プロレスリング・ノア丸藤正道VSWWEヒデオ・イタミ

プロレスリング・ノアで凌ぎを削った

丸藤正道とKENTA

若手時代に、ジュニア・ヘビータッグ王座になり最強と言わしめた両雄

天才と呼ばれる丸藤正道の軽快な動きと技

KENTAのハードファイトは、多くのファンを引き付けた。

 

三沢光晴、小橋建太、秋山準のいるプロレスリング・ノア

丸藤正道、KENTAのいるプロレスリング・ノアは最強であった。

 

トップを取るため、丸藤正道とKENTAはジュニア・ヘビーのタッグチームを結成

タッグの相性もよく、初代GHCジュニア・ヘビー級タッグ王座を獲得

相手は、獣神サンダーライガー&村浜武洋

 

王座獲得後は、絶対王者小橋建太

ジュニア・ヘビー級の絶対王者と言われた、丸藤正道とKENTAであった。

お互い切磋琢磨し、成長した丸藤正道とKENTA

シングルでも、GHCジュニア・ヘビー級をKENTA

古巣全日本プロレスの、世界ジュニア・ヘビー級を丸藤正道が保持した時

夢のWタイトルマッチを実現した両雄であった。

 

結果は壮絶なドロー試合で2人のレベルの高さを世間に知らしめた。

 

ジュニア・ヘビー級のままGHCヘビー級に挑戦した

丸藤正道

当時三沢光晴、小橋建太を凌ぐ勢いのある、秋山準を撃破した丸藤正道

ジュニア・ヘビー級のままGHCヘビー級チャンピオンに君臨した。

 

丸藤正道がチャンピオンになると

挑戦者に名乗りを上げたのが、KENTAであった。

 

2人の壮絶なライバル関係が浮き彫りになる試合であったが

丸藤正道が勝利した。

 

KENTAにとって丸藤正道は先輩であるがライバル

そして、道しるべ的存在でもあっただろう。

 

丸藤正道がジュニア・ヘビー級でありながら、ヘビー級戦士になんら見劣りする事無く

試合をこなす。

 

KENTAにとって唯一無二のライバルに変わっていく丸藤正道の姿であった。

Sponsored Link



プロレスリング・ノア激変

 

三沢光晴が試合中不慮の事故死を遂げる

トップを失ったプロレスリング・ノア

絶対王者小橋欠場

KENTAは、丸藤正道と袂を分け常に対角線にいて丸藤正道戦っていた。

 

秋山準が全日本プロレスに移籍、プロレスリング・ノアが衰退化していく中

丸藤正道VSKENTAはプロレスリング・ノアで最大の魅力的カードとなった。

WWE移籍

全日本プロレス入団

プロレスリング・ノアへ移籍

デビュー戦の相手は丸藤正道

ジュニア・ヘビー級絶対王者と言われたタッグチーム丸藤正道&KENTA

丸藤正道VSKENTA
画像出典元 プロレスリング・ノア

数多くのジュニア・ヘビー級タイトル

GHCヘビー級王座を獲得したKENTAだが

プロレスリング・ノアからWWEへ移籍となった。

 

プロレスリング・ノアでのラストマッチは、丸藤正道とタッグを組み

中島勝彦に勝利したKENTA

 

名前をヒデオ・イタミに変え、WWEに参戦丸藤正道と袂を分けた。

 

しかし、丸藤正道とKENTAのライバル関係は継続中で丸藤正道の20周年記念大会に参戦となったヒデオ・イタミ

Sponsored Link


WWEでスーパースターとなった。

ヒデオ・イタミの参戦は異例中の異例

WWEのスーパースターが他団体に上がることはない。

20周年大会「飛翔」(9月1日、東京・両国国技館)の全9カードを発表した。 メインで丸藤と対戦する盟友で現WWEのヒデオ・イタミ(37=KENTA)はVTRで「4年ぶりになります。久しぶりに皆さんに会えることを楽しみにしています」とコメント。丸藤は「名前は変わったけど俺のライバル。ここまできたら、世界中から見に来てほしいと思います」

方舟の天才丸藤正道VSWWEのスーパースターヒデオ・イタミ戦が実現する。

 

丸藤正道20周年大会試合結果丸藤正道VSヒデオ・イタミ

あわせて読みたい記事