ガントレットマッチからの遺恨

新日本プロレス1.5と言えば、内藤哲也がIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠王者になった日である

その日におこなわれたNEVER無差別級6人タッグマッチでの出来事

 

ガントレットマッチが行われた。

ガントレマッチとは?

※ガントレットマッチとは?
2チームで通常の6人タッグマッチを行い、勝ったチームが次のチームと対戦する形式。勝ち残ったチームを勝者とする。試合は各60分1本勝負。出場チームの順番はテーマ曲によって発表とする。(全5チーム参加)。

 

 

チャンピオンチーム石井智弘&YOSHI-HASHI&ロビー・イーグルス

チャンピオンチームに勝った石井智弘チームがEVIL組と対戦

 

ここで遺恨ができたEVILと石井智弘

1.〇石井(3分40秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)チェーズ●
2.〇イーグルス(3分54秒 サムソンクラッチ)金丸●
3.〇EVIL(5分52秒 ダークネスフォールズ→エビ固め)石井●
4.〇鷹木(6分08秒 MADE IN JAPAN→片エビ固め)田口●

負けた石井智弘はEVILに突っ込むも、さらにEVILでKOされた。

石井智弘に勝ったことを主張するEVIL
こんなんで勝ったと思うなよと応戦する石井智弘

 

石井智弘は現在EVILにシングル3連勝中である

ここで勝ったと言わせるのは腑に落ちない。

 

石井智弘は止めとばかりに北海きたえーるでシングルで決着をつけるつもりだ。

 

 




石井智弘 VS EVIL札幌決戦結果はEVILのシングル4連敗

 

内藤哲也とKENTAが注目を集める中

レッスルキングダムのNEVER無差別6人タッグでこんな副産物が発生していた。

新日本プロレス北海きたえーる
画像出典元
NJPW
北海きたえーる

ガントレットマッチからの遺恨が出来た石井智弘とEVILこの2人が戦って面白くならないわけではない

 

石井智弘にシングル連敗中のEVILここは、石井智弘を倒してさらなるステップを図りたい

しかし、100戦錬磨の石井智弘、ケニー・オメガやオカダ・カズチカ、内藤哲也などを

撃破してきた実力者一筋縄で倒せる相手ではない。

 

石井智弘オカダ・カズチカ撃破・・・

NEW JAPAN CUP 2020準決勝オカダ・カズチカ、高橋ヒロム、SANADA、EVIL登場

 

ここで石井智弘に勝っておきたいEVILだが・・

石井智弘の必殺技垂直落下式ブレーンバスターで沈む

新日本プロレス北海きたえーる
画像出典元
NJPW
北海きたえーる
 EVILは雄叫びを上げ、もう一度EVILへ。これは石井がこらえ、技の読み合いからショートレンジラリアット。続いて両者はラリアットの相打ち、そして石井がヘッドバットを見舞う。
だが、EVILは気合を入れて突進。すると石井はカウンターのラリアットでダウンを奪い、フォールへ。しかし、EVILは気合で跳ね返す。
ならばと石井は垂直落下式ブレーンバスターを決め、ついに3カウントを奪取。石井が熱闘を制し、EVILからシングル4連勝を収めた。

石井智弘はなめるなとばかりに、これで止めか?
EVILに対して落ちるところまで落ちたか?

いやまだまだNEVER無差別級6人タッグでとどめを刺してやるとコメントした。

EVILにとっては大きな壁となった石井智弘

>ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンで鷹木信吾がNEVER無差別王者となった。
EVILもそろそろシングルのベルトが欲しい所

2020年EVILのシングル戦には注目である。


あわせて読みたい記事