ケニー・オメガ日本に登場

新日本プロレス元IWGPヘビー級チャンピオンケニー・オメガ

がDDTに登場した。

 

新日本プロレスを退団AEWへ移籍、副社長となったケニー・オメガ

AEWは、精力的に日本人レスラーを参戦させており

ケニー・オメガも古巣DDTへ参戦となった。

 

画像出典元
DDT
スポーツ報知

ケニーはセミファイナルでAEW女子王者の里歩(22)とタッグを組んで、アントーニオ本多(41)、山下美優(24)組と対戦。本多のトリッキーな攻撃、山下の蹴りに手を焼いたが、最後はVトリガーから必殺の片翼の天使を本多に決めて、完全無欠の3カウントを奪った(21分22秒、片エビ固め)。

日本の試合を満喫したケニー・オメガであったが

AEW初代王者クリス・ジェリコが新日本プロレスのレッスルキングダ参戦を果たす。

 




ケニー・オメガ新日本プロレス参戦は?

ケニー・オメガが新日本プロレスを去って

新日本プロレスも大きく流れが変わった。

オカダ・カズチカの絶対的強さは変わらず

 

ジェイ・ホワイトの台頭や、ゴールデン・ラヴァーズの飯伏幸太がG1クライマックスを制覇

IWGPヘビー級挑戦、そしてインターコンチネンタルとの2冠を目指す。

ケニー・オメガの新日本参戦はあるのか?

 

AEWからは、クリス・ジェリコのインターコンチネンタル選手権、IWGPヘビー級挑戦

ジョン・モクスリーのG1クライマックス参戦などで垣根がないように見える

 

ファンとしてはケニー・オメガの新日本プロレス参戦もあるのか?

そう思えてしまう。

クリス・ジェリコやジョン・モクスリーなどを見ていると

 

ケニー・オメガの新日本プロレス参戦も考えられる。

ケニー・オメガはAEWとの4年契約

新日本プロレス参戦には制限はないが、副社長となったケニー・オメガ

 

初代王者をクリス・ジェリコに奪われた事

AEWを成功に導く必要性はあるだろう。

 

新日本プロレスは、WWEのエンターテインメントではなく、スポーツライクな団体

G1クライマックスなどの参戦の可能性はあるが

新日本プロレス独特の流れに入り込むのは容易ではないであろう。

 

ケニー・オメガとオカダ・カズチカや飯伏幸太との戦いがふたたび見れる可能性はある。



あわせて読みたい記事