オカダ・カズチカIWGP世界ヘビー級王座決定戦敗戦

オカダ・カズチカが、IWGP世界ヘビー級王座決定戦で敗戦。

鷹木信悟に敗戦。鷹木信悟にはNEW JAPAN CUP 2021から2連敗となった。
6月7日大阪城ホールでオカダ・カズチカは鷹木信悟に敗戦。

DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL(6月7日)
鷹木信悟〇vsオカダ・カズチカ✖
(ラスト・オブ・ザ・ドラゴン)
ここからオカダ・カズチカのIWGPヘビーのベルト奪還の道を決めた。
IWGP世界ヘビー級王座と変わったIWGPのベルト。

オカダ・カズチカ

このIWGPの闘いで一番後ろになってしまいましたし、ま、僕は、できる闘いで新日本プロレスを盛り上げていきたいと思います」

オカダ・カズチカ再起ロード

オカダ・カズチカは、鷹木信悟に敗戦。
多くを語らず、IWGP世界ヘビー級王座挑戦の最後尾となった。

実績のあるオカダ・カズチカでさえ最後尾。
だがオカダ・カズチカが、再び新日本プロレスのトップ戦線へ返り咲かないといけない宿命である。
棚橋弘至からバトンを引き継いだのはオカダ・カズチカ。

2021年6月14日
オカダ・カズチカはYOH&SHOとタッグを結成
外道をマネークリップで仕留めるもノーコメント

オカダ・カズチカノーコメント
オカダ・カズチカ&YOH&SHO

翌日CHAOSで出陣したオカダ・カズチカ。
NEVER無差別6人タッグを控える、後藤洋央紀&石井智弘&YOSHI-HASHIと登場したオカダ・カズチカ。
試合に勝利するもノーコメント。

オカダ・カズチカvs辻陽太

オカダ・カズチカがKIZUNA ROAD 2021でヤングライオン辻陽太と対戦。
辻陽太に非情な攻めを見せたオカダ・カズチカ。
8分で辻陽太を仕留めると早々とリングを下りた

オカダ・カズチカは辻陽太厳しい言葉

いい運動にはなりましたよ。うん。たまたま辻のインタビューも見させてもらったけど、(自分は)いまの辻ぐらいのときにはもうトップにいたし、棚橋弘至にだって勝ってたし。もうちょっといろいろと早くしないと、あっという間に俺のプロレス人生も終わってしまいますよ」

出典元 新日本プロレス

辻陽太もヤングライオン辻陽太ではなく、新日本プロレスのレスラーとして見てもらいたいと発言。
オカダ・カズチカのIWGP世界ヘビー級王座の道は始まったばかり。

オカダ・カズチカ、ジェフ・コブと抗争か?

オカダ・カズチカが次に対戦を選んだのはジェフ・コブ。

ジェフ・コブがオカダ・カズチカをヤングボーイと呼んで挑発。

サマーストレージで抗争が始まりそうである。
オカダ・カズチカvsジェフ・コブが東京ドーム大会で決まった。
ジェフ・コブを倒して、G1クライマック31へ向かいたい所。

オカダ・カズチカの正念場となるG1クライマック31

SUMMER STRUGGLE 棚橋弘至とオカダ・カズチカの次なる戦いが始まる。

オカダ・カズチカ、ジェフ・コブに勝利

オカダ・カズチカのIWGP世界ヘビー級王座への道につながる、ジェフ・コブ戦。
GRAND SLAM in TOKYO DOMEは、オカダ・カズチカが返し技、エビ固めで勝利。

ジェフ・コブのツアー・オブ・ジ・アイランドを回避。
オカダ・カズチカ勝利となった試合。
だがジェフ・コブの強さが光った。

オカダ・カズチカのマネークリップ、レインメーカーはことごとく決まらず。
オカダ・カズチカの完全復活と言う試合ではなかった。

オカダ・カズチカ〇vsジェフ・コブ✖

オカダ・カズチカvsジェフ・コブ
画像出典元
NJPW

だがここで勝利する事は大きな意味を持つ。
試合後オカダ・カズチカは、レインメーカーの勝ち方ではないと言うなら、なんとでも言ってくれ。
勝つことに意味があると言う。

オカダ・カズチカが次に狙うは?KOPWか?

