大阪城ホール大会でKENTAとタイトルマッチ

東京ドーム大会で2冠王者となったロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也。
IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者

その2冠をかけてBULLET CLUB KENTAと戦う
KENTAが内藤哲也の発信力を超える勢いで、パフォーマンス。
内藤哲也の発信力はもう承知の通り。

KENTAも吹っ切れたように新日本プロレス所属のレスラーを小馬鹿にしたような
発言を繰り返す。
会場に来たファンも挑発、SNSのコメントもところ構わず噛みつく。

KENTAの行動はある意味注目を集める結果となった
反感を覚悟で乗り込んだドームメインの内藤哲也襲撃
覚悟がないと出来ない。

結果内藤哲也の2冠のベルトに挑戦する事になった。
内藤哲也は、KENTAの実力を疑問視する。
遊んでやるよとコメント。

KENTAの覚悟

KENTAも内藤哲也を鉄也と呼び。
内藤哲也の過去の発言を揶揄する。

鉄矢(哲也)について考えたんだよ。なんでアイツがあれだけ支持者を得ているか? 顔がいいわけでもない、髪型ヘン。なのに! あれだけの人気を誇っている理由。なんだかわかる? 教えてやるよ。アイツの言葉だよ? アイツが発する言葉の力。それにアイツら引き寄せられてるんだよ。俺はそれに気づいたよ。コレ知ってるかな、アイツが言った言葉の中で……。『一歩踏み出す勇気』。知ってる? フッ。最高におもしれー言葉だなと思って(苦笑)。ずっと、新日本っていう大きな会社に守られているアイツが、『一歩踏み出す勇気』? めちゃくちゃおもしれーじゃん? それにファンが『内藤さん! 勇気もらいました! 一歩踏み出す勇気が出ました!』。……いやっ、そんなキレイごとで渡っていけるほど世の中甘くねーから。

内藤哲也の明言を揶揄したKENTAは自分で這い上がるしかないんだよと
問題は結果だと、それはまさにその通りとも言える。

「今年の主役は俺だ」とKENTAは言った。

内藤哲也とKENTA
画像出典元
NJPW

内藤哲也はKENTAをこう語る
IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠をかけて戦う事に不満を漏らす。

ドームで後藤洋央紀に敗戦NEVER無差別級のベルトを奪われたKENTAに挑戦の疑問を感じる。
しかし新日本プロレスに任せますと言った事を後悔・・しながら文句は言わないとコメント
WWEで世界を経験したKENTAがどんな実力があるのか?

興味を示した、さらにSNSやバックステージでのコメントも素晴らしい?とKENTAを認めた。
どこまでが駆け引きなのか疑問は残るが、大阪決戦まで最高潮に持っていく

善の内藤哲也と悪のKENTAと言う図式だがKENTAが2冠王者となった時
新日本プロレスに激震が走る可能性もある。

KENTAは何故新日本プロレスに来たのか?

あわせて読みたい記事