KENTAがIWGP USヘビー級王座・挑戦権利証防衛

NEW JAPAN CUP 2020 in the USAで優勝したKENTA

準決勝で、KENTAから反則などの行為で敗戦したジェフ・コブが難くせを付け

権利書の防衛戦の相手に浮上した。

 

そうなるとなんの為のトーナメントだった?と言いたくなる

KENTAも主張したら、挑戦出来るのか?そう言ったが

KENTA自身も、内藤哲也とオカダ・カズチカの試合後乱入して

内藤哲也の保持するIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座挑戦をもぎ取った経緯も・・

 

内藤哲也を襲ったKENTAの行動の是非は1年後に結果が問われる

内藤哲也を襲ったKENTAの行動の是非は1年後に結果が問われる

日本では、EVILが無法ファイトでニュージャパンカップ2020を制覇、すんなり内藤哲也に挑戦した経緯もある

KENTAの言い分も分からないではない

しかし新日本プロレスは、KENTAとジェフ・コブの対戦を認め防衛戦が行われた。

 

最近のバレット・クラブは成りをひそめていた、乱入が繰り返されている

今回のKENTA VS ジェフ・コブの試合もすんなり終わるとは思えないそんな空気でもある。

 

リベンジに燃えるジェフ・コブであったが、KENTAの巧みな攻撃に苦戦

パワー殺法でKENTAを仕留めにかかるが、バレット・クラブ・チェーズ・オーエンが試合に介入する




こうなると圧倒的にKENTAが有利になる

アタッシュケースで殴打、go 2 sieep でジェフ・コブを仕留めて見せたKENTA

KENTAは、IWGP USヘビー級王座・挑戦権利証防衛となった。

 

あわせて読みたい記事