新日本プロレス ジェフ・コブ 今度はレインメーカーポーズvs オカダ・カズチカ

オカダ・カズチカメットライフドーム大会でジェフ・コブと対戦。

オカダ・カズチカとジェフ・コブの再戦が決まった。
東京ドーム大会とメットライフドーム大会で連続で戦うオカダ・カズチカ。

オカダ・カズチカの覚醒はあるのか?
UNITED EMPIRE ジェフ・コブ 再びオカダ・カズチカの前に登場 理不尽な要求

オカダ・カズチカはジェフ・コブに敗戦。
ジェフ・コブの怪物が覚醒した。

G1クライマックス31での巻き返しを誓うが。

オカダ・カズチカG1クライマックス31優勝

オカダ・カズチカが遂にレインメーカー復活を宣言。
オカダ・カズチカのレインメーカーポーズが帰ってきた。

新日本プロレス G1クライマックス31 Bブロック 勝者は?レインメーカーオカダ・カズチ復活

新日本プロレス G1クライマックス31 Bブロック 勝者は?レインメーカーオカダ・カズチ復活

G1クライマックス31初戦棚橋弘至と対戦。
遂にレインメーカー復活を宣言した。

鷹木信悟に敗戦した。NEW JAPAN CUP1回戦
再戦したIWGP世界ヘビー級選手権試合。

再び鷹木信悟に敗戦。
IWGP世界ヘビー級王座には届かなかった。

だがこの事が後に、大きな出来事に変わる。

G1クライマックス31で棚橋弘至に勝利すると、ジェフ・コブと全勝争いを展開した。
AブロックではG1クライマックス3連覇を目指す飯伏幸太が、着実に点数を伸ばして奇跡的にも

最終戦1位で通過した。

飯伏幸太 G1クライマックス3連覇へAブロック遂に首位浮上

オカダ・カズチカは、全勝で迎えたタマ・トンガ戦
まさかの敗戦で1敗となる。

最終戦のジェフ・コブは全勝でオカダ・カズチカ戦を迎える。
再びオカダ・カズチカは届かないのか?

だがオカダ・カズチカは壮絶な試合を制して見せた。
見どころは、雪崩式ツアー・オブ・ジ・アイランドをDDTで返して

レインメーカーまで持って行った。

オカダ・カズチカvsジェフ・コブ G1クライマックス勝者は?

ジェフ・コブとの壮絶な試合に勝利したオカダ・カズチカは、因縁の飯伏幸太と対戦。
IWGPヘビー級を封印。

初代IWGP世界ヘビー級王者となった。飯伏幸太
飯伏幸太がIWGP世界ヘビー級王座設立を対案したとき。

オカダ・カズチカはそこに意見できるポジションにいなかった。
飯伏幸太自身を自らの手で止める事が出来なかったオカダ・カズチカ。

IWGPヘビー級連続防衛記録を持つオカダ・カズチカ。

その飯伏幸太と対戦。結果はフェニックススプラッシュを誤爆した飯伏幸太は負傷レフリーストップと言う結末
オカダ・カズチカは7年振りにG1クライマックス王者となった。

G1クライマックス31優勝オカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW
G1クライマックス31優勝オカダ・カズチカ

優勝したオカダ・カズチカは、IWGP世界ヘビー級王者挑戦より

IWGPヘビー級王座復活を口にした。4代目IWGPヘビー級王座を自らに預けろと新日本プロレスに提案。

ここで鷹木信悟は不快感を示した。

生え抜きである。棚橋弘至、内藤哲也がIWGP世界ヘビー級王座に不快感を示した?当時をさかのぼり
今オカダ・カズチカがIWGP世界ヘビー級王座に苦言を示した。

今後IWGP世界ヘビー級王座とIWGPヘビー級王座の行方は?
再びIWGPヘビー級王座復活唱える可能性も。

時代を逆行するオカダ・カズチカの発言の行方は?

