日本人女子プロレスラーが世界のWWEを変える

WWEでの日本女子プロレスラーの目覚ましい活躍。
WWE・アスカがNXTからWWE・RAW~WWE・SDへ移動。

カイリ・セインがNXT女子王座を獲得したのは記憶に新しい。
WWE第三ブランドNXTは、新人選手の登竜門的な扱いであるが第三ブランドとして確立してきた。
日本からアスカが参戦、NXTでの実績は、NXT女子王者となり。NXTを無敗で卒業してRAWへ昇格した。

WWEでのアスカやカイリ・セインの活躍で、日本女子プロレスラーに俄然注目が集まる。
今後日本人女子プロレスラーが、WWEへの移籍が多くなる事が予想される・

日本女子プロレスラー紫雷イオは、女子プロレス団体スターダムからWWE・NXTへ
WWEのメイヤングクラッシックトーナメントに参戦、アスカやカイリ・セインに続き活躍が期待されている。

WWE・紫雷イオNXT女子王座防衛戦、トニー・ストームと対戦最も難しい戦い。

日本女子プロレスラーのレベル

日本女子プロレスラーは、アイドル的存在として人気を得ていく
マッハ文朱からビューティーペアへ
クラッシュギャルズの長与千種がそのレベルを上げたといっても過言ではない。




長与千種は壮絶な戦いの中で女子プロレスの戦いの厳しさを見せていった。真剣勝負を繰り広げ多くの女子プロレスに影響を与えた。
現在は、女子プロレスラーのカリスマとして引退したが再び現役復帰。

長与千種と同じ世代で戦った、ブル・中野が1994年WWF現在のWWE女子王座を獲得
JBエンジェルスの山崎五紀立野紀代がWWF世界女子タッグを獲得。
当時のアメリカの女子プロレスラーは、ディーバー的な要素を含み。
ブル・中野が戴冠したWWF女子のベルトと、WWF・SD女子王者やWWE・RAW女子王者のベルトとは、別のものになる。
WWFでの女子プロレスラーがスーパースターと認められたのは、2016年頃と言われる。
とは言え、ブル・中野がアメリカのベルトを戴冠したのは事実で当時は快挙であった。

WWEでは90年代後半から女子が“ディーバ”として脚光を浴びるようになるが、“ディーバ”は女子レスラーだけでなく、マネージャーなども含めたWWE女性タレントの総称であり、やはり男子の”スーパースター”とは違い、リングに華を添える意味合いが強かった。しかし、その認識も変わりつつある。RAWの冒頭でステファニー・コミッショナーは、10.28「エボリューション」を発表する際、「彼女達はWWEのメインイベントを務めるようになり、ディーバからスーパースターとなり数々のバリアを壊してきた。そしてまた新たな歴史を作ることになる」と語っている。もう女性であることに重きを置いた“ディーバ”ではなく、男子と同じ“スーパースター”であると、WWE上層部が公式にあらためて発表したのだ。

日本女子プロレス低迷期

その後も続々と日本人女子プロレスラーのレベルは上がっていき
全日本女子プロレス崩壊後も多くの団体が出来て行く。
プロレス冬の時代、暗黒時代とも言われる2000年、女子プロレスも同じく窮地に陥る。
GAEA JAPANで女子プロレスを牽引してきた長与千種が引退。
女子プロレスは混迷する。

2000年代に女子プロレスラーとなったWWE・アスカ
女子プロレス団体に所属、華名でプロレスラーデビューするも、団体が崩壊。一時期はプロレスの世界から撤退する。
フリーで現役復帰、独自のプロデュースで男子レスラーとも戦う、異質な女子プロレスラーであった華名。




オカダ・カズチカが新日本プロレスに凱旋帰国、新日本プロレスがV字回復してきた。
次第に盛り上がりを見せるプロレス
2015年華名は、プロレスの仕事を一時休止、後に発表されたのは、WWEとの契約であった。
アスカと名前を変えて、WWE・NXTへ参戦快進撃を見せた。
日本人女子プロレス低迷期から一発逆転してみせたWWE・アスカ

アスカの活躍がWWE女子を変えた。

WWEへ参加した日本女子の活躍でWWE女子は飛躍的レベルが上がったと言われる。
特にアスカのNXT女子での目覚ましい活躍。
アスカのNXT女子での、無敗ロード激しいレスリング、パフォーマンスも一流の評価を受ける。
WWEでのアスカの称号は、女帝と呼ばれ、女帝アスカとなった。




wwe アスカ 最新情報は?本当に退団してしまうのか?

WWEアスカ 最新情報で、日本人女子プロレスの立役者のアスカの動向が気になる。
情報を発信しなくなったアスカにWWE退団の噂も上がった。

退団の噂は嘘で現在もWWEで活躍中。

カイリ・セイン退団

あわせて読みたい記事