G1クライマックス29開催決定

G1クライマックス29開催決定。
G1クライマックスが2019年7月6日ダラスで開幕する。

注目はオカダ・カズチカVS棚橋弘至。

G1クライマックス29開幕戦
画像出典元
NJPW
G1クライマックス29Aブロック

オカダ・カズチカ優勢は間違いない。昨年棚橋弘至は優勝候補ではなかった。

見事終盤のオカダ・カズチカ戦を引き分けで乗り越えた棚橋弘至。
決勝で飯伏幸太を破って優勝。

オカダ・カズチカはIWGPヘビー級王座をケニー・オメガに奪われた。
挑んだG1クライマックス28であったが、初戦ジェイ・ホワイト2戦目のバットラック・ファレに連敗。
スタートダッシュに失敗したオカダ・カズチカ。優勝まで届かなかった。

この経過を見るとオカダ・カズチカも初戦から全力で棚橋弘至から勝利を奪いに行く。
ダラスでの棚橋弘至戦をオカダ・カズチカはこう語る。

一方で互いに手の内を知り尽くす棚橋とは常に長期戦になる。G1公式戦では過去に3度対戦し、いずれも30分で決着がつかずドローに終わった。「いつもと違うのは、最終戦での対戦ではないということ。一発目なのでお互い100%で始まってくる中で(自分の)体力をいかに減らさずに戦えるかが重要だと思います」と短期決着も視野に入れ、今度こそ白黒つけるつもりだ。

IWGPヘビー級、NEW JAPAN G1クライマックの3冠を狙うオカダ・カズチカ

オカダ・カズチカのモチベーションはこうである
NEW JAPAN CUP 2019を優勝、IWGPヘビー級王者を獲得。
G1クライマックス29を制覇。
オカダ・カズチカは新日本プロレス3冠となる。そうなれば前人未到の達成。

エース棚橋弘至もオカダ・カズチカに勝利すると
昨年の棚橋弘至復活劇再来となる計算。自ら劣化が止まらないと自虐の棚橋弘至。

黄金カードオカダ・カズチカVS棚橋弘至

アメリカダラスで新日本プロレス黄金カードオカダ・カズチカVS棚橋弘至。
この試合で劣化した棚橋弘至の試合を見せるわけにはいかない。

昨年4年振りにオカダ・カズチカに勝利した棚橋弘至。
自らを大穴と呼ぶ棚橋弘至。
封印したハイフライ・フローを出すしかない。
棚橋弘至は、膝の負傷でハイフライ・フローを封印する迷っている。
だが、この黄金カードに勝つにはハイフライ・フローしかない。

オカダ・カズチカと棚橋弘至注目カードの勝者は?
G1クライマックス29開幕はダラスでオカダ・カズチカVS棚橋弘至 飯伏幸太VSKENTAの好カード

注目カード飯伏幸太 VS KENTA戦

飯伏幸太VSKENTA
画像出典
NJPW
飯伏幸太VSKENTA

ヒデオイタミからKENTAに戻り新日本プロレスに参戦。
もう一度世界へアピールする為に新日本プロレスを選んだKENTA。
G1クライマックス29初戦はどうしても勝利で飾りたいKENTA。
だがいきなり昨年準優勝の飯伏幸太との対戦となった。

飯伏幸太を撃破できたら、一気に新日本プロレスファンから認められる事になる。
飯伏幸太もインターコンチネンタル王座を内藤哲也に奪われた。
といえ優勝候補筆頭の選手。
飯伏幸太は、IWGPヘビー級も腰に巻き新日本プロレスの頂点を視野に入れている。

飯伏幸太がジェイ・ホワイトを倒しG1クライマックス29制覇

EVILはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを脱退するのか?

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンEVILはユニットの結束
グータッチを拒否する場面。
オカダ・カズチカを倒しIWGPヘビー級にも挑戦したEVIL。

オカダ・カズチカと同世代のEVIL。
オカダ・カズチカはライバルをEVILのタッグパートナーSANADAと言う。

「ライバル」と明言したSANADA(31)を挙げた。これまでの対戦成績はオカダの6戦全勝だが「ライバルストーリーが始まったと思っているので。向こうはそんなに負けてばかりいられないと思うでしょうし、僕は一回も負けたくないと思いますし」と同年代の実力者に対する評価は高い。

G1クライマックス29
画像出典元
NJPW
EVIL vs バットラック・ファレ

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンパレハの証グータッチを拒否するEVIL。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
画像出典元
NJPW

SANADAと同じリーグで対戦も決まっているEVILその布石か?
ワールドタッグリーグ連覇したEVIL&SANADAが直接対決。
タッグパートナだがお互いに負けれない試合。

内容次第では、EVILはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン脱退まで行くのか?
EVILの動向は注目である。
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン崩壊はEVILから?

棚橋弘至 VS KENTA戦は7.14

棚橋弘至VS KENTA
画像出典
NJPW
棚橋弘至VS KENTA

全く予想が出来ない棚橋弘至 VS KENTA戦
ここまでの星取でモチベーションも変わっているだろう。
過去の棚橋弘至VS丸藤正道と比較されそうな試合でもある。
丸藤正道20周年記念大会KENTA「ヒデオ・イタミ」との5年ぶりの再戦

注目の対戦石井智弘VSジェイ・ホワイト

石井智弘VSジェイ・ホワイト
画像出典元
NJPW

いつもなにかをやってくれる石井智弘。
2017年G1クライマック優勝した内藤哲也を撃破。
2018年IWGPヘビー級王者ケニー・オメガを撃破。
G1クライマック閉幕後一波乱を必ずおこす石井智弘。

今回はジェイ・ホワイトをどう石井智弘が料理してくれるのか楽しみな戦い。

そのまま元IWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイトの軍門に下るのか?
ケニー・オメガを沈めた垂直落下のブレーンバスターがさく裂するのか?
注目のG1クライマックス29。
キング・スイッチ、ジェイ・ホワイト登場、ブレードランナーで石井智弘KO

あわせて読みたい記事