G1クライマックス31 優勝決定戦、オカダ・カズチカvs飯伏幸太勝ったのは?

オカダ・カズチカ、タンガ・ロア撃破東京ドーム大会へ

オカダ・カズチカが大阪エディオンアリーナでタマ・トンガと東京ドーム大会メインの切符をかけて
G1クライマックス覇者が保持する権利証かけて対戦。

G1クライマックス31で唯一敗戦したタマ・トンガ
試合は、タマ・トンガのスピードに翻弄されたオカダ・カズチカ

終盤レインメーカーを狙うとタマ・トンガは、またしてもブラディーサンデーをオカダ・カズチカに放つ
G1クライマックスの悪夢が再び?

オカダ・カズチカはキックアウトする
お互い決め技を狙うもオカダ・カズチカ、タマ・トンガ共に決まらない。
オカダ・カズチカがローリングラリアットを狙うもタマ・トンガは、DSDの体勢に入る。

オカダ・カズチカはジャーマンからレインメーカーを狙う

だがタマ・トンガの驚異的な粘りでDSDを狙う

これが決まればオカダ・カズチカの敗戦は濃厚
だがこれを返したオカダ・カズチカ。

タマ・トンガとオカダ・カズチカの攻防はオカダ・カズチカのツームストンが決まる
更にはレインメーカーでタマ・トンガからピンフォール勝ち。

レインメーカーオカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

遂にオカダ・カズチカが、東京ドーム大会のメインへ。
IWGP世界ヘビー級王座挑戦が決まった。

オカダ・カズチカが新日本プロレス頂点へ返り咲く準備が整った。

オカダ・カズチカプロレスリング・ノア対抗戦

鷹木信悟との決戦間近なオカダ・カズチカ

その耳に飛び込んできたのは、プロレスリング・ノアとの対抗戦。
オカダ・カズチカが語るプロレスリング・ノア。

全く興味がないと言うオカダ・カズチカ。

オリンピック選手が高校生を相手にしないでしょう?
そこまで言い切ったオカダ・カズチカの、毒舌が帰って来た。

凱旋帰国したオカダ・カズチカが、棚橋弘至に言ったお疲れ様でした。
そんな雰囲気を醸し出して来たオカダ・カズチカが、帰って来た。

鷹木信悟王座防衛に成功 オカダ・カズチカ登場東京ドーム大会決戦へ

オカダ・カズチカ前哨戦始まる

G1クライマックス31を制覇したオカダ・カズチカ
オカダ・カズチカのIWGPヘビー級のベルト奪還が始まった。

2022年1・4オカダ・カズチカは鷹木信悟のIWGP世界ヘビー級王座へ挑戦する。
オカダ・カズチカはあくまでもG1クライマックス31覇者にこだわる。
挑戦者は鷹木信悟と言い、4代目IWGPヘビー級王座を手にリングに上がる。


オカダ・カズチカが鷹木信悟に勝利をした時にこのベルトはどうなるのか?
注目のWRESTLE KINGDOM 16東京ドーム大会

鷹木信悟とオカダ・カズチカ調印式

新日本プロレスWRESTLE KINGDOM16
メインを務める、オカダ・カズチカと鷹木信悟が調印式を行った。

オカダ・カズチカは、新日本プロレス50周年を鷹木信悟では無理と突っぱねた。
さらには、1・4で鷹木信悟、1・5でウィル・オスプレイを撃破して
2022年オカダ・カズチカの年にするとIWGPの奪還を宣言

一方鷹木信悟は、2021年新日本プロレスを牽引して来た自負。
自信しかないと言う。
オカダ・カズチカを倒し。ウィル・オスプレイを倒し3本のベルト問題に終止符打つ。
これができるのは俺しかいないと言う。

WRESTLE KINGDOMで勝利するのは鷹木信悟か?オカダ・カズチカか?
オカダ・カズチカのIWGPヘビーの王座返り咲きとなるか?

ウィル・オスプレイは現在来日、1・5に備える。

オカダ・カズチカIWGP世界ヘビー級王座獲得

オカダ・カズチカが2022年1・4WRESTLE KINGDOM 16東京ドーム大会
王者鷹木信悟を撃破、IWGP世界ヘビー級王座獲得

オカダ・カズチカの挫折から新日本プロレスの頂点へ。
鷹木信悟の2連敗からIWGP世界ヘビー級の道は遠かった。

レインメーカー封印、マネー・クリップを決め技にしていたオカダ・カズチカ
レインメーカーを完全復活させたオカダ・カズチカ。

息詰まる攻防の中最後はレインメーカーを決めて鷹木信悟からピンフォール。
オカダ・カズチカの復調は、G1クライマックスで本来の姿を取り戻した。

鷹木信悟に連敗した試合では、あっさりと負けたそんあ印象であった。
今までのオカダ・カズチカは、もうダメだと思わせ。
そこから怒涛のごとく甦り、最後は勝利するそんな姿であった。
ジェフ・コブ戦でみせた本来のオカダ・カズチカの姿は、レインメーカー復活を期待させた。

そのオカダ・カズチカが鷹木信悟戦で、鷹木信悟に最後責められるも。
鷹木信悟が狙った。最後のコーナー最上段雪崩式のラスト・オブ・ザ・ドラゴンを、DDTで返して

最後はレインメーカーでピンフォール。
死闘を制したオカダ・カズチカ、戦い抜いた鷹木信悟

オカダ・カズチカ 鷹木信悟
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

レフェリーがオカダ・カズチカにIWGP世界ヘビー級王座を渡そうとするとオカダ・カズチカは拒否?
IWGP世界ヘビー級ではなくてIWGPヘビー級のベルトを腰に巻くのか?
そんなどよめきが。

だが違った。
オカダ・カズチカが行った儀式は、4代目IWGPヘビー級タッグのベルトとのお別れの儀式。
ベルトをマットに置いたオカダ・カズチカは、IWGPヘビー級のベルトに感謝の気持ちも込めた。

IWGPヘビー級王座とオカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

自らが最多防衛記録を保持するIWGPヘビー級王座への別れ。

V字回復した新日本プロレスの象徴。それはオカダ・カズチカ、棚橋弘至、内藤哲也も同じなのかもしれない。

IWGPヘビー級のベルトに感謝を込めたオカダ・カズチカはIWGP世界ヘビー級のベルトを腰に巻いた。

IWGP世界ヘビー級王座オカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW

再び新日本プロレスの頂点へ立ったオカダ・カズチカ
翌日ウィル・オスプレイを迎え撃つ。

WRESTLE KINGDOM 16の試合結果

WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム大会結果はどうなる?

オカダ・カズチカウィル・オスプレイ撃破

鷹木信悟を撃破したオカダ・カズチカ。
翌日ウィル・オスプレイと防衛戦を行った。

スタミナ十分のウィル・オスプレイ。
2日連続IWGP世界ヘビー級を戦うオカダ・カズチカ。

だがオカダ・カズチカは強かった。
ウィル・オスプレイからの波状攻撃を受けるオカダ・カズチカ

ウィル・オスプレイ
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

だが最後は、レインメーカーでウィル・オスプレイの野望を打ち砕いたオカダ・カズチカ。

オカダ・カズチカとプロレスリング・ノア対抗戦

新日本プロレスvsプロレスリング・ノア対抗戦
武藤敬司と遭遇したオカダ・カズチカ。

オカダ・カズチカは棚橋弘至とその圧倒的な存在感を表した。
清宮海斗を圧倒したオカダ・カズチカ。

あえて厳しい言葉を清宮海斗に投げかけた。

オカダ・カズチカと棚橋弘至の両雄がベルト姿で並び立つ
オカダ・カズチカが凱旋した時には考えられない光景

最強となったオカダ・カズチカ

オカダ・カズチカ&棚橋弘至
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

2022年迎え撃つは、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也・
新春黄金シリーズでの対戦が決定。

あわせて読みたい記事