスカロックからのバズソーキックで王者を完全KOしてしまった。

コンプレックスはマックスになったザ・マンベッキー・リンチ

WWE2020ロイヤルランブルアスカVSベッキーリンチ

前哨戦で苦渋をなめさせられたベッキー・リンチ
ベッキー・リンチもアスカ対策をしてくるに違いない
アスカは2冠を確信した戦い。

相性の良い?ベッキー・リンチを追い込む
勝敗はアスカのアスカロックとベッキー・リンチのディスアーマー。

ダブルダウンした2人アスカはミスト攻撃のチャンスが来た
起き上がった両者アスカはミスト攻撃を狙う
しかしベッキー・リンチは、スピンキックで回避して見せた。

ダウンしたアスカに必殺のディスアーマーを決めアスカからタップを奪った。
昨年のリベンジを果たしアスカに勝利したベッキー・リンチだが圧倒的な勝利ではなく
安堵感の表情が見えた

アスカは2冠王者とならなかったが
2020年アスカとベッキー・リンチの戦いは続くと予想される。

ベッキー・リンチVSアスカわずか2週間後に再戦決定

ベッキー・リンチVSアスカの再戦がわずか2週間後に決定した。
RAW女子王者のベッキー・リンチがアスカを下したロイヤルランブル
ロイヤルランブルからわずか2週間10日のRAW(ロウ)大会で再戦が決定した。

実力者ナタリアと対戦したアスカは、苦戦しながらもナタリアをアスカロックで仕留めた。
アスカは、ベッキーとリング上から叫び

まだ勝負は終わってへんぞといつもの関西弁でまくし立てた。
ここでリングにすぐさま登場したベッキー・リンチ

睨みあいを展開、ベッキー・リンチはから意外な言葉が飛び出した。
アスカを倒して特別な力を手に入れた・・・・

「あたしはRRでアスカを倒して特別な力を手に入れた。誰にも持つことのできない力だよ。もう一度、あんたを倒すことで、その力は本当にあたしのものになる。アスカ、もう一回戦おう」とリマッチを承諾

ベッキー・リンチにとってアスカは特別な存在

もう一度アスカを倒してアスカの特別な力を本物にすると宣言したベッキー・リンチ
再びアスカがベッキー・リンチのベルトを奪いに行く。

アスカRAW王座獲得ならずベッキー・リンチに連敗

ロイヤルランブルからわずか2週間で再戦となったベッキー・リンチとアスカ
アスカに拘るベッキー・リンチ。

アスカを倒してこそ真の王者と言わんばかり
アスカにとっては好都合である。

WWEタッグ王者とRAW2冠王者へアスカは再びチャンスを掴んだ。
いつものように相棒カイリ・セインを従え入場するアスカ

カイリ・セインがベッキー・リンチを挑発してる隙にベッキー・リンチを攻撃するアスカ
しかし・・試合は・・思わぬ展開に。

ベッキーがロープ越しのディスアーマー(腕固め)で反撃すると、アスカは逆に豪快なスーパープレックス、アームバーからの三角絞めで攻め込み「RR」以上の白熱戦となった。しかし最後はベッキーが鮮やかな裏投げを決めて3カウント。アスカは2連敗で2冠王はまたもや夢と終わった。

試合に勝利したベッキー・リンチだったが、そこに思わぬ刺客が前NXT女子王者のシエイナー・ベイズラーがベッキー・リンチを襲った。

担架で運ばれたベッキー・リンチ
怒りMAXのベッキー・リンチいきなりシエイナー・ベイズラーとの遺恨が発生。

アスカVSベッキ・リンチ・バカバカバーカ!圧倒的なパフォーマンス