EVIL加入でリーダー争い?BULLET CLUB

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切り、BULLET CLUB入りを果たした。
キング・オブ・ダークネスEVIL。
現在はオカダ・カズチカもこの戦いを静観。

2冠、3冠と騒ぐEVILや内藤哲也。
興味がないと独自の路線を貫く事を宣言したオカダ・カズチカ。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン脱退のEVILに元盟友高橋ヒロムがシングルマッチ。
EVILの勝利に終わった。
内藤哲也がEVILと高橋ヒロムの戦いの後にリングに登場。
EVILからベルト奪還を宣言。EVILも返り討ちを内藤哲也言い放った。

EVILと内藤哲也のIWGPヘビー級&インターコンチネンタルタイトルマッチ。
8月29日明治神宮球場での戦いのメインとなりそうである。
1999年夏以来の開催となる新日本プロレス。

新型コロナウィルス感染拡大で、野外ステージを選択した事であろう。

新日本プロレス明治神宮野球場
画像出典元
NJPW

EVILとデック東郷の加入。BULLET CLUBが、飽和状態になったのも事実である。
このBULLET CLUBでの覇権争いも見ものである。

ジェイ・ホワイト、KENTA、バットラック・ファレ不在

ケニー・オメガが新日本プロレスを去ったその後
ジェイ・ホワイトが外道と共にBULLET CLUBへ参加。

IWGPヘビー級王者となり
BULLET CLUBリーダーへ就任。

KENTAが盟友柴田勝頼を裏切りBULLET CLUBへ。
オカダ・カズチカと内藤哲也のIWGPヘビー級&インターコンチネンタル初代2冠王者が決まるタイトルマッチ終了後
その余韻をぶち壊す乱入。一躍バレット・クラブKENTAが注目を集めた。史上最悪の乱入。

バットラック・ファレを含め、ジェイ・ホワイト、KENTAは渡航規制の為、いまだ新日本プロレスのリングには戻れずにいた。

今回のEVILのBULLET CLUB加入。ジェイ・ホワイトもKENTAも好意的なツイート。
BULLET CLUBへようこそとリツイートしている。

EVIL加入で強固なユニットとなったBULLET CLUB。
このBULLET CLUBが今後すんなり収まっていくのか?そこに注目が集まる。
古参のバットラック・ファレや個性豊なメンツが揃ったBULLET CLUB。

WWEを解雇された、元バレット・クラブアンダーソン&ギャローズも新日本プロレス参戦の噂もある。
アンダーソンはBULLET CLUBの初期メンバーの一人でもある。

現在WWEで活躍中のフィン・ベイラーが初代リーダーを務め
同じくWWEで活躍中のAJスタイルズ。
現在AEWで活躍、副社長となったケニー・オメガとリーダは受け継がれた。

ケニー・オメガがリーダはを務めたバレット・クラブ時代。リーダを巡りいざこざがあったが、ケニー・オメガは
BULLET CLUB ELITEとバットラック・ファレは、BULLET CLUB OGと分裂した過去もある。
事と次第では再びバットラック・ファレが造反する可能性も否めない。

様変わりしたBULLET CLUBで古参の高橋裕二郎は?

高橋裕二郎がオカダ・カズチカと対戦。
裕二郎はオカダ・カズチカを、自分の位置まで引きずり下ろすと宣言。
オカダ・カズチカは裕二郎に、俺の位置まで上がって来いと奮起を期待した。

高橋裕二郎は、元CHAOS。オカダ・カズチカとAJスタイルズのIWGPヘビー級選手権試合に乱入。
オカダ・カズチカを裏切った。
レスリングどんたく 2021 CHAOS VS BULLET CLUB 石井智弘と高橋裕二郎

同期デビューの高橋裕二郎に奮起を促した。
結果はオカダ・カズチカの変形コブラクラッチで敗戦。オカダ・カズチカは久しぶりに楽しかったと裕二郎にエールを送った。

高橋裕二郎
画像出典元NJPW

高橋裕二郎は、オカダ・カズチカ戦終了後。
オカダ・カズチカや飯伏幸太と同期デビュー組の高橋裕二郎。

CHAOS時代タッグを組んでいた内藤哲也。メキシコから共に凱旋帰国。
そのメンバー達。今では新日本プロレス中心選手となっている。

オカダ・カズチカは、これが今の実力。としながらもさらなる奮起を高橋裕二郎に促した。
高橋裕二郎もこのままでは終わらないと臨戦態勢。
BULLET CLUB裏方に徹してきた高橋裕二郎。オカダ・カズチカと再戦に動き出すと見られる。
高橋裕二郎の動きにも注目したい。



キング・オブ・ダークネスEVIL加入で大きくなったBULLET CLUB。BULLET CLUBのリーダーの覇権争いは起きるのか?
EVILとKENTAバレット・クラブ対決

G1クライマックスで高橋裕二郎反逆

G1クライマックスAブロック公式戦で、ジェイ・ホワイトと対戦した、高橋裕二郎
ジェイ・ホワイトはジャージで登場した。

高橋裕二郎は、ジェイ・ホワイトとは戦わず、勝利を自らに献上する?
ジェイ・ホワイトは疑わなかった。
リングに寝そべる、高橋裕二郎に覆いかぶさるジェイ・ホワイト。
ジェイ・ホワイトは2回自らカウントを外した。

3回目フォールをねらったジェイ・ホワイトだが、高橋裕二郎はキックアウト。
4回目キックアウトそして、ジェイ・ホワイトを丸め込む。

高橋裕二郎反逆?
現在のところ、EVILとジェイ・ホワイトの確執がある。
EVILが外道を使って、ジェイ・ホワイトを揺さぶる?
KENTAは、EVILの反則行為でG1クライマックスで黒星を喫した。

この事に、いろいろ思いはあるが、今はなにも言わないとしたKENTA。
G1クライマックス終了後。
BULLET CLUBは、大きな分裂を起こす可能性もある。

G1クライマックス決勝。EVILとジェイ・ホワイトの対決この可能性も。
G1クライマックス30終盤の見どころは満載である。
ジェイ・ホワイトが高橋裕二郎と対戦裕二郎反逆・・バレット・クラブ分裂の可能性は?

あわせて読みたい記事