中邑真輔ライバルAJスタイルズとの出会い

 

2014年新日本プロレス、オカダ・カズチカの試合に乱入した

AJスタイルズ

オカダ・カズチカの保持する、IWGPヘビー級王座に挑戦表明

それと同時に、バレットクラブに加入

 

プリンス・デビットに変わり、2代目リーダとなったAJスタイルズ

バレットクラブとは、新日本プロレスに既存するヒールユニット

 

リーダをプリンス・デビット、AJスタイルズ、ケニー・オメガと変化させながら

存続する

 

2020年現在のリーダーはジェイ・ホワイト

バレットクラブのリーダー=新日本プロレス外国人エースになる存在が多い

その2代目リーダを務めたAJスタイルズ

 

オカダ・カズチカのIWGPヘビー級王座に挑戦

IWGPヘビー級王座になると

 

棚橋弘至、AJスタイルズ、オカダ・カズチカの三つ巴闘争に展開

オカダ・カズチカがAJスタイルズとの対戦で大きく成長したと言っても過言ではない。

 

中邑真輔との接点というより、この頃の新日本プロレスでのAJスタイルズはオカダ・カズチカや棚橋弘至との戦いが色濃い

 

そのAJスタイルズと中邑真輔の壮絶な試合は新日本プロレスインターコンチネンタル王座かけた戦いで

中邑真輔とAJスタイルズ凄みが展開された。

 



新日本プロレスレッスルキングダムで中邑真輔とインターコンチネンタル戦

新日本プロレスのレッスルキングダムは、1月に開催される

新日本プロレス最大のイベントが東京ドームで開催される

 

メインはIWGPヘビー級王座戦

メインに続く試合は、インターコンチネンタル戦である、2016年インターコンチネンタル王者

中邑真輔にAJスタイルズが挑戦した。

 

初対決となった中邑真輔とAJスタイルズ

中邑真輔CHAOSVSAJスタイルズバレットクラブの対決であった

 

実力者の2人はスイングして見せた

中邑真輔の関節AJスタイルズのスタイルズクラッシュ

 

AJスタイルズが中邑真輔のボマイェを使う場面も

試合は、中邑真輔のボマイェがAJスタイルズをとらえ

 

中邑真輔の勝利となったが

今後の展開に期待を持たせる戦いであった

 

NEW JAPAN CUP 2020準決勝オカダ・カズチカ、高橋ヒロム、SANADA、EVIL登場

しかし試合後AJスタイルズは、四方の観客に頭を下げた
このヒールらしからぬ行動は、新日本プロレス退団の一礼と判明した。

 

中邑真輔との戦いはもはや不可能となった。

 




AJスタイルズと中邑真輔WWEへ

AJスタイルズの新日本プロレス退団、WWE入団が発表された

1月にWWE入団、9月にはジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)から

WWE王座を獲得頂点に立った。

 

同じく中邑真輔も新日本プロレス退団WWEへ移籍

しかし中邑真輔はWWE傘下のNXTからとなり

 

AJスタイルズとの再会には2年を要した

AJスタイルズと同じステージに立った中邑真輔は、ロックスターとして

 

AJスタイルズのWWE王座へ挑戦

名勝負を展開するも、中邑真輔の王座獲得はならなかった

 

しかし新日本プロレス同様WWEでも中邑真輔のAJスタイルズの戦いは

歓喜の渦に巻き込み、中邑真輔とAJスタイルズのライバル関係は健在であった。

 

中邑真輔黒のロックスターに変身

AJスタイルズの戦いで急所攻撃を行い

黒のロックスターに変身した中邑真輔

黒のロックスターに変身メジャーベルトを初栄冠となった。

中邑真輔WWEでメジャーベルト初栄冠

この黒のロックスターの変身後AJスタイルズとの戦いから次第に遠ざかり

中邑真輔は、WWEUSヘビー級王座、WWEインターコンチネンタル王者を獲得している

 

しかし現在WWEインターコンチネンタル王座のサミ・ゼインが王座を剥奪され

急遽新王者決定トーナメントが開催

 

そこに黒のロックスター中邑真輔はとAJスタイルズがエントリー

中邑真輔とAJスタイルズのライバル対決が実現する



 

中邑真輔敗戦AJスタイルズ勝ち上がる

インターコンチネンタルトーナメント1回戦は

レッスルマニアでも対戦した中邑真輔VSAJスタイルズ

 

好試合を単会するも、中邑真輔のキンシャサ・ニー・ストライクは不発に終わり

AJスタイルズのフェノメナール弾を決められまたしても

 

AJスタイルズに勝つ事が出来なかった。

 

新日本プロレスでの中邑真輔とAJスタイルズ最後の試合

ロックスター中邑真輔がAJに挑戦悲願達成成るか

 

あわせて読みたい記事