女王様シャーロット・フレアーがNXT女子王座獲得

ロイヤルランブル女子RR戦で優勝した、シャーロット・フレアーが異例の第三ブランドNXT女子王に挑戦した。

NXT女子王座を9か月防衛した後

RAWへ昇格、SD女子王座、RAW女子王座を獲得したシャーロット・フレアーがNXTへの挑戦など異例である。

チヤンピオンのリア・リプリーの挑発を受けて決まったこのカードであるが

身長178センチのフレアー。171センチのリア。ゴージャスでマッチョな美女同士の激突は、豪州出身で来日経験も豊富なリアが先制した。長い脚を使っての蹴り、ボディーシザースで先制する。しかしエプロンで相手の蹴りを見切った女王様は、リアの左ハイキックを捕獲すると、ロープを使ってレッグブレーカー一撃。動き女王様はレッグロックで再度左ヒザ裏へ蹴りを放つと、必殺のフィギュアエイトへ。美しく鮮やかなブリッジが決まると、NXT女子王者はたまらずタップ。女王様が新たな勲章を手中にした。現在SD所属の女王様は、NXT女子のベルトを通行手形にして新たな戦場を求めるのか、注目となってきた。

難敵リア・リプリーから、NXT女子王座を奪ったシャーロット・フレアー

SD、RAW、NXTの垣根はなくなってしまったのか?

 

NXT女子王座を虎視眈々と狙う紫雷イオとの対決は実現するのか?

今後シャーロット・フレアーがNXT女子のベルトを使ってどのような事をするのか?

 

全てに注目が集まるシャーロット・フレアー







 

WWE紫雷イオいよいよ頂点へ、シャーロット・フレアーとリア・リプリーと三つ巴戦

WWE紫雷イオいよいよ頂点へ、シャーロット・フレアーとリア・リプリーと三つ巴戦

あわせて読みたい記事