IWGPヘビー級選手権防衛回数0回

防衛回数0回が続くIWGPヘビー級選手権

2018年にはオカダ・カズチカが棚橋弘至の記録

連続防衛記録を破り12回を記録した。

 

オカダ・カズチカが凱旋依頼、棚橋弘至、AJスタイルズとIWGPヘビー級のベルトを巡り攻防を続けケニー・オメガ、内藤哲也、ジェイ・ホワイトがベルトを取ったがまたオカダ・カズチカがの元にベルトは戻った。

 

棚橋弘至はケニー・オメガを破り久しぶりにIWGPヘビー級王者になったと思いきや

防衛回数0回でジェイ・ホワイトに奪われ

 

ジェイ・ホワイトも防衛回数0回でオカダ・カズチカに奪われる。

オカダ・カズチカが防衛の相手にSANADAを指名

 

SANADAとの前哨戦が毎日のように行われている

オカダ・カズチカとSANADA
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

いま新日本プロレスは棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカ、AJスタイルズ4強時代から大きく

変換しようとしているのかもしれない。

 

オカダ・カズチカがSANADAに敗戦となると

IWGPヘビー級が創設された翌年ベイダー、ハシミコフ、長州力以来の3連続防衛回数0回が記録された以来3連続防衛回数0回を記録される。

 

実力がきっこうしてきた今、誰がIWGPヘビー級王者になってもおかしくないと言う事になる。

 

オカダ・カズチカはまた強くなって戻ってきたが

SANADAとEVILもオカダ・カズチカと同世代となりオカダ・カズチカ世代の台頭が目に付く

今回のオカダ・カズチカVS SANADAでオカダ・カズチカが防衛回数0回となれば

 

新日本プロレスの図式は大きく変わる

棚橋弘至と中邑真輔時代からオカダ・カズチカ世代の時代が明確に表される事になる。

 

オカダ・カズチカの上の世代、内藤哲也、飯伏幸太

オカダ・カズチカの下の世代ジェイ・ホワイトのベルト争奪戦が始まる事になる。

スポンサーリンク




新日本プロレス抗争勃発

飯伏幸太が内藤哲也とインターコンチネンタルをかけて戦う

飯伏幸太VS内藤哲也異例の3戦目

 

EVILが石井智弘と抗争勃発

 

ジェイ・ホワイトが後藤洋央紀と抗争

ジェイ・ホワイトは後藤洋央紀をIWGPヘビー級に届かない男とこき下ろす

後藤洋央紀もジェイ・ホワイトを破り再びIWGPヘビー級戦線に繰り出すのか?

 

それぞれが、自己主張をはじめ頂点を目指す新日本プロレス

棚橋弘至欠場の新日本プロレス世代交代の波が着々と侵攻してる。

スポンサーリンク



あわせて読みたい記事