ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン鷹木信吾NEVER無差別王座獲得

2018年ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンに加入した鷹木信吾

ジュニアヘビー級からヘビー級に転向

 

その存在感は次第に大きくなっている

内藤哲也が輝かせた、IWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠

 

しかしNEVER無差別はどうだ?と難癖をつけた。

 

 

KENTAからNEVER無差別級のベルト奪った後藤洋央紀も応戦

後藤洋央紀&石井智弘 VS EVIL&鷹木信吾

NEVER無差別王者後藤洋央紀に試合の権利関係なく戦う鷹木信吾と後藤洋央

後藤洋央紀は鷹木信吾にGTR、牛殺しを見舞うも

鷹木信吾は後藤洋央紀からピンフォールを奪って見せた。

 

NEVER無差別王者挑戦を迫る・・

鷹木は「IWGP、ICのベルトは内藤の力で最高に輝いている。NEVERは、なんてざまだ。俺が奪って価値を高めてやろうじゃねえか。タイトルかけてシングルだ。今日中に返事しろ! 答えは『イエス』か『ハイ』だ!」

後藤洋央紀も内藤哲也の2冠に標準を絞っており、NEVER無差別のベルトは3冠の近道となる

重要なベルトにもなる。

 

鷹木信吾はIWGPヘビー級のベルトを最高峰と認めながら、NEVER無差別のベルトをこう表現する

 

後藤は内藤の持つ2冠王座を標的に「3冠」の最短距離を狙っている。もちろん鷹木も最終的には業界の頂点を目指しているが「ナンバーワンがIWGPならNEVERはオンリーワンを目指せばいい」

NEVER無差別のベルトを勝ち取った後は完全無差別、他の団体の選手も視野にいれた戦いを・・

NEVER無差別のベルトを勝ち取り、新たな展開を試みる鷹木信吾と後藤洋央紀

北海きたえーるで対戦




鷹木信吾ラスト・オブ・ザ・ドラゴンで後藤洋央紀に勝利

北海きたえーる決戦は鷹木信吾のラスト・オブ・ザ・ドラゴンで鷹木信吾の勝利となった。

2019年G1クライマックスからの因縁となる2人は勝敗は1勝1敗の五分

鷹木がナックルを放ってくれば、後藤は頭突きで反撃。頭突きを連発して鷹木の動きを止めると裏GTR。そして正調のGTRでトドメの体勢へ。しかし、捕まりながらも抵抗する鷹木はこれを逃れると、なんと逆に後藤を抱え上げてMADE IN JAPANを炸裂させる。
後藤もこれはキックアウト。ならばと鷹木はトドメのラスト・オブ・ザ・ドラゴン。今度こそ後藤も返すことができず。鷹木が後藤から3カウントを奪い、NEVER王座の初戴冠を果たしたのだった。

鷹木信吾NEVER無差別王者となった。

後藤洋央紀は防衛失敗となった。

鷹木信吾NEVER無差別王者
画像出典元
NJPW

新王者となったロスインゴベルナブレス・デ・ハポン鷹木信吾

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンはIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者の内藤哲也の
NEVER無差別王者王者の鷹木信吾が誕生

 

鷹木信吾は、NEVER6人タッグ王座と合わせて2冠となる。



NEVER無差別王座はオンリーワン

ここからがスタートという鷹木信吾
統一は考えないと言う鷹木信吾

NEVER無差別王座をIWGPヘビー級王座と同等な価値に引き上げる
オンリーワンを目指すと言う鷹木信吾

NEVER2冠王者となった鷹木信吾次なる挑戦者はSHO?

リングサイドで見るSHOを意識したと言う鷹木信吾

アイツに見せつけたベルト奪取

SHOは鷹木信吾に挑戦するのか?

NEVER無差別王座防衛戦相手は男石井智弘

後藤洋央紀からNEVER無差別級のベルトを奪い

NEVER無差別王座のベルトを高める事を宣言した鷹木信吾

 

同門のロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也が保持するIWGPヘビー級王座をナンバーワンならNEVER無差別王座は、オンリーワンを目指すと宣言

 

鷹木信吾は、NEVER無差別シングルとNEVER無差別6人タッグの2冠

内藤哲也はIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠

なんとロスインゴベルナブレス・デ・ハポンには2冠王者が2人いる事になる。

 

今回の防衛戦の相手は、男石井智弘

昭和の雰囲気を持ったレスラー石井智弘

 

その泥臭くアグレッシブなレスリングスタイルは、見るものを圧倒させる

鷹木信吾と石井智弘が対戦して面白くならないわけはない。

ゴング直後、両者に向けた大コールで場内が二分される。そんななか、石井がロープ際で不意打ちに出るが、鷹木が素早く身をかわす。
続いてショルダータックル合戦となり、鷹木が競り勝つ。そして、エルボードロップ、セントーンなどで追い討ち。
さらに鷹木は追走式キチンシンクを見舞うが、石井が追走式タックルで逆転。そして、ローキック連打、ヘッドバット連打、逆水平チョップなどに繋ぐ。
しかし、鷹木が応戦し、今度は逆水平チョップ合戦が勃発

NEVER無差別級選手権試合
画像出典元
NJPW
NEVER無差別級王座選手権試合

試合はNEVER無差別級王座戦らしく、アグレッシブな戦い
石井智弘は過去NEVER無差別級王座に5回栄冠

 

NEVER無差別級の戦いを熟知している。

オカダ・カズチカやケニー・オメガを撃破した事もある実力者である。

石井智弘がオカダ・カズチカに勝利した試合

NEW JAPAN CUP 2020準決勝オカダ・カズチカ、高橋ヒロム、SANADA、EVIL登場

試合は紙一重石井智弘が、ラリアットで鷹木信吾を責める
立て続けに得意のヘッドバット

さらにラリアットで追い打ちをかけたところ、カウンターのヘッドバットで鷹木信吾が返すと
GTR、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンを決めて鷹木信吾の勝利

ジュニアヘビー級からヘビー級へ転向いち早くシングルの王座を勝ち取った鷹木信吾
次なる戦いは、NJC(ニュージャパン・カップ)初出場となる。


あわせて読みたい